北方文化博物館


夏休み特別企画第3弾は第1弾でご案内した「大呂菴」に隣接した豪農の館「北方文化博物館」をご案内致します。ここは江戸中期から250年続く越後の豪農伊藤家の館を博物館として公開しています。

北方文化博物館の説明(パンフレットより抜粋)
明治15年から8年がかりで建てられた伊藤家の豪壮な本邸は敷地8,800坪(29,100㎡)、建坪1,200坪
(3,967㎡)、部屋数65を数える純日本式住居で、終戦半年後の昭和21年遺構保存の為、「財団法人
北方文化博物館」が創設され、これに全部寄附されたものである。

歴史に興味のある方は是非、北方文化博物館ホームページの歴史をご覧下さい。

今回は早朝に庭園を拝見させていただくことが出来ました。大呂菴との堺の門を入って行くとそこは敷地
全てが博物館です。時代劇のセットの様な建物が続きます。

2,000年以上前の古代のハスの実から発芽・開花した大賀ハスも咲いていました。

藤棚の下には角川春樹氏の詩「藤の花 雨の匂ひの 客招ふ」を刻んだ石碑が...

旧伊藤家の庭園は京都風の作庭で質の高い築庭技術と庭園材料の良さが他の県内の庭園と比べて傑出して
いるそうです。奥の滝からは開園時(9時)になると水が流れます。


この後、内部を拝見させていただきました。
実際に使用されていた大きな釜が左、お風呂場にあった家系図を時にユーモアを交えて熱心に説明して
下さったのは、北方文化博物館の専務理事 佐藤 隆男さんです。
あまりの話の面白さに時が経つのも忘れてしまったほどでした。大河ドラマ「伊藤家の人々」が出来上がり
そうでしたよ。

部屋の中から見た庭園も素敵です。そして中庭にはパワーストーンがあるんです。この御影石からは強い
気が発せられているそうです。この石に座ると病気が良くなる、体が柔軟になるなどの不思議な効果が
あるそうです。

博物館内部には福沢諭吉や良寛の書、数々の水墨画、埴輪から土器、陶器など多くの美術品が陳列されて
います。
興味を引いたのは明治25年に、六代文吉氏が上越の旧家であり名門である村山家から真砂さんを嫁に迎え
入れた時の披露宴の献立表が茶の間に飾られていたこと。実際に使用した食器なども展示されていました。
真砂さんは柏崎地方の盆踊りのはやしに歌われるほどの才媛で、その披露宴は3日3晩盛大に続けられたと
いわれているそうです。伊藤家の方々は皆美男子で、真砂さんとは美男美女だったんですね。

さて、再び庭に戻って今回是非ご紹介したいのが、飛び切りの笑顔を見せて下さった 有吉公一郎さん。
(魔女メグさんのブログから拝借)


伊藤家の8代目当主 伊藤文吉館長が曽祖父が植えて近年枯れ始めた樹齢400年の赤松を根元から約2mだけ
残して伐採し、その木材で仏像を作ろうと思い立ったそうです。
有吉さんは博多の彫刻家で、かつて博物館で作品を展示したことがあり、その縁で今回の仏像製作を依頼
されたそうです。
私達が宿泊した大呂菴に滞在されて製作していらっしゃいました。私達が訪問した時には既に仏像は完成
していて、有吉さんはその仏像を納める祠を残った赤松の木に作成中でした。

所々色が濃くなっているところは木が傷んでいたところだそうですが、それがある為に作品に重々しさが
プラスされているように感じました。とても柔和な顔立ちの「大日如来立像」です。


祠に納められている姿を是非見てみたいですね。
博物館の敷地内には他にも三角の茶室「三楽亭」や三角の電話ボックスまでありました。

お食事処やカフェもあります。室内に井戸を残す茶房「井戸小屋」ではお抹茶や雪国紅茶をお菓子付きで
味わうことが出来るんです。美味しかったですよ~。
阿賀野川が氾濫したら井戸から水が溢れてくるなんてお話もお聞きしました。

更に正門受付の近くの土蔵門には「屋根裏ギャラリー」と呼ばれるギャラリーがあります。
訪問した時は水彩画の展覧会をやっていました。


このギャラリーを利用して魔女メグさん達は新たな計画を立てているようですよ。
「北方文化博物館」、色々と楽しめる博物館でした。新潟にいらした際は是非寄ってみて下さい。
アクセスはこちら