スケッチブック展 in ビクトリア


【第3回 スケッチブック展】

第3回は魔女メグさんひとりでダウンタウンです。現地時間6月25日(土)、魔女メグさんNEWS!でも
お伝えしたサタデーマーケットの会場近くの歩道です。


ご夫妻が声をかけて下さり、スケッチブック展の説明、チラシが活躍、助かってます(^O^)
webもみてくれるって。ありがたいですね。英語版チラシ作成して良かったです。


日本でも、カナダでも観て下さる方達の反応は同じですね。「スケッチブック展」世界中で出来そうです。

 

【第2回 スケッチブック展】

第2回は現地時間6月16日(木) ビクトリアではなくソルトスプリング島です。
今回のスケッチブック展では英語仕様のチラシを作成しました。色々な方に助けていただきましたが、
最後は安城のマルコさん監修です。裏表2つ折りの印刷。これがとても役にたちました。
見て下さった方に差し上げると皆さん喜んで読んで下さいます。帰国後、カナダからのアクセスも若干で
すがあるんです。英語表記が無くてごめんなさいなんですが...

ソルトスプリング島のこんな場所にスケッチブックを広げました。


準備する魔女メグさん。

セッティング完了。


目の前はこんな感じ。青空がすご~く綺麗でした。


こんな素敵な場所でスケッチブックを展示しながらスケッチしました。
カナダ人のおじ様が見て下さっています。
魔女メグさんダウンを着ていますが、そんなに寒くなかったです。おじ様も上着脱いでますから。


この女性はfukoさんのイギリス領事館の絵を観て足を止めてくれました。イギリス人です。
今は、カリフォルニアにお住まいだとか。一通り観ていただいたあと、魔女メグさんは全身英会話で
モデルさんになってほしいと交渉です。マッサージに行くから10分だけと言って応じてくれました。

ルイーズさんだと思うんですが、私たちの発音ではノーと言われてしまいます。難しいですね。

そして、最後はこの笑顔です。第2回のスケッチブック展も楽しいスケッチブック展になりました。

 

 

【第1回 スケッチブック展】

現地時間6月15日(水) 第1回のスケッチブック展を開催しました。
場所は観光客がいっぱい来るインナーハーバーの階段です。
ここで展示や販売をするには50ドル(休日はもっと高いらしいです)の登録料を払わなければなりません。
申請を1週間前までにしなければならないというのが分かり、間に合わないけど、販売しないんだから
いいんじゃない?と勝手に決めて取り敢えず遠慮がちに作品を並べました。


お巡りさんがやってきます。だめだと言っているようですが、「販売してない」と言うとふ~んという
顔をしていなくなりました。最初のお客様は京都から来た日本のお客様です。熱心に観て下さいました。

魔女メグさんはただ座っているだけではなく、モデルを見つけてはスケッチしています。


このお2人はビクトリア在住。英語で作ったチラシも役に立ちました。

この後、若い5人組が見て下さったんですが、お巡りさんが再び現れて、片付けろといいます。
仕方なく撤収しましたが、なんとかスケッチブック展を開催することが出来ました。
筆者滞在中にもう1か所でスケッチブック展を開催しました。後日ご紹介致しますね。

そして嬉しいお知らせがひとつ。
魔女メグさんNEWS!でもお伝えしたカービングおじさんことダニエルさんが「スケッチブック展 in
東京 FIND」の為に流木で作品を作って下さいました。東京展で展示します。お楽しみに。

 

 

 

以下は、ビクトリアのご紹介です。

ビクトリアはバンクーバーと同じ西海岸のブリティッシュコロンビア州の中にある都市です。


バンクーバー島という島の端っこにあります。アメリカのシアトルも目と鼻の先。ここに魔女メグさんは
滞在する予定です。


この島でのスケッチブック展、場所を確保している訳ではありません。現地に行ってから場所を借りるかも
しれないし、行き当たりばったりスケッチする場所でミニスケッチブック展を開催する可能性もあります。
現地の状況も分からないので取り敢えず行ってみる。そして魔法でスケッチブック展の場所を確保する
というのが一番近いかしら。カナダは何処に行っても絵になりそうな景色が広がっています。
近くにはブッチャート・ガーデンという素敵な公園もあるし、


周りは海なので、こんな可愛い灯台も...


そして、カナダを代表する画家エミリー・カーの生家もあります。


魔女メグさんのブログでどんなレポートor画像がUPされるか今からとっても楽しみです。
さすがにお出掛け下さいとは言えませんが、このHPでもなるべく多くの情報をお届けできたらと思って
おります。6月にご期待下さい。

※ 画像は全てブリティッシュ・コロンビア州観光局のホームページからお借りしています。