大阪御堂筋アート


今回、水嶋さんの作品は銀泉備御町ビルに展示されています。


天井が高くて広々とした空間です。とてもいい場所に展示されていました。
水嶋さんの作品「マリリン」です。
一番狙いたかった角度からの写真が逆光になってしまいました。ごめんなさい。


作品「マリリン」に添えられていた水嶋さんの制作意図です。

マリリンとはキリスト教の聖女であるマグラダのマリアからきた愛称です。
キリスト教において聖母マリアが超越的で理想的な女性として表現されるのに対しマグラダのマリアは
それを補うかのように女性の様々な人間的な有様を以って表現されています。
もともとはイタリアルネサンスの巨匠ドナテッロに対する私の敬愛があり、代表作「マグダラのマリア」
にあやかりたいという願いがあってのことです。
この作品ではドナテッロの語法に依って若々しい女性の官能性と生命力の核のような造形表現を目指し
ました。

別の角度からの写真です。


とても素敵な作品でした。
個人的な感想ですが、今回の御堂筋アートでは一番いい会場で、その会場の雰囲気によく合った水嶋さんの
作品は際立っていたように思います。
大阪御堂筋アートは6月15日まで開催中です。是非、お出掛け下さいませ。
尚、今年も魔女メグさんが御堂筋を歩きました。その様子は、他の皆さんの作品とともに追ってご紹介
致しますね。お楽しみに...

以下は前回の記事です。

5月15日(日)~6月15日(水) 大阪御堂筋に今年もアートの祭典がやってきました。
1ヶ月の間、御堂筋沿いのビル入り口やロビー、神社やお寺の境内に72名の現代アートの作品が並びます。
そして今年も水嶋康宣さんが参加しています。

 


水嶋さんの作品は銀泉備後町ビル会場に展示されます。
昨年は「御堂筋そぞろ歩きアート展」として開催されました。そして「魔女 御堂筋を歩く」「2」「3
として、全作品をご紹介させていただきました。今年はどんな作品に会えるでしょうか。
開催期間が長いので関西方面にお出掛けになられたら是非、お立ち寄り下さい。すっごく楽しいですよ~。