ヴォーリズ六甲山荘


暑中お見舞い申し上げます。毎日、暑いですね。
皆さん夏休みはとられましたか?
少しでも涼しい気分を味わっていただこうと、今回は避暑地六甲山をご案内致します。
取材時は6月、山頂では長袖でも寒いぐらいでした。

ケーブルカーで六甲山上駅に向かいます。レトロなケーブルカーが旅の気分を盛り上げてくれます。

この日はあいにくの曇り空、晴れていれば下の方には神戸の海が広がります。

六甲山上駅に到着です。
駅の内部はガランとしていて照明に懐かしさを覚えました。

ここから山道を歩いてヴォーリズ六甲山荘に向かいます。
午前中、まだ時間が早かったのでほとんど人には出会いません。
でも歩いていると様々な植物に出会います。
中でも気に入ったのが野苺(木苺)...甘くてとっても美味しいんです。


山の中には不思議な植物が自生しています。
マムシグサですって...マムシが首を伸ばしているように見えるでしょ。


そして、増えているのが馬酔木(あせび)、クネクネとした姿で分かります。
これは魔女メグさんが描いた馬酔木です。


馬酔木は「馬」が葉を食べれば毒に当たり、「酔」うが如くにふらつくようになる「木」という所から
付いた名前だそうです。
多くの草食哺乳類は食べるのを避け、食べ残されるため、草食動物の多い地域では、この木が目立って
多くなることがあるとか。
結構、多かったです...大丈夫かしら。ちょっと心配...

そして可愛い花を咲かせていたのはハコネウツギです。白とピンクが混ざっていい感じでしょ。
右側はヒイラギナンテン。

山の中で咲くコアジサイも可憐です。


コアジサイの群生をイメージした魔女メグさんの絵、右側はギボウシです。うん雰囲気出てますね。

色々な植物を愛でながら、野苺を食べながら歩いていくと山小屋カフェ「エーデルワイス」に到着です。
早速、スケッチブックを広げる魔女メグさんです。

ちょっと肌寒かったので温かいお茶を飲みながら一休みです。
「エーデルワイス」を出ると六甲高山植物園の入り口です。
パンフレットから↓

ここにも珍しい植物がたくさん植わっていました。
ヒメコウホネの花を覗きこむ魔女メグさんと筆者...いつの間にか撮られていました。

それでは魔女メグさんとえいいちさんの写真もパチリ。

 


私が気になったのがハナイカダという植物です。
葉っぱの上にポツンと実がなっているんです。ハナイカダってネーミングすごくいいでしょ。
ハマナスも咲いていました。

ササユリとヒメユリ(?)かな。

ここには園芸店で見るような華やかな花はありませんが、花の原種に近い素朴な花達に出会いました。
植物に興味のある方にはお勧めスポットです。

植物園をぐるっと一回りすると六甲オルゴールミュージアムの前に出ます。
この日は時間が無かったのでミュージアムの外観だけを撮影。
この中では、100年前の音に出会うコンサートを1日中やっているそうです。


ミュージアムの前を通って約10分。
目的地ヴォーリズ六甲山荘に到着です。

 

ヴォーリズ六甲山荘は1934年(昭和9年)にウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計によって建てられ
ました。建物は、敷地約1700坪のほぼ中央にあり、床面積約80坪、夏の山荘の為、北側がリビングに
なっています。
外から見るとこんな感じ。


なんとなく見覚えがありませんか?この角度が分かりやすいかな?


そうです、何度となくごろぉさんのブログに出てきています。

 

ごろぉさんはこの角度が好きなんですね。
同じ方向から描いた魔女メグさんの絵、色合いが素敵です。


そして今回画像協力していただいたえいいちさんにも描いていただきました。完成した線描はこちら。


皆さんそれぞれの個性が出ていていいでしょう?
お庭にはこんな素敵なテーブルセットが置かれていて、ここでお食事をすることも可能です。
右の写真は実際にランチを楽しんでいるお客様です。正面奥に写っているのがこのテーブルセットです。

この日は外の席が満席だったため、私たちは山荘の中の食堂でランチをいただきました。


さて、お腹もいっぱいになったことだし、山荘内部を見学しましょう。
会員になると実際に宿泊することも可能なんだそうですよ。
素敵な寝室ですね。作り付けのクローゼットも当時のままです。

お風呂は五右衛門風呂。簡素な炊事場は現在も使用されています。

リビングにはハープが置かれ、天井には山小屋風のランプがぶら下がっていました。

入り口には可愛いフクロウのランプが...そして庭にはピザを焼く窯までありました。

居心地のいい室内で魔女メグさんは、雨の日も晴れの日も何度となく絵を描いているそうです。

 

ヴォーリズ六甲山荘は4月~11月の土・日・祝日の午前11時~午後4時まで(入場は3時半まで)公開されて
います。夏の別荘ですのでやはりお勧めは夏です。まだ夏休みの予定を決めていない方、六甲に涼みに
いらっしゃいませんか?魔女メグさんが現れるかも知れませんよ。

六甲散策はえいいちさんのブログでも紹介されています。併せてお楽しみ下さい。