わたなべ・えいいち 線スケッチ展 -モダーン京阪神街歩き-


わたなべ・えいいちさんの個展が大阪府高槻市で開催されました。
テーマは「モダーン京阪神街歩き」です。大阪、京都、神戸、奈良。名所・旧跡・神社・仏閣の多いこの4都市で、あえてそういうものではなく「街を歩く」ことによって今の京阪神を伝えています。

約50点の作品全てをご紹介することは出来ませんが、えいいちさんの思いを少しでも伝えられれば幸い
です。入り口のショーウィンドーの中にはこの作品が飾られていました。「ちょっと観て行こうかな」と
いう気にさせてくれる1枚です。現に毎日100名位の方達が訪れたそうですよ。
京阪神のお住まいの方なら「あっここ知ってる」という街角がいっぱい登場していました。
(光のせいか全体的にオレンジがかった色に写ってしまいごめんなさい。)

【奈 良】

 

【大 阪】

 

【京 都】


【神 戸】


ダイジェストでご紹介しましたが、いかがでしたか?上記の他に東京やカフェを描いた絵もありました。
とっても見応えのある個展でした。

更に、中央のテーブルの上にはスケッチブックや普段使用している画材などが並び、こんなメモもあり
ました。えいいちさんの真面目な性格が出ています。

この個展の前には徹夜が続き、個展中もお客様の対応にと忙しかったえいいちさん。お疲れ様でした。
2、3日ゆっくり休んでまた次の制作に取り組んで下さいね。
個展の様子はえいいちさんのブログで詳しく紹介されています。是非ご訪問下さい。

さて、今回の取材は魔女メグさんと一緒に行きましたが、魔女メグさんはかつて高槻市に住んでいらした
ことがあるそうで、朝早くからお勧めの公園に行って来ました。
JR高槻駅のお隣の「摂津富田駅」から歩いて約20分。「今城塚古墳」です。
ここは継体天皇の真の墓として有力視されている場所で、埴輪工場があったところでもあります。
公園に並ぶ埴輪のレプリカもなかなかのスケールで、実際このような形で発掘されたそうです。
今城塚古代歴史館では、本物の埴輪を見る事が出来ます。


こちらが本物の埴輪、表情がユーモラスで可愛いでしょ。左は力士だそうです。

そして、古墳の周りにはクローバーが咲き乱れていました。子供の頃の思い出がよみがえり、魔女メグさん
はシロツメクサの冠作りに、筆者は四つ葉のクローバー探しに夢中になりました。

この後、時間があったのでスケッチしたりとても贅沢な時間を過ごすことが出来ました。
歴史の勉強にもなるし、とてもいい公園でした。

えいいちさんの個展番外編をお届けしました。