じゃばらスケッチブック展


いよいよ皆さんの作品紹介です。当初、参加予定だったしのぶさんが間に合わず、総勢12名の作品展と
なりました。しのぶさんの作品は25日の「あんカフェ・オープンアトリエ」でちょっとだけ観る事が
出来ますので是非ご覧下さいね。

それではトップバッターはごろぉさん一押し、KawasakiⅨにも参加してくれた森颯人君の作品です。

ばーばと一緒に描いた絵を蛇腹に繋いでくれました。クイズがあったり日記があったり楽しい作品です。


お次は六甲の美味しいケーキ屋さん「遊菓」さんにいらしたお客様が描いた作品です。

お客様が作る蛇腹スケッチブック!楽しいですね~。右下の鳥の絵がオーナー由佳さんの作品です。

次にご紹介するのはフランスからの留学生、ロリアンちゃんの作品です。
ロリアンちゃんのスケッチブックにはまだまだ白いページがあって展示しながら絵も描きます。
こんなことが出来るなんて「スケッチブック展」ならではです。左の絵は最近行った金比羅山だそうです。

若い方が続いたので続いては最高齢?浅野さんの作品です。浅野さんは西宮の人物スケッチ会に参加されています。いつも魔女メグさんの毒舌にやられっぱなしだとか...普段はこんな絵を描かれます。

この浅野さんが弾けた1枚。魔女メグさん絶賛の絵がこちら。魔女メグさんがあまりにも褒めるので、
「今日は褒め殺しか」なんて照れながらおっしゃっていましたが、色使いが本当に素敵な作品でした。

 

次にご紹介するのは、神戸ぶらりスケッチ会やオープンアトリエにも参加していらっしゃるfukoさん。
Iさんとお呼びした方が分かりやすいかな。沢山出品して下さいました。

 

この絵もfukoさんの絵です。本当に同じ人が描いたんですか?っていうぐらい大胆で斬新な作品です。
フライングタイガーで購入された紙に描かれているんですが、紙の模様を上手く利用した素晴らしい作品
です。
浅野さんの色といいfukoさんの作品といい蛇腹スケッチブックには人を大胆にする力があるようです。


次は今回初登場のMAKIさんです。MAKIさんはえいいちさんのスケッチ仲間だそうです。海外でスケッチ
されています。時々その場面のコメントが入っていたりして楽しい作品でした。

今回、えいいちさんはこの1冊だけの参加です。最初は嫌々だったそうですが、いつの間にか夢中になって
描いていたそうです。これも蛇腹スケッチブックの魔法かしら?日本庭園によくマッチしていました。


次は吹田市にお住まいで今回の「じゃばらスケッチブック展」に尽力して下さったそのリンさん。
動物をいっぱい描いていらっしゃいました。

色を付けた作品も素敵でしょ。


さて、次はスケッチブック展の金庫番わっかさんです。わっかさんは四人展と並行して「じゃばらスケッチ
ブック展」の作品も描いて下さいました。魔女メグさんのブログの中で宣言していた小皿です。
和室によく合いますね。

次は恥ずかしながら私you-me★の作品です。大好きな京都の名所21か所を描きました。
右の絵は「夏が恋しくて」と題して下書き無しで南国をイメージして描きました。稚拙な絵ですが、
描いていてとっても楽しかったです。

さて、ここからは会員さんの作品をご紹介します。ベベポポさんは今回2冊の参加です。色が本当に綺麗!

上がベベポポさん。
下はごろぉさんがフェリーの中で寝ずに描いた初めての蛇腹スケッチブックだそうです。


ごろぉさんの最新作スケジュール帳の蛇腹スケッチブックには皆さん驚いていらっしゃいましたよ。

最後は魔女メグさんです。机の上に並んだ魔女メグさんの蛇腹スケッチブックはとっても楽しそう。

窓辺に広げた蛇腹スケッチブック、畳に広げた蛇腹スケッチブック...どちらも和室によく合います。

 


初めてのじゃばらスケッチブック展。誰よりも参加者自身が楽しみました。
そして、展示するまでは参加者すらイメージが湧かなかったとおっしゃっていた和室での展覧会。
とてもいい展覧会だったと思います。最後にはどうやって宣伝すればいいかなんて皆で来年の話を
しながら盛り上がっていました。
次回はご覧になった皆さんも是非ご参加下さい。はまること間違いなしですよ。

 

以下は、前回までの記事です。

お待たせしました。今夜は「じゃばらスケッチブック展」に来て下さった皆さんの様子をご覧下さい。

始めは遠慮がちに立ったまま観ていらっしゃる方が多かったのですが...

いつしか座って真剣に観て下さるようになりました。床の間の前に広げた魔女メグさんのキッチンと
工具シリーズの大作は人気でした。

皆さん手に取って真剣に観て下さっています。嬉しいですね。左の方は全て観て下さって、それぞれの
スケッチブックの中で自分の好きな絵のページを広げておくのっておっしゃっていました。
なんて嬉しい事でしょう。参加された皆さん、確実に観ていただいていますよ。
右の方は時間があまりなくてっておっしゃいながらかなり長い時間観て下さっていました。感激です!
人数が少なくてもこうやって真剣に観て下さる方がいらっしゃればスケッチブック展は成功です。

そして、魔女メグさんが説明します。右は自分が描いた絵を説明するロリアンちゃんです。
こうやって作者とお客様が気楽にお話し出来るのもスケッチブック展の魅力です。

来て下さった皆さん。本当にありがとうございました。
次回更新時には参加者の作品をご紹介いたします。お楽しみに...

