スケッチブック展 in 北野あんカフェⅢ


【番外編 その2】

9月27(日)は雲が多いながらもまずまずのお天気。早朝にごろぉさんを仕事に送り出し(ごろぉさん日曜なのにお疲れ様でした)、残ったメンバーは魔女の散歩道「神戸大学」の構内を散策です。

それぞれ気に入った場所をスケッチ...ではなくカメラに収めます。

この日の神戸大学は普段は見られない所が開いていてちょっとラッキーでした。
この廊下、教会みたいですよね。


歴史を感じさせるライトもとってもお洒落です。

神戸大学はとっても広いので、ぐる~っと回ると結構な距離になります。ちょっと歩き疲れたので座って
スケッチを...ベベポポさんを描くdatianさん。ベベポポさん緊張してますね。ご本人もスケッチして
いたのに手が止まってしまいました。

そして、魔女メグさんはdatianさんを描きます。あんカフェさんで色を入れていたのが右の写真です。
ちょっとお疲れ気味のdatianさんをうまく捉えていました。

軽くスケッチして、まだお昼には時間があるし、「コーヒーでも飲みに行きましょうか?」
「そうだ遊菓さんに行けるわ!」と魔女メグさん。以前「魔女の散歩道」でもご紹介した六甲のケーキ屋
さん「遊菓」さんに行くことになりました。ここは、ベベポポさんもお気に入りのケーキ屋さんで、神戸
に来た時は必ずケーキを2つ注文しているんですって。


ベベポポさんお勧めの「濃厚チーズバー」と「コーヒーサバラン」です。datianさんは食べながら
遊菓さんに置いてあった画材でオーナーの由佳さんを描きます。

出来上がった作品がこちら。可愛いですね~。由佳さんってこんな方です。


遊菓さんで美味しいケーキをいただいて、ひとしきりお喋りしてからあんカフェさんに向かいました。
これで「スケッチブック展 in 北野あんカフェⅢ」番外編のレポートは終了です。
次は川崎、長岡とまだまだスケッチブック展は続きます。
あなたも是非1度スケッチブック展にいらして下さ~い。楽しいですよ。

 

【番外編 その1】

9月26(土) 夕方から夜にかけて「スケッチブック展 楽描きの会」メンバー4人が初めて集合しました。

最初に登場したのはベベポポさん。話に花が咲いて魔女メグさんはdatianさんを迎えに行くのを忘れます。
「datianさんを迎えに行かなくて大丈夫ですか?」の一言でスマホだけをつかんで慌ててあんカフェさんを
飛び出します。走って行ったらしいです。
...が、到着予定の新幹線に乗っていない...何処でどう間違ったか予定の新幹線は30分以上も後に
到着する列車でした。「画材持って行かなかったよねぇ、暇つぶしできるかなぁ」と皆で心配していました
が、しっかりと「指定券購入申込書」の裏面にスケッチです。何も心配することはありませんでした。
「ボールペンも置いてあるし台も使えるし~」と魔女メグさんは涼しい顔。おまけに新神戸駅のスタンプ
まで記念にもらってきていました。転んでもただでは起きない魔女メグさんです。


そして、datianさんが到着したのは5時前位。6時に仕事が終わる予定のごろぉさんを待ちます。
仕事が長引いてしまったごろぉさんが到着したのは8時頃でした。それからしのぶさんが作って下さった
豪華なお食事とビールで宴会です。(本当はごろぉさん到着前に始めちゃったんですが...)

今回は、ただ宴会をしただけではなくスケッチブック展のあり方や今後の展望について等白熱した意見が
交わされました。メールのやり取りだけではうまく伝わらなかったことも顔を見て話をするとスムーズに
伝わっていくね。時々皆で会って話をするって大事だよね、ということで土曜日はお開きとなりました。

番外編 その2では翌朝の会員さん達の様子をレポートします。お楽しみに...

 

以下は前回までの記事です。

9月25日から開催された「スケッチブック展 in 北野あんカフェⅢ」可愛いイラストがお出迎えです。

あんカフェさんでのスケッチブック展は今回で3回目ですが、魔女メグさんは1回目から変わらずお客様に
旧知の仲のように親しく話しかけていきます。お客様が笑顔で答えるとお得意の弾丸トークで魔法の世界へ
引きずり込んでいくんです。(百聞は一見に如かず、本当に魔法なんです)
お客様は何がなんだか分からないまま会員さんの作品を見、感心し、会話が盛り上がった頃datianさんが
登場し、人物スケッチが始まるというような流れの中で時が過ぎていきました。


datianさんから似顔絵を渡されたお客様、ふと魔法が切れて「そういえば異人館の観光に来たんだった」と
北野に来た目的を思い出し「1軒ぐらい見て行かないとね」と笑いながら出ていかれるというとってもいい
雰囲気の中で行われました。
もちろんスケッチブック展目的のお客様もいらっしゃいますが、偶然にあんカフェさんに入ってきて
スケッチブック展を見て感動して帰って下さるお客様もいらっしゃるんです。とっても嬉しい事です。

更に台湾からのお客様もいらっしゃいました。さすが観光地神戸ならではのスケッチブック展です。
魔女メグさんは密かに海外でのスケッチブック展も狙っているようですよ。


今回の展示はこんな感じでした。

あっという間の3日間、「スケッチブック展 in 北野あんカフェⅢ」今回も無事終了致しました。
北野まで来て下さった皆様ありがとうございました。
そして場所を提供して下さった「あんカフェ」のしのぶさんありがとうございました。
「スケッチブック展 楽描きの会」会員及びスタッフ一同、並びにスケッチブック展 ファンクラブより
心から御礼申し上げます。

おまけ:会員さんが全員集まった番外編は後日更新致しますね。お楽しみに...

