スケッチブック展 in KawasakiⅫ


【スケッチブック展 楽描きの会 会員さんの作品】

さあ、「スケッチブック展 in KawasakiⅫ」の記事も最終回です。今回出展された会員さんの作品を
ご覧下さい。

まずはdatian(田尾大知助)さんの作品からです。
安城展に続いて彩色した人物スケッチを出展されています。色を付けたスケッチと付けないスケッチあなた
はどちらがお好みですか?色を付けた方が生きているように感じるのは私だけかしら?

続いてはベベポポさん。安城展が終わってから時間があまりなかったので描く時間が無かったのでは?
それでも素敵な絵を送って下さいました。

蛇腹スケッチがとっても素敵だったので、パネルの上段に広げて展示させていただきました。


松本さんは搬入の時点で作品が間に合いませんでした。残念ながら新作のご紹介が出来ません。
唯一の新作は今週の1枚でもご紹介したこの絵です。5月15日の人物デッサン会で描いたそうです。


下記は、過去の作品です。以前にご紹介したことがあったかも...ダブっていたらごめんなさい。


今回の魔女メグさんの作品には昨年の暮れから今年にかけて力を入れていらした本の挿絵がありました。
神戸のINAKA倶楽部を主催する梶本氏が書いた本です。時代背景を考えながら描いた挿絵は見ごたえが
ありました。表紙も素敵でしょ。

そして、色使いが美しい水彩画と今の魔女メグさんの頭を占領している英会話教室でのスケッチです。

最後は主催者ごろぉさんの作品です。主催者ですから他の方よりちょっと多めにご紹介しますね。
ゴールデンウィークの旅の作品。ごろぉさんの新作です。

 

そして、最近よく描いていらっしゃるNUです。


全て新作です。いつもながらごろぉさんのバイタリティには頭が下がります。

以上、「スケッチブック展 in KawasakiⅫ」での皆さんの作品をご紹介しました。
今回手に取ってみる事が出来なかった方、次回は是非会場まで足を運んで手に取って観て下さいね。

 

【ブロガーさんの作品ご紹介】

さて、今夜は川崎展に参加して下さったブロガーさんの作品をご紹介します。

まずは川崎展初参加、芦屋のfukoさんです。
神戸のオープンアトリエでは苗字の頭文字をとってIさんでお馴染みです。オープンアトリエ参加者を
描いた絵を発見!わたなべ・えいいちさんとえいいちさんの線スケッチ教室に通うKさんです。

ブログでは日々素敵な水彩画を更新されています。

1月の川崎展に久し振りに参加と思ったら続けて、安城展にも参加して下さったあいざわあいさんです。
ぎっしりと書き込まれたノート。何が書いてあるか気になるでしょ?左の画像をクリックすると大きな
画像がご覧いただけます。

最近は絵の勉強にお忙しそうです。

川崎の若いお母様方に根強い人気はあけけみさんです。あけけみさんの描くお嬢さん達はとっても自然
です。このお嬢さん達、今年は中学生になったそうですよ。

最後にご紹介するのは薫子さんです。今回は足だけを描いたスケッチブックがありました。薫子さんの
描く絵は、ほっこりとしたものを感じますね。ホッとする何かがあります。

以上、4名の方が参加して下さいました。ありがとうございました。今回ご紹介した4名のブロガーさんは
7月の東京展にも参加して下さるそうです。嬉しいですね。新作が楽しみです。

次回、最終回は「スケッチブック展 楽描きの会」会員さんの作品をご紹介しますね。

【 川崎の皆さんの作品ご紹介 】

今回のスケッチブック展、川崎在住の方が7名も参加して下さいました。
皆さん、過去の川崎でのスケッチブック展を観て参加して下さった方々です。
ごろぉさんの力でスケッチブック展の輪が広がっています。とっても嬉しいですね。

今夜はそんな川崎の方々の作品をご紹介します。まずは、初参加の方から。福間さんです。
ブルーで描かれたうつむいた女性の絵に惹かれました。

こちらも初参加、吉田さんです。吉田さんは川崎でのスケッチ会にも参加して下さっています。
絵に添えられたコメントもいいでしょう。蛇腹スケッチブックまで作って下さいました。

もうひとかた初参加のヒゲフジさん。絵も描いていらっしゃいますが、最近は切り絵で川崎の風景264点を
制作され、3月には個展も開催されました。ご紹介するのは風景ではありませんが、黄色と黒がとっても
斬新な筆者お気に入りの1枚と「毎日お絵描き人生バラ色」という言葉を発見して嬉しくなって撮った
はがきサイズの切り絵です。

