ごろぉさんの似ていない「似顔絵屋さん」


10月11日(日) 川崎市の「日本キリスト教団 溝ノ口教会」でバザーが開催され、その一角でごろぉさんが
似ていない「似顔絵屋さん」を開店しました。ごろぉさんは日頃から東日本大震災の復興を支援する活動を
続けられています。その活動の一環としてやっていらっしゃるのが被災者の方々の自分史制作のお手伝い。
今回は、ごろぉさんの地元の教会で8月に被爆者の講話会のお手伝いをしたことがご縁で、「10月のバザー
で似顔絵を描いていただけませんか?」という依頼がきて、ついでにミニスケッチブック展もやらせていた
だくことになったそうです。バザーの収益金の半分は東日本大震災復興支援の寄付金となるそうなので、
ごろぉさん、昼食も食べずに頑張りました。

「日本キリスト教団 溝ノ口教会」は東急田園都市線「梶ヶ谷駅」から徒歩5、6分の所にありました。
坂の途中に建っている教会で、入り口が3階になっています。

3階の入り口を入るとそこは食堂です。カレーやおでん等の模擬店がいっぱい出ていました。バザーは2階の礼拝堂内で行われていました。衣類や小物の販売に人がいっぱい集まっていました。

あかしあ園という障害者施設の方が作った「みがき屋さん」色がとっても可愛いかったので2つ購入。
1つ100円でした。

ごろぉさんの似顔絵屋さんはその礼拝堂の入り口に店を構えていました。
お馴染み幟旗も出してミニスケッチブック展も同時開催です。

カンパはこの壺に入れてもらいます。

 

まずは腕慣らしに食堂に来ていた方達を描きます。

そしていよいよ似ていない「似顔絵屋さん」スタートです。
なかなかどうして似ていらっしゃるじゃないですか。

色鉛筆を使っていらっしゃいましたが、カラフルでとっても素敵ですね。いいでしょうこの笑顔。
モデルさんのお人柄が見えてきます。今回は1枚1枚ラミネート加工してお渡ししています。

 

この方は満州でお生まれになって、ダムの設計のお仕事をされていたそうです。今は日本での仕事が無く
なったので中国でお仕事されてるとか。まだまだ現役で頑張っていらっしゃるそうです。
彫刻を彫りたいっておっしゃっていました。いつか彫刻がほれるようになるといいですね。


ごろぉさんは、お子さんを描く時は緊張をほぐす為に色々話しかけていらっしゃいました。
ごろぉさんが描いた坊やはこの子の数年後の姿を思わせますね。

この女の子はひとりで来ていてバッグの中からお財布を出し、ちゃんと300円カンパしてくれました。

 

ごろぉさんの似顔絵は会場で働いていたボランティアの方々にも大人気。
皆さんお揃いのエプロンをしていらっしゃいます。
ごろぉさんは「全世界に発信するよ~」と言いながら写真を撮っていらっしゃいました。

そして、ごろぉさんのブログでも紹介されていたのがこの方...魅力的なおじ様です。
ボランティアの皆さんに慕われていらっしゃるようでした。

続いて小さいお子さんを2枚。下の僕ちゃんは待ちくたびれて寝ちゃってたんです。
目を覚ましたところで1枚。パッチリ目を開けてくれました。絵の中ではちょっと眠そう。
お母さんは「いとこ」にそっくりとおっしゃっていました。

 

次の方は教会が見えるマンションにお住いの娘さんを訪ねて来て偶然バザーにいらしたそうです。
似顔絵をいい記念になるとおっしゃっていらっしゃいました。
待ち時間にはスケッチブックを見ていらっしゃいましたよ。

お客様の最後は、バザーに出店されていた方のお嬢さんです。厚木から来たとおっしゃっていました。
お母さんはお嬢さんが描かれている間スケッチブックを見ていらっしゃいました。蛇腹スケッチブックに
興味を持たれたようでしたよ。出来上がった似顔絵はこの子のお姉ちゃんに似ているんですって。

 

ごろぉさんの似ていない「似顔絵屋さん」無事終了しました。ごろぉさん2時間半お疲れ様でした。
終了後のごろぉさんの一言は「あ~お腹が空いた」でした。
今回の似顔絵は色をいっぱい使って、背景にまで色を付けて素晴らしかったです。
これで300円は安すぎだと思いました。
11月23日(月)の東高根森林公園での収穫祭でも「似顔絵屋さん」を出店するそうです。
今回逃してしまった方、11月には是非森林公園へ。似ている「似顔絵屋さん」が待っていますよ。
そして森林公園では、11月2日(月)~11月8日(日)まで「スケッチブック展 in 川崎Ⅷ」が開催されます。
こちらにも是非いらして下さいね。