清水園


夏休み特集として新潟の「北方文化博物館」をご紹介しましたが、今回はスケッチブック展の金庫番わっかさんが学芸員を務めている「清水園」(北方文化博物館の分館)をご案内しますね。
「清水園」は新発田(しばた)市にあります。今回も魔女メグさんにご案内をお願いしましょう。

新潟からJR白新線で約40分。新発田駅で降りた魔女メグさんは早速観光案内所を訪れます。


清水園までは徒歩で行ける事が分かったので途中諏訪神社を右手に見ながら小雨降るの中、鄙びた路地を
歩きます。

そして立派な門構えの清水園に到着です。

国指定名勝の庭園をゆっくり散策です。元々の庭園は元禄6年に造られ、昭和21年に(財)北方文化博物館が
管理するところとなってから北方文化博物館・本館の作庭を手掛けた庭師・田中泰阿弥氏が、清水谷御殿の
全体を修復し、「清水園」として現在の姿となったそうです。

近江八景を取り入れた京風の庭の中心に、草書体の「水」の字をえがく大池泉を配し、その周囲に茶室を配した池泉廻遊式庭園は、まさに10万石大名の下屋敷にふさわしいものです。(清水園HPより抜粋)

小雨が降る庭園は苔が生き生きとしていてとても美しかったです。お茶室は全部で5つもあります。
庭師田中泰阿弥氏の「くくとなき ころころとなき かかとなく これさ 蛙のよろこぶ うたか」を刻んだ
歌碑もありました。

ここ清水園にはボランティアのガイドさんがいらっしゃいます。
       ↓無料でガイドして下さるなんてありがたいですね。


団体さんがお帰りになった後、魔女メグさんの魔法でガイドさんをこちらに呼び寄せました。
かつて新潟は日本で1番人口が多かったというお話から始まって貴重なお話をいっぱいお聞きしました。
そして、書院に上がり灯りを消してこうやって見るのが美しいんだと教えて下さいました。


美しく見えなかったらとしたらこれはカメラマンのせいです。

ここ清水園には資料館もあります。資料館の入り口には昔の消防車が...


楽しい灯ろうを見つけましたよ。

 

ユーモラスで楽しいでしょう?
新発田市に昔から伝わる郷土玩具の金魚台輪も可愛いですよ。灯りを燈して楽しむそうです。

木の階段を登って行くと、2階にはお菓子の型が並んでいました。

ついつい庶民的な物にばかり目がいってしまいましたが、郷土資料館の一角に、新発田市出身で忠臣蔵の
赤穂四十七士の一人として知られる堀部安兵衛武庸に関する品々を展示する伝承館もありました。
清水園に沿って流れる新発田川を渡ったところには旧新発田藩の足軽長屋(重要文化財)もあります..が
写真がない!...すみません撮り忘れたようです。

「清水園」は本館の北方文化博物館と同様とっても見応えがありました。新潟にお出掛けの際には是非
お立ち寄り下さい。受付でわっかさんが待っていますよ~。

ここでおまけです。魔女メグさんの箒に乗ってひとっ跳び、神奈川県逗子市です。
北方文化博物館の逗子分室です。
ここは民家レンタルスペースで、各種講習会やレッスン、イベント、習い事などに利用出来るそうです。
財団法人 北方文化博物館、なかなかやるなぁって思いました。