松本 泰典 展 ~ 松本さんの魅力に迫る ~


2016年3月末から4月にかけて松本 泰典さんが銀座で個展を開催しました。
今回の特集は松本さんの作品と松本さんの魅力に迫ります。
以前にもご紹介しましたが、松本さんが個展を開催するにあたってのコメント
 「災い去る年の個展として、次のステージへ飛躍する為の準備と考えています。」にも作品の
テーマとなっているメッセージが隠れていました。

松本さんが作品を制作するようになって基本となるテーマとしてあげたのが「干支」です。
「災い去る年」ここに今年の干支「猿」が隠れていました。
昨年テーマとしたのは羊。こちらが昨年のグループ展で発表した作品です。


そして、今年は猿から更に深く掘り下げていきます。
下の作品は西遊記の「孫悟空」です。孫悟空が自らの毛を引き抜き息を吹きかけると無数の分身が誕生
します。これはタンポポの白い綿毛が息を吹きかけることによって実をまき散らすのと同じように、
新たな誕生をイメージしています。

孫悟空はお釈迦さまの監視から逃れようとキントン雲に乗ってへとへとになるまで飛び回りましたが、
どんなに遠くまで飛んでもお釈迦さまの手のひらからは逃れられなかったという逸話。
松本さんはお釈迦さまの手のひらを女性になぞらえ、ちっぽけな存在である男性を表現したそうです。
右上に小さく見えるのが孫悟空です。

松本さんは、血管の赤い色にエネルギーをもらえる。頑張ろうという気持ちになるともおっしゃっていま
した。
この手のひらの血管の位置(毛細血管は除く)は解剖学的にも正しいんだそうです。本当かどうかを検証。
画像を探しました。くらべてみれば分かります。(下の画像、勝手に掲載ごめんなさい。)

 

上記、2点の新作とも結びついてくるのが、下記の大作です。
四方に伸びている血管は木の枝にもなぞらえています。母体と生命の誕生と成長を、木の生長にも結び
付けています。


血管の赤と木の枝をイメージし、原爆をテーマにした2010年の作品「樹炎(jyuen)」。


この後、東日本大震災があり、描く気持ちになれなかった時期があったそうです。そんな松本さんを再び
描く気にさせたのが鶴岡八幡宮の倒れた大銀杏のエピソード。
樹齢1,000年を超えた大銀杏が強風で根元から折れて倒れたとニュースになった翌年、折れた木には若い
葉が生い茂り力強く再生したのです。生命の力強さ、未来への明るい希望を目の当たりにして松本さんは
「乗り越える」というイメージを持って再び描き始めました。その時の作品がこちら「息樹(IKI)」。
若い芽が真っ直ぐに空に向かって伸びています。

更に、息子さんの誕生が松本さんの作品に力を与えたような気がします。生まれたばかりの嬰児と嬰児を
抱く少女のまっすぐ前を見つめる視線の力強さに、未来への希望が託されているようです。


松本さんの作品には平和への思いも込められています。この作品は松本さんのひいひいおじいさんです。
松本さんが経営する「Gallery 沙蔵」築100年の蔵を作った方です。戦争で亡くなられたそうです。
板絵「KONOHEIWAKOWASUNA」です。板に直接描かれています。


板絵は下記3点も展示されていました。左から「朝顔」「蝉」「雀」です。

全体の展示はこんな感じでした。
お客様がいっぱいいらしていて人のいない時に撮影するにはかなりの時間を要しました。

そして今回楽しかったのは秋山祐徳太子さんとの対談です。
グリコの恰好をして「ダリコ」と称して走り自らをアートする。東京都知事選にも出馬した面白い方です。
そんな秋山さんに面白いと評価された松本さん。対談もアートのことより面白いと思う事に集中しました。
下記の発言はお2人が実際に発した言葉です。

話題は松本さんのちょんまげに及びます。江戸時代、日本人の髪型としては普通だったちょんまげ。
明治になってちょんまげは、なりを潜めました。江戸時代の常識が明治以降は常識ではなくなったのです。
そんな時代の価値観で変わってきている常識。「今更ちょんまげ?」と時代の流れを気にすると面白く
なくなる。自分が今面白いと思うものを面白いと思ってくれる人がいればいい。
そんな思いから「ちょんまげを守った人達はモヒカンよりもロック!」と言う言葉が飛び出したんです。
秋山さんは「ダリコ」と称して自らが走る。当時人間が歩いてアートになるなんて考えた人はいなかった。今の人たちには勢いがないとおっしゃる秋山さんに評価された松本さん「アートの特攻隊!」と発言した
のは秋山さんです。この言葉を受けた松本さん「行きながら終わりではなく帰りの便も考えてほしいんです
が...」なんてボソッと返していました。
そしてドン・〇ホーテで購入したハサミを取り出し、ちょんまげの実演を始めます。
本当に切っちゃうんですよ。足元を見ればどのぐらい切ったかがわかります。

最終日にはきちんと整え、着物を着てこの姿です。カッコイイでしょ。長岡のGallery沙蔵を訪ねれば
こんな姿の松本さんに会えるかも。


秋山さんとの対談の最後に「新潟を代表する画家になって下さい」と言われた松本さん。
今後の活躍に期待です。

下記は4月10まで開催された「新潟の美術家たち展」に出品された作品を特別公開です。
柏崎で開催されたということもあり、原発をテーマにした「YAMATO弥魔止」です。


搬入時の画像をご覧下さい。8尺の脚立よりも高い!スケールの大きさが感じられます。


松本さん、今回の取材にご協力いただきありがとうございました。
スケッチブック展ファンクラブは今後も松本さんを応援していきます。