魔女 山の工房に行く


このページでご紹介した土岐市の山川マサミさんの個展が10月15日~10月25日に名古屋市中区の
「ハートフィールドギャラリー」で開催されます。

山川 マサミ展 記憶の光 -ガラス玉のモビール、流木のオブジェetc-
月・火・水曜休廊 12:00~18:00 作家在廊日 10月17、18、24、25日

ハートフィールドギャラリー
名古屋市中区栄5-4-33 えいわビル1F

夢いっぱいの作品を是非ご覧下さい。
山川さんにお会いしたら「スケッチブック展のホームページを見た」と言っていただくとお話がスムーズ
に出来ると思います。

 

以下は、山川さんの工房を訪ねた魔女メグさんの1日です。

時は春、桜が満開の頃。愛知県安城市で「スケッチブック展 in 安城」が開催されました。
安城展に向かう魔女メグさん。「山奥の工房に素敵な木工芸作家さんがいるらしい」という噂を聞きつけ、
寄り道してみることにしました。
一体どんな作家さんがいらっしゃるんでしょう...魔女メグさんを追ってみました。

名古屋で新幹線を降り、JR中央本線快速・中津川行に乗り換え7駅35分「多治見駅」に到着しました。
多治見は美濃焼の産地です。「あれ?陶芸作家さんだったっけ」と魔女メグさん目的地が混乱しています。
多治見駅からは車でどんどん山の奥に入って行きます。途中、桜がとっても綺麗だったんですが、この写真しかありませんでした。(自分が夢中になっちゃうと写真を撮るのを忘れます...まだまだ修行が足り
ないです)山の中に自然に咲いている桜は格別でした。


国道363号線をひたすら走り土岐市に入ります。こんなところを曲がるんですか?というような細い道を
入って行くと童話に出てくるようなトンガリ屋根の建物が現れました。


ここで生活し、数々の作品を制作していらっしゃるのは笑顔が素敵な「山川マサミ」さん(右)です。


山川さんの作品は夢があってとっても素敵なんです。工房手前の事務所(?)には山川さんの作品が所狭しと
展示されていました。

アップにしましょうね。お洒落な小物入れやアクセサリーもあります。
    左から2番目のペンダントは「おでん」なんですって。ユーモラスで楽しいでしょう。

こちらは私のお気に入り、椅子なんですが、しっぽが靴ベラになっているアイデア商品です。
玄関に置きたくなります。


また、山川さんはオーダーメイドでも作品を作って下さいます。下は実際に私がリクエストして作って
いただいたガラス玉を使ったモビールです。
宇宙をイメージしていて、小惑星イトカワに座る星の王子様まで作ってもらっちゃいました。

魔女メグさんもお気に入りの作品を見つけたようです。

山川さんの作品からは木の温もりが感じられ、見ているととっても癒されます。

また工房では時々「オープンスタジオ」といって工房と作品を公開していらっしゃるし、
名古屋では10月に個展が開催されます。是非皆さんにも見ていただきたいです。
連絡先などはホームページをご覧下さいね。

そして、この山奥で山川さんお勧めランチのお店を紹介していただきました。
近くだからと言われて歩いて行ける距離かと思ったら、山を1つ超えました。
カフェギャラリ「創舎呱々(ソウヤココ)」さんです。

こんな山奥で訪れる人はいるのかしら?と思いましたが、結構お客様は入っていらっしゃいました。
知る人ぞ知る隠れ家カフェですね。古い民家を改造して造られたそうですが、とてもいい雰囲気です。
天井からは山川さんの作品がぶら下がっていました。ランチもとっても美味しかったです。

小川のせせらぎを聞きながらテラスでお食事することも出来ます。楽しいオブジェもありました。

山の中で咲くクリスマスローズ、住宅街のプランターで咲くのとはちょっと違う趣があります。


土岐の山奥にこんなに素敵な工房やカフェがあるなんて新しい発見でした。
そして、魔女メグさんはこの日多治見に宿泊です。多治見にはこんな素敵な修道院もありました。


夕闇せまる多治見の街も風情があって良かったですよ。

翌朝は早く起きてスケッチです。その時の魔女メグさんの作品が↓。さあ安城に向けて出発です。