Art Summit on the 御山 2nd


「Art Summit on the 御山 2nd」に参加されている水嶋さんの作品画像が届きました。

タイトルは「インド風のトルソ」です。
( トルソとはイタリア語で「胴体」。頭部や手足を欠いた彫刻のことを言います。)


水嶋さんのコメントです。

インド風といっても具体的などの時代のどの彫刻を指すといったものではなく展覧会や画集などで
目にしたヒンドゥー教の文化が花開いた頃のといった認識しかないのですが・・・・・
私の中で頭にこびりついて離れない形態感覚なのです。日本では平安時代前期弘仁貞観仏といわれる
一群の仏像との形態感覚の通底が想われます

それら西洋の彫刻の理にはない面とボリュームの扱いを前にするといつも自分の立ち位置を詰問されて
いるような不思議な興奮を覚えます

実際に現地に設置された様子です。台を飛び降りて踊り出しそうな気がします。
夜中に行ったら松林の中を踊っていそうな気がするって言ったら作者に怒られちゃうかしら?

 

水嶋さん以外の方の作品は、全部ではありませんがこちらでご覧になれます。
「茶房たがわ」のブログ
(UPさんありがとうございます)

 

以下は前回の記事です。

5月28日(土)~6月19日(日) 香川県東かがわ市の白鳥神社の松原にある日本一低い山御山で
Art Summit on the 御山 2nd」が開催されます。
そしてお馴染み水嶋康亘さんが参加されます。
水嶋さんは今年、京都から始まって大阪⇒香川と続けての出展です。
7月には姫路も待っているようで、精力的に参加されています。
そしてここ御山での展示は野外です。水嶋さんの作品はお寺や神社などの屋外で観ると作品の良さが
倍増する様な気がします。

瀬戸内海の心地よい風が吹く静かな境内での鑑賞は、他の場所では決して体験する事の出来ない何かを
あなたに与えてくれると思いますよ。是非、足をお運び下さい。