スケッチブック展 in 長岡 Gallery 沙蔵


松本泰典さんが主催した長岡で初の本格的なスケッチブック展も盛況のうちに終了しました。
ギャラリーでの一味違ったスケッチブック展は新しい風を起こしてくれました。
松本さんから沢山の画像が届いています。松本さんが見たスケッチブック展を一緒に楽しみましょう。

 

 

 

お楽しみいただけましたでしょうか?「スケッチブック展 in 長岡 Gallery 沙蔵」無事終了致しました。
会場まで足を運んで下さった皆様ありがとうございました。
「スケッチブック展 楽描きの会」会員及びスタッフ一同、並びにスケッチブック展 ファンクラブより
心から御礼申し上げます。来年1月には川崎が待っています。次回、森林公園でお会いしましょうね。

 

以下は前回までの記事です。

今回の「スケッチブック展 in 長岡 Gallery 沙蔵」も残すところあと3日となりました。
沙蔵はギャラリーですので絵を描く関係の方が多くいらっしゃいます。こんな方達も来て下さいました。

画家の木下晋さん。写真かと思われるほど精密な鉛筆画を描かれます。


暫く前まで下記の展覧会に出展されていたこの方、安藤正芳さん。


凄い方達がスケッチブックを観て下さっています。木下さん、安藤さんありがとうございました。
今までとは一味違うスケッチブック展も残すところあと3日です。
是非足を運んで下さい。絶対後悔させませんよ。

 

以下は、前回までの記事です。

「スケッチブック展 in 長岡 Gallery 沙蔵」2日目です。
ちょっと戻って今年8月、この展覧会を開催しようという話が持ち上がったのはここからです。
鉛筆で描かれているのでちょっと見にくいですが、初めて魔女メグさんに会った松本さんが描いた絵です。
左端が魔女メグさん。右端に座っているのは長岡の建築士兼まち歩きスケッチ画家の野田英世さん
野田さんのご紹介で魔女メグさんは初めてGallery 沙蔵を訪れました。この記念すべき絵はしっかり壁に
展示されていました。


「スケッチブック展」は2階のカフェで開催されていますが、1階に何もないと閉店しているかと思われる
ので、とごろぉさんの「鬼稽古」と魔女メグさんの「キッチンと工具の蛇腹スケッチブック」だけ展示
されています...が観に来て下さったお客様から1階が寂しすぎるとの指摘を受け、松本さんは期間中に
何とかしますとおっしゃっていました。

 

階段を登って行くと前回もご紹介した松本さんの作品と、魔女メグさんの蛇腹スケッチブックがお迎えしま
す。魔女メグさんのスケッチブックは立ててみました。

展示風景はこんな感じ。棚の位置が立って観るにはちょうどいい高さです。

そして、2日目のお客様です。魔女メグさんも忙しくなります。来て下さったお客様に説明して回ります。
松本さんも今日は着物で接客です。

そして、右側の写真の方。Gallery 沙蔵の常連さんで魔女高校の大先輩コラージュ作家の鈴木利子さん。
魔女メグさんと話が弾みます。

そしてなんと来年9月に「スケッチブック展 in 長岡 欅中居(きょちゅうきょ)」を名乗り出て下さったんで
す。長岡そして魔女高校の卒業生はすごいです。松本さんが魔女高校の出身だからか、魔女メグさんの
魔法の力か、長岡には魔女高校しかないんですか?と言いたくなるほど(実際言いましたが...)魔女高校
の卒業生が続々現れます。ちょっと東京では考えられない状況にびっくりでした。
魔女メグさんが描いた似顔絵と鈴木さんです。来年も楽しい展開となりそうですね。


来て下さった方を魔女メグさんと松本さんはスケッチします。魔女メグさんは描いた似顔絵を壁に貼り付け
て、次回いらした時に差し上げます...としっかり営業も忘れません。招き猫ならぬ招き魔女です。


こんな感じで2日めは盛況のうちに終わりました。
「スケッチブック展 in 長岡 Gallery 沙蔵」は16日までです。カフェには美味しいスイーツもありますよ。
是非、いらして下さいませ。

 

