三菱一号館美術館


またしても東京の美術館のご紹介です(筆者、東京在住なものですみません)。
今回ご紹介する美術館は東京駅から徒歩5分の丸の内に2010年春に開館した比較的新しい美術館です。
折角ですから同じように新しくなった東京駅もご紹介しましょう。丸の内南改札口を出て上を見上げると
ドーム天井を見る事が出来ます。右の写真で中央の丸くなったところがドームです。

三菱一号館美術館」はここから歩いて約5分。雨の日は地下道を歩いて行くことも可能です。
この美術館は、1894年にジョサイア・コンドルによって設計された「三菱一号館」を復元した赤煉瓦の
素敵な建物です。ロートレック、ルドン、ヴァロットンの作品等が収蔵されています。
今回開催されていたのは、「PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服」です。

溜息が出るようなドレスが並んでいました。そして、この展覧会でも写真撮影可能な場所がありました。

イラストレーターのジャン・パジェスが描いた挿絵も素敵でした。


美術館の2階と3階の廊下からは庭を見渡すことが出来ます。
椅子が置いてあるので、ここに座ってボーっとしているのも筆者のお気に入りです。


このお庭は今が一番いい季節です。

緑がとてもきれいで、色とりどりの薔薇が咲き乱れています。

更に、この美術館では活動を支援し、芸術文化を盛り上げていくことを目的とする「サポーター制度」が
あります。年会費1万円で期間内は本人と同伴者(1名)が無料で何回でも入場することが可能な制度です。
サポーター限定貸切観賞会や提携施設の割引などもあり美術館好きにはとっても嬉しい制度です。
サポーターになるとサポーターカードが発行されます。ちょっと素敵でしょ。


三菱一号館美術館の次回の展覧会は7月2日から「ジュリア・マーガレット キャメロン展」写真の展覧会
です。東京にいらしたら是非1度お立ち寄り下さい。お庭を見るだけでも楽しいですよ。