第7回春の京都府庁旧本館野外彫刻展


4月10日(日)まで京都の彫刻家 水嶋康宣さんが重要文化財 京都府庁旧本館で開催されている
第7回春の府庁旧日本館野外彫刻展」に参加されています。

せっかくですから他の方の作品もご紹介しましょう。13名参加されているはずなんですが、撮ってきた
写真を見ると10名分しかない...ご紹介出来ない3名の方ごめんなさい。

 


そして、水嶋さんの作品「神隠シ」は旧本館入り口横の特等席に展示されていました。


水嶋さんからのコメントです。

私の作品といえば顔に包帯と言われるようになりました。
でも、元はありきたりな表現に新鮮な息吹をなんとかもたらしたいという願いから来たものです。
粘土で原型を作り、型取りの痕跡をあたかも無かったかのごとく別の素材で鋳造し仕上げることに疑問を
持ってしまうと、従来の手法からはみだしている自分がそこにいました。
顔の包帯はモデルとなった人への関心つまり象られたものへの関心より素材となった物質の存在感を強調
できないかという試行錯誤から生まれたものです。
包帯という“もの”が持つ物語と併せて表現の意図を味わっていただければ幸いです。

 

作者の意図を写真で伝える事が出来たかどうか...やっぱり実物を観ていただきたいです。
庭園の桜も満開でした。建物の中も見学可能です。京都で桜と彫刻の共演を観に是非お出掛け下さいませ。