 

以下は、前回までの記事です。

「スケッチブック展 in 北野あんカフェⅢ」いよいよ今週金曜日からです。
最終日の27日に会員さん全員集合です。全員が同じ場所に会するのはなんと初めてなんですって。
27日(日)にあんカフェさんにいらした方はラッキーですよ。

以前からご紹介していますが、スケッチブック展が開催される「あんカフェ」さんは北野の異人館街の
中にあります。


この北野という地名の由来は、今から850年前にかの平清盛が神戸に遷都し、京都の北野天満宮を分霊した
ことから始まっているようです。この地に多くの異人館が建てられたのは明治から昭和初期にかけてで、
「コロニアルスタイル」と呼ばれる様式が多く、ベランダに板張りでペンキ塗りの外壁、張り出し窓や
よろい戸、赤煉瓦で出来た煙突などが特徴とされています。
第二次世界大戦の戦災をかろうじて逃れ昭和35年頃までは200棟近い異人館が点在していたそうです。
その後、60~70年代の高度成長期以降、ビルやマンションの建設が進み、異人館街も少しずつ小さくなっ
てしまったそうですが、77年にNHKの連続テレビ小説「風見鶏の館」で取り上げられ、女性誌等にも掲載
させたことにより一躍観光地として有名になったんだそうです。最近は異人館やレストランでの結婚式や
披露宴が人気らしいです。

スケッチブック展が開催されるようになってから何度か神戸に足を運んでいますが、あんカフェさんに入り浸って周りの異人館を観光したことがないことにふと気付きました。
北野観光案内所のホームページを見ると異人館街のことがよく分かります。
今回のスケッチブック展は金・土・日の3日間です。週末をスケッチブック展と異人館街観光にあてて
みませんか?

そして、魔女メグさんやえいいちさんがよくスケッチしている北野町広場では大道芸のパフォーマンスを
見る事が出来ます。

えいいちさんが先週完成させた絵「神戸トリックアート・不思議な領事館」も面白そうですね。


神戸は見どころがいっぱいです。そんな街で日常を過ごす魔女メグさんの作品は本当に素敵なんですよ。
皆さんにも是非実物を見ていただきたいんです。そしてdatianさん、ごろぉさん、ベベポポさんの作品も
力作ばかりです。作品ばかりか作家さんにも会えるチャンスです!スケッチブック展にはお時間に余裕を
持ってお出掛け下さい。見きれない程の沢山のスケッチブックがあなたをお待ちしています。
「スケッチブック展 in 北野あんカフェⅢ」は9月25日(金)~9月27日(日)です。


以下は、前回の記事です。

いよいよ「スケッチブック展 in 北野あんカフェⅢ」が9月25日から開催されます。
場所はおなじみあんカフェさんです。あんカフェさんを一人で切り盛りしていらっしゃるのはしのぶさん。
このホームページを立ち上げる時にスケッチブック展への熱い思いを綴って下さいました。
スペースの関係で今までご紹介することが出来ませんでしたが、この機会に全文ご紹介致しましょう。

わたしにとってのスケッチブック展

昨年(一昨年)9月に神戸北野に隠れ屋のあんカフェが誕生オープンしました。
通りから見えないためにオープン当初は来客も少なく、この先どうすればいいのだろう...と
悩んでいたところ魔女メグさんに出逢いました。
多分この出逢いがなければ早々に夢つぶれ逃げ出していたかも知れません。
「大丈夫!!スケッチブック展やりましょうよ!!」...あれこれいう間にあっ!!と言う間に
スケッチブック展開催となりました。
不思議なものでスケッチブック展という目標ができたことでとても気が楽になりました。
スケッチブック展では思っていた以上のお客様の笑顔に ”あんカフェやってよかった!!” と心からそう感じ
ました。
額に入って観賞する絵と違い「私も描きたい!!」という人達もいてカフェの中では描き始める人もいました
し、似顔絵を描いてもらい記念にその似顔絵を写真に撮ってうれしそうに「いい思い出になりました!!」、
そのスケッチブックが全国ツアーするというのを聞くと偶然関東や九州、東北などスケッチブック展
開催地に近いお客様もおられ「是非行きます!!」そんな人と人とのつながりをスケッチブック展では強く
感じました。素敵です!!
たまたまスケッチブック展を見に来られ絵を描くここと再会した人、気軽に始めてみようという若い
女の子、どんどんスケッチ伝染しています。平和になりそう!


しのぶさんはとても美しい字で思いを綴って下さいました。
そんなあんカフェさんで3回目となるスケッチブック展です。あんカフェさんはとっても落ち着く昭和の
香りがするカフェです。そしてしのぶさんの入れて下さるコーヒーはとっても美味しいんです。
今年は3日間と期間が短いですが、しのぶさんの笑顔に会いに、会員さんの作品に会いに是非皆さんも
いらして下さいね。