六本木の美術館


東京、六本木には大きな美術館が2つあります。国立新美術館と森美術館です。

国立新美術館は1階~3階まで企画展や公募展を開催する12もの展示室がある国内最大規模の美術館です。
ガラス張りの吹き抜けのスペースは開放的で、緑がいっぱいの庭園を眺めることも出来ます。
企画展が開かれる展示室も天井が高く広々とした印象を受けます。
ここで12月まで「ニキ・ド・サンファル」展が開催されていました。ニキ・ド・サンファルはフランス生まれの美術家で、1961年の射撃絵画で有名になりました。缶や袋に絵の具を入れそこに向かってライフル
を撃ち、弾けた絵の具が後ろの石膏ボードに製作した作品に当たって作品が完成するという彫刻と絵画が
一体となったようなユニークな作品です。そのあと「ナナ」シリーズで開放的な女性像を表し、
「タロット・ガーデン」というイタリアの庭園を手掛けるなど2002年に亡くなるまで多くの作品を残しま
した。日本人との交流をきっかけに日本とも深い関わりがあったそうです。今回2点だけ写真撮影可能でし
たのでご紹介します。左は「ブッダ」、右は「翼を広げたフクロウの椅子」。
大きくて色鮮やかな作品が多く見ていてとても楽しくなりました。

六本木のもう一つの美術館「森美術館」は、六本木ヒルズ森タワーの53階にあります。
主に現代アートが中心で、22時まで鑑賞出来る美術館はまさに都会の美術館です。
そこで現在「村上隆の五百羅漢展」が開催されています。この展覧会はなんと全作品撮影可能なんです。
ついつい興奮して写真を撮りまくってしまいましたが、そのスケールの大きさに言葉がありませんでした。

こ~んな感じで作品は続きます。きらびやかな立体作品もありました。

五百羅漢図は全長100mだそうです。迫力満点の作品は、3月6日まで六本木の森美術館で鑑賞出来ます。


そして、六本木ヒルズ森タワーでは500円で屋上のヘリポートに出る事が可能です。
柵があるだけの屋上からの景色は壮観です。

高層ビルが固まっているのは新宿です。東京タワーもこんなに近くで見る事が出来ます。

遠くに雪をかぶった富士山が頭を出しているのが分かりますか?
これからの季節は空気が澄んでいて遠くまで良く見えるのでお勧めです。
スカイツリーまで行かなくても十分楽しめること間違いなしですよ。

六本木の2つの美術館へのアクセスは下記をご覧下さい。
新国立美術館
森美術館