海外移住と文化の交流センター


今回は、2月14日の「神戸ぶらりスケッチ会」の会場で魔女メグさんのお気に入りの場所「海外移住と
文化の交流センター」をご紹介します。かつて「魔女の散歩道」でもちょっとだけご紹介しましたが、
ここは昭和の始めに神戸港からからブラジルに移住する全国の人達が、出発前の1週間~10日間を旅の
準備の為に過ごす施設だった場所です。1階と2階には「移住ミュージアム」があり、海外移住の歴史や
当時の様子を写真やビデオで紹介しています。また、移住先で使用した農具などの資料も展示されて
います。とっても真面目なミュージアムですが、1度は見ておく価値ありです。勉強になります。

1階2階の真面目な雰囲気とはちょっと変わって、魔女メグさんのお勧めは3階と4階にある制作室です。
若手アーティスト達が安く部屋を借り、それぞれの制作の場としています。
そんなお部屋を覗いて来ましたので是非ご覧下さい。個性あふれる皆さんのお部屋です。

どうです?お部屋を見ているだけでも現代アートの展覧会に行ったような気がしてくるでしょ。
次はどんなお部屋かな~なんて思いながら回るのはとっても楽しいですよ。

そして、お部屋以外にもギャラリースペースがあります。このソファーも作品でした。

 

更にラッキーなことにこの時期(2月9日~2月28日)は「大人美術部とクロッキー&スケッチ部の展覧会」が
開催されています。
大人美術部は月に一度、大人が集まり「ただ静かにゆっくりと絵を描くことを楽しむ」会で、クロッキー&
スケッチ部は様々な場所へ出かけて「そこでめぐり会ったものをとにかく描く」会だそうです。
大人美術部の作品で蛇腹スケッチブック発見!描いた方は中国の方のようでした。

 

こちらは、「クロッキー&スケッチ部」の皆さんの作品です。

とてもいい物を沢山見る事が出来ました。今回の「神戸ぶらりスケッチ会」に参加された方達も若いアーティスト達の作品を見て「描きたい」って気持ちが強くなったようでした。いい刺激をいただきました。
「海外移住と文化の交流センター」なんて堅苦しい名前だし、建物もいたって地味です。そんな建物の中にこんなに楽しい場所があるなんてちょっと驚きです。皆さん、是非一度足を運んでみて下さい。
ここからぶらぶらと歩くと北野の異人館街まですぐです。歩き疲れたら「あんカフェ」さんに寄って下さいね。「海外移住と文化の交流センター」へのアクセスはこちらです。