重森三玲庭園美術館

今回は昭和を代表する作庭家重森三玲氏の旧邸宅、京都の「重森三玲庭園美術館」をご紹介します。

「重森三玲庭園美術館」は左京区の京都大学正門近くに位置し、吉田神社の参道まで数百メートル。
近くには、銀閣寺、真如堂、平安神宮などもあります。



書院から観た枯山水庭園。
かつてアクオス(シャープ)のCMでも使用されたことがあり見たことがあると思われる方も
いらっしゃるのではないでしょうか。


茶席「好刻庵」方向からの眺め。苔と石が絶妙なバランスを見せています。


ちょっとオシャレな襖絵に可愛い灯りもありました。

作庭家重森三玲氏は日本美術学校で日本画を学び、いけばな、茶道を研究し、その後庭園を独学で学んだ
そうです。
力強い石組みとモダンな苔の地割りで構成される枯山水庭園が中心で、代表作に京都の東福寺方丈庭園、
光明院庭園、大徳寺山内瑞峯院庭園、松尾大社庭園など...(重森三玲庭園美術館HPより抜粋)
他にも日本全国に多くの庭園を残しました。
下記の写真は筆者が偶然に訪れて、重森三玲氏が作庭したと後に知った庭園です。
そんな庭園が日本全国色々な所「あなたのお住まいの地域」にもきっとあると思います。

光明院庭園

松尾大社庭園

京都で重森三玲氏の作庭した庭園巡りをしてみるのも楽しいかもしれませんね。
「重森三玲庭園美術館」見学は予約制です。
午前、午後各1回。前日の午後5時まで予約可能です。詳しくはこちらを。