スケッチブック展 in kawasaki Ⅺ 作品紹介


2016年最初のスケッチブック展、出展された作品をご紹介します。
今回のスケッチブック展は、川崎在住の方達が中心となり動いて下さったので、地域色の濃いスケッチ
ブック展になりました。森林公園ではもうすっかりお馴染みの展覧会になっています。
毎回観に来て下さる方もいらっしゃったりして、とても雰囲気のいい中での開催でした。
森林公園のスタッフの方々も全面協力して下さっているんです。そんな恵まれた環境の中での皆さんの
のびのびとした作品をご覧下さい。

まずはやはり川崎在住の方達の作品から、一番手は子供たちに絶大な人気だった川良千鶴さんの作品です。

観てる人達を元気にしてくれる作品です。タコの口がハート型でかわいい~。


次にご紹介するのはごろぉさん言うところの川崎のお母さん。さとーよーこさんの作品です。

山歩きが大好きで、最近は背景の大きさが分かるように人物を入れる練習をされてるとか...
下の作品は蛇腹スケッチブックですが、土手の上からサッカー少年たちを描いたそうです。
とっても小さいんです。ミニチュアの世界を見るようだって感想が貼られていましたよ。


続いては、今や川崎には無くてはならない存在となった風雨子さん。
兎に角明るくて楽しいんです。下はご自身の蛇腹スケッチブックの前で踊る風雨子さんです。
風雨子さん自身を展示したくなりました。

そんな風雨子さんは踊りだけではありません。今回は絵を描き始めた頃の作品も展示されていました。
なんとも言えずほっこりしますよね。

川崎最後のご紹介は勿論この人、ごろぉさんです。既にNUをご紹介しましたので、今回はちょっとだけ。

前回のスケッチ楽描き会でご紹介し忘れた画像も1枚。すごくいい絵ですよねぇ。


さて、川崎からはちょっと離れて約1年半振りにスケッチブック展に戻ってきてくれた鎌倉のaiaiさん。
その時考えていたことを記録に残した日記です。書いては描き、書いては描き...このノートはとっても
読みごたえのあるノートでした。読みながら、うんうんそうだよねぇ。aiaiさん真面目に生きてるな~って
思いました。とっても真面目なカチカチの方かと思いきやご本人はとってもお茶目な方なんですけどね。

今年の元旦に描かれた最新作を見つけました。

更に、aiaiさんは1枚物も出展して下さいました。この絵は筆者が一番好きな作品です。


続いて東京代表はあけけみさん。あけけみさんも川崎ではお馴染みになりました。

毎日のようにお嬢さんの絵を描いていらっしゃいますが、こんな絵も見つけました。
右の絵はお子さんが小さかった頃の絵ですね。ほのぼのとしていていいですねぇ。

          ↓の絵はさとーよーこさん一押しの絵です。ホント可愛いわ~。


続いては埼玉代表、薫子さん。薫子さんは今回1枚物のみの出展です。この作品も人気でした。


埼玉から新幹線に乗って長岡へ。松本泰典さんの作品です。お子さん達を描いていらっしゃいます。

そして、またしても見つけてしまいました。新たな作品が生まれる予感がするスケッチです。

以上、東の方達でした。
続いては愛知県安城市のベベポポさんです。
ベベポポさんが描いた魔女メグさんを発見!ピンボケになってしまいました。ごめんなさい。

↓色がとっても綺麗な水彩画です。

名古屋から更に西へ。大阪のふくだふくさんです。
油絵を小さな額に入れての一連の作品です。とてもいい感じ。


神戸に入りました。魔女メグさんです。今回は少な目の出展だったのでなるべく以前に紹介したことの
ない写真を撮りたかったのですが、どうしても自分が好きな絵の写真を撮ってしまって、帰宅してから
「あれっ、この絵は前回紹介してる」というものばかりになってしまいました。
なので、今回はこの2枚でお許しを...

次回のスケッチブック展には「小魔女」の絵がいっぱい出てくると思いますよ。お楽しみに...
そしてごろぉさん、風雨子さん、魔女メグさんの蛇腹スケッチブックです。圧巻でした。


最後にご紹介するのは福岡の田尾大知助(datian)さんです。
今回は目に注目して下さい。視線の先が気になりますよね。

datianさんはこんな絵も描きます。筆者が好きな1枚です。


川崎展での作品、楽しんでいただけましたでしょうか?あっと忘れてはいけない作品がありました。
会期中皆さんの作品を守ってくれた金太郎さん作「ガラスの地球を持った涙するティンカーベル」です。


今回は盛り沢山の内容でした。バラエティ豊かな作品達に、スケッチブック展の楽しさを再認識しました。
出展して下さった皆さんは日本のあちこちで今日も描き続けています。
観に来て下さった方々、改めてありがとうございました。
次回は安城展の予定です。春が待ち遠しいですね。