 

以下は、前回までの記事です。

11月22日(日)、11月23日(月)大阪府吹田市で「じゃばらスケッチブック展」が開催されました。
蛇腹スケッチブックだけを展示した「じゃばらスケッチブック展」初めての試みです。

会場は魔女メグさんお薦めの大阪府吹田市の「浜屋敷」です。
あいにくお天気があまり良くなかったので訪問者は少なめでしたが、観て下さった方達は皆さん「蛇腹
スケッチブック」の楽しさを発見し、面白がって下さいました。

今夜は浜屋敷と準備が完了した「じゃばらスケッチブック展」の様子をご紹介します。

とても素敵な古民家でのじゃばらスケッチブック展です。お馴染みの幟もしっかりセッティングです。

和室2部屋のテーブルと畳の上、廊下にも作品が並べられました。とてもいい雰囲気です。


こんな感じで準備が完了しました。さあどんなお客様がいらっしゃったのでしょうか。
次回はいらしたお客様の様子をご紹介しますね。お楽しみに...

 

以下は前回の記事です。

11月22日(日)、11月23日(月)に大阪府吹田市で開催される「じゃばらスケッチブック展」その生い立ちに
迫ってみました。

そもそも蛇腹スケッチブックが誕生したのは、2013年7月13日の魔女メグさんのブログから...

ごろぉさんのは、魔女も使う〇じるしのノートがあったり、datianさんのは手作りスケッチブックです!
ほう、そうか、そうだ!と閃きが★!
ハワイでのスケッチ、最後の空港での待ち時間です、目に入る人を片っ端からスケッチしたのですが、
ちょっと群像風に重ねてスケッチしました。つまり、人物だけの足し算スケッチですね。

その時、繋いで描くために、使いやすいスケッチブックがあると云いな☆なんて、思った!

作りました!

 

蛇腹スケッチブック!
広げたら1枚の細長い紙です、蛇腹に折り畳みました。広げたら続けて描けますね。
表紙も付けましょう。
描きましょう。お二人に刺激されて、燃えております。
スケッチブック展においでくださる皆様。
あなた様はモデルとならざるを得ない環境が揃いました、魔女の餌食です。
御覚悟を! あはは、今日もスケッチ、スケッチブック展です。蛇腹スケッチブックの誕生です!

そして、2013年7月18日。

じゃん! 蛇腹スケッチブックです。人物足し算スケッチ用ですね。
表紙もつけました、ちょっとそれらしくなったかな?
伸ばすと、のーびのびです。調子にのって、もう1冊作った!楽描くのだ!

始めは人物を描く為に作った蛇腹スケッチブック、2013年10月10日風景にも挑戦です。

六甲山の上から松を描いて、海を臨んで、、、ながいな~。
こんな風に遊べるのが、蛇腹スケッチブックの良い処。

 

2013年10月23日には...

描き始めは、


そのうちに、少し乗ってきて、

あれよあれよと、

もう止まらない、


どんどん、変わっていく自分を受け入れて描くのが嬉しい。蛇腹スケッチブックです。

更に、2014年8月4日には進化する蛇腹スケッチブックです。

大阪へ出かける時は、このところ各駅停車がお好き。
前に座った方など描いていると、楽しいのです。
まだ、蛇腹スケッチブックに仕立てる前です。


こんな風に、星形にしてテーブルに置くこともできますね。

この後、魔女メグさんは一体何冊の蛇腹スケッチブックを描いたのでしょう。
魔女メグさんの蛇腹スケッチブックを観に行くだけでも十分価値ありです。
この蛇腹スケッチブックを描いてみて、正直はまります。楽描きの楽しさ再発見です。
13人それぞれの蛇腹スケッチブックを観に、「じゃばらスケッチブック展」に是非お出掛け下さいませ。

 

 

会場となる浜屋敷は吹田市の「歴史的古民家吹田歴史文化まちづくりセンタ-」で、観覧事業・貸館事業
及び各種企画事業を実施することにより吹田市の「歴史と文化を活かしたまちづくり」を推進することを
目的としています。(浜屋敷HPより)
古民家の和室で畳に広げられたスケッチブックを見るのも楽しそうですね。

阪急梅田駅から阪急京都本線の相川駅までは、6駅15分ほどです。総勢13名の作品が並びます。
留学生のロリアンちゃんも参加ですって。どんな絵を描くのか楽しみです。
11月21日~23日は3連休です。相川駅は烏丸(京都)からでも40分程です。紅葉もいい時期なので、
京都と絡めて「じゃばらスケッチブック展」を見るなんていうのも良さそう。
秋の行楽シーズンに是非浜屋敷までお出掛け下さいませ。