続いてご紹介するのは川崎ではお馴染みになっている方々。

さとーよーこさんは山の絵でお馴染みですが、今回は川崎市多摩区の生田緑地での1枚と今年の春に描かれ
た富士山です。いつも優しい色合いが観ている人の気持ちを優しくしてくれます。

早描きの関さんの絵は明るくて楽しいですね。右の絵は今年のゴールデンウィークに描かれた絵です。
海外に行かれたのかな?素敵ですね。

そして、安城展にもサプライズ訪問して下さった風雨子さんです。今回の一番はやはり43年振りの故郷の
海でしょう。それから愛情いっぱいに育った大根君は筆者のお気に入り。

あと1名、川良千鶴さんが参加して下さったのですが、搬入時にはまだ作品が到着していませんでした。
残念ながら撮影出来なかったのですが、ごろぉさんのブログで紹介されていたのでお借りしました。
何とも言えずいいですよねぇ。癒されます。

以上、7名の方が川崎在住の方々です。8月の川崎展も参加して下さるといいなぁと思います。

 

 

【5月29日】

「スケッチブック展 in KawasakiⅫ」終了しました。
今回は最終日に取材に行けませんでしたが、お天気も良く多くの方に来たいただき盛り上がったようです。

今夜はスケッチブック展を応援して下さり、このところ何回か続けて参加して下さっている「ふくさん」の
作品をご紹介します。F20号の油絵です。

この油絵を出展して下さったふくさんと花の妖精を掘って下さった金太郎さんは、ごろぉさんの学生時代
からのお友達だそうです。こうやって応援して下さるって嬉しいですね。ごろぉさんは幸せ者です。
このお2人の応援もあってKawasakiⅫも無事終了しました。ごろぉさんお疲れ様でした。
会場まで足を運んで下さった皆様、ご参加下さった皆様、会場を提供して下さった東高根森林公園の
スタッフの皆様、ありがとうございました。「スケッチブック展 楽描きの会」会員及びスタッフ一同、
並びにスケッチブック展 ファンクラブより心から御礼申し上げます。次回はいよいよ海外に進出です。
そして日本にいらっしゃる皆様、東京でお会いしましょう。

KawasakiⅫにご参加下さった皆様の作品紹介は後日させていただきます。お楽しみに...

以下は、前回までの記事です。

「スケッチブック展 in Kawasaki Ⅻ」始まってます!
今回の金太郎さんの作品はこちら。「花の妖精」です。真ん中の妖精は頭の上に花を乗せ、両端の妖精達は
花とハートを運んでいます。金太郎さんの作品にはいつも愛がありますね。

あなたの元にも愛を運んで行きますよ~。


花の妖精達に守られたスケッチブック達を観に是非、森林公園までお出掛け下さい。

 

以下は、前々回の記事です。

「スケッチブック展 in KawasakiⅫ」いよいよ明日からです。今日は午後から搬入でした。
慣れた作業とはいえやはり時間がかかります。
しかもごろぉさんは同時開催のKawasakiXIIIの準備もあってかなりお疲れのご様子でした。
準備中の関さん、風雨子さん、ヒゲフジさん、そしてごろぉさんです。

今回も沢山のスケッチブックが並んでいます。見応えありますよ。

準備完了しました!入り口ではお馴染みとなった金太郎さんの彫刻が迎えてくれます。
東高根森林公園ではあなたのお越しをお待ちしています。是非お出掛け下さいませ。

 


以下は開始前のご紹介記事です。

来週から「スケッチブック展 in KawasakiⅫ」が開催されます。
今回の見どころは一般公募で応募された皆さんの作品となんと言ってもごろぉさんの新作でしょう。
この日の為に(と言うまでもなく、ごろぉさんは日々描き続けていますが)ごろぉさんが描いた旅の絵ではないで
しょうか。
このゴールデンウィーク中にごろぉさんは四泊五日の湯治行と称して旅をされたそうです。
ごろぉさんの言葉を借りると 観光客の方々でいっぱいの金沢から ひと気の無い大野港 醤油屋さん
越前抜けて 中津川木曽の山々 トドメは松本、塩尻、甲府に高尾 と旅されたようです。
ごろぉさんのブログにも日々更新されていますが、とてもいい絵が描かれています。
先週1週間HPのトップページを飾っていた今週の1枚もその中の1つです。
作品の全体像を見てみたくなりますよね。スケッチブック展にいらっしゃればきっと観る事が出来ますよ。


スケッチブック展 in KawasakiⅫ は5月23日(月)からです。
もちろん他の会員さん達の作品も待ってますよ~。お出掛け下さいね。