以下は、前回までの記事です。

「スケッチブック展 in 長岡 Gallery 沙蔵」始まりました。しっかり幟も立ってます


広い店内にいっぱいに広げた蛇腹スケッチブックです。

階段を上がると松本さんの作品がお出迎え。
長岡で「田中食堂」というお店をしているご夫婦だそうです。松本さんの作品、新鮮ですね。


「スケッチブック展 in 長岡 Gallery 沙蔵」は16日までです。期間中に是非いらして下さいね。


以下は前回までの記事です。

長岡で初めて開催されるスケッチブック展は正式に「スケッチブック展 in 長岡 Gallery 沙蔵」
命名されました。そして会期も1週間延長され12月16日までとなりました。
嬉しいですね。約2週間のスケッチブック展です。週末も2回あります。行きやすくなりました。
是非皆さんも足を運んで下さい。そして初めてのスケッチブック展を応援して下さい。
下記のチラシは訂正が追い付かず「長岡」が抜けていますが、「in 長岡 Gallery 沙蔵」が正式名称です。

 

改めてのご紹介になりますが、新潟で初めて開催されるギャラリーでの本格的なスケッチブック展です。
7月に開催された1日だけのスケッチブック展もまずまずの反響だったので、今回も大いに期待されます。
そして今回初めて主催される松本さん、張り切って準備中です。魔女メグさんも長岡滞在予定です。
わっかさんも顔を出します。これは行くっきゃないですね。アクセスは↓(ぐるなびより)

 

以下は前回までの記事です。

12月4日から開催される「スケッチブック展 in 長岡」を主催する松本泰典さんがグループ展に参加して
います。10月11日(日)~10月18日(日)、場所は三重県伊勢市、伊勢神宮の外宮参道ギャラリーです。

作品はこちら

この展覧会に先立って10月10日(土)まで東京銀座のJAAギャラリーでのグループ展「新潟の美術家たち展
Ⅴ」にも参加されていました。7名の新潟の作家さん達の作品をお楽しみ下さい。

まずは、松本さんの作品「穆擁BOKUYOU」から


入り口入ってすぐ右の壁に展示されていました。とても大きな作品です。下の写真を見ていただくと
大きさが分かると思います。色彩が鮮やかでとても楽しい作品でした。


阿部敏彦さん。

赤穂恵美子さん。染色です。


長谷部昇さん。

霜田文子さん。


佐藤和行さん。

 

金川真美子さん。羊毛で作られたそうです。

 

例によって下手くそな写真で、作品の素晴らしさが半減してしまったかもしれません。ごめんなさい。
絵や作品は実際に展覧会に行ってご自分の目で見ていただくのが一番です。三重県にお住いの方、
伊勢神宮に参拝予定の方、是非「外宮参道ギャラリー」にお立ち寄り下さい。
9名の作家さんの作品があなたをお待ちしています。

 

以下は前回の記事です。

7月20日に魔女メグさん主催で1日だけの「スケッチブック展 in 長岡」が開催されましたが、
12月4日(金)~12月9日(水)今回は6日間の本格的な「スケッチブック展」です。
しかもご自分のギャラリーでやろうと声を上げて下さった方がいらっしゃいます。

この方、松本泰典さんです。


長岡出身で偶然にも魔女メグさんの高校の後輩だったそうです。奇遇ですね。
ご本人の自己紹介は後日ゆっくり聞かせていただくこととして、会場となる素敵なギャラリーをご紹介
しますね。「Gallery 沙蔵」は本物のお蔵を改装してカフェとギャラリーをやっていらっしゃいます。
2006年に長岡市の都市景観賞を受賞しているそうです。

ガラスのドアの向こうには、お蔵特有の分厚いドアが見えます。1階は天井が高く壁に作品が展示されて
いました。

2階を主にカフェとして利用されていますが、折しもこの日は長岡花火の日、次から次へとお客様が
入ってくるため、1階もカフェとして利用されていました。
お客様が多かった為、カフェ内部の写真は残念ながら撮影出来ませんでした。
長岡が一番盛り上がる日、松本さんも気合を入れて和装です。階段で松本さんの作品を発見しましたが
高さがずれてしまっていたので上手く写真に納まりませんでした。今回は雰囲気だけ味わって下さいね。
スケッチブック展ではどんな作品を見せていただけるのかとっても楽しみです。

これから12月まで毎月なにかしらのスケッチブック展が開催されます。
この機会に今まで見逃してしまっている方、是非いらして下さいね。

おまけとして折角ですので、長岡の花火を...大きさに圧倒されました~!
月との共演も神秘的で素敵でしたよ。

「スケッチブック展 in 長岡」お楽しみに...