第22回 岡本太郎現代芸術賞展


【最終日】

4月14日(日)は岡本太郎現代芸術賞展の最終日でした。
生田緑地では山吹の花が終わりかけた桜と共に本格的な春の訪れをを演出していました。
この展覧会が始まった2月15日には裸だった木々も葉を付けて若葉が目に眩しい季節となりました。

広場ではシャボン玉を飛ばしているおじさんがいて子供達は大喜び。平和な日曜日です。


真有さんにいただいた最後のチケットを持って岡本太郎美術館に行きました。
真有さんは新作のタペストリーでパフォーマンス中でした。
布に描いたのは初めてとおっしゃっていましたがいいアイディアですね。ベースのピンクにブルーが映えて
とても素敵です。

先日、魔女メグさんと訪問した時に描いていた作品がどうなったかというと...こんなにカラフルに
なっていました。


2ヶ月間、会場で描き続け、慣れない土地で生活して他の作家さん達とお話したり、お客様とお話すること
によって多くの物を得た事と思います。真有さんお疲れ様でした。


最後にNEWSです。ご両親が三好市のご出身というご縁があって徳島新聞に取り上げられたそうです。
しかもその日は新元号「令和」が発表された日。その新聞の中でご紹介されるなんて真有さん間違いなく
何か持ってます。

TAROの夢最中も配られたそうです。真有さんも夢を追い続けて下さいね。
スケッチブック展ホームページは今後も真有さんの活躍を応援していきます。


他の皆さんの作品はこちら

 

【真有さんの作品紹介】

2月15日から開催されている「岡本太郎現代芸術賞展」も最終日まで1週間を残すのみとなりました。
この辺りで真有さんの作品をご紹介しますね。

真有さんの作品「BPM」です。BPMはBeats Per Minuteの略。医学用語で心拍数の単位です。
こちらは当初正面に展示されていた作品。現在は真有さんが開催中に描いていた作品に変わっています。
特別賞を受賞した真有さんの言葉を展覧会のパンフレットから抜粋します。

絵画(四角い平面)は何次元もの事を平面に取り込めるという特性を持ちます。そこに興味を持ち、四角い
画面がイリュージョンを示すまで様々なドローイングをしました。この絵画シリーズは、ひとつの結果と
しての四角い平面絵画です。人体を軸にし腕のストロークと遠心力を利用して描くwit-witシリーズという
絵画です。自身の身長と同じ直径の円を画面に現し、その積層はキャンバスと作者の間を取り払うかの様に
し、四角い画面は絵画空間を出現させていきます。円は、作者の鼓動に合わせ描かれていきます。

真ん中の白い色と壁の白い色が調和して絵に奥行きが感じられていました。


向かって左側に展示されていた2m×3mの作品。このサイズが一番心地よく描けるサイズなんだそうです。
上と下の線が重ならず美しいストロークを見せています。


こちらは筆者が一番好きな作品です。
プラネタリウムでバイトをしていた時にイメージして描いたそうです。自然に出来た白い空間が夜空の
星のようでした。実際の作品を観ると白い空間がキラキラ輝いて見えるんです。


真有さんは絵を描く前に建築の勉強をされていたそうで、比率に対して興味があられるのか、黄金比や
白銀比のことを調べていると「めっちゃ面白い」とおっしゃっていました。
1日中円を描いているのが「楽しい」とおっしゃっている真有さんの絵には引きずり込まれていきそうな
不思議な魅力があります。

「岡本太郎現代芸術賞展」は4月14日(日)までです。是非、お出掛け下さいませ。

 

【3月24日】

魔女メグさんと行って来ました。前日に休館日とは知らず行ってしまったので魔女メグさんは2回目、
筆者は4回目の訪問です。お天気も良く、生田緑地の桜は満開でした。

真正面の絵、展示替えされていました。真有さんがパフォーマンスしていた作品を展示したんですね。
隙間が無いほどに円を描いた作品。凄いです。

そして、今度の作品はブルーの上にゴールドを重ねています。がらっと雰囲気が変わりました。


真有さんの作品を観る魔女メグさん。金色にも色々種類があるんだと説明する真有さんです。

そして、人気投票は3枚目に入っていました。


岡本太郎現代芸術賞展は魔女メグさんも絶賛している美術展です。4月14日(日)まで開催中。
本当に楽しい美術展です。是非、お出掛け下さいませ。

 

【3月2日】

「岡本太郎現代芸術賞展」が始まって2週間、真有さんの作品がどうなっているかなぁと思って、
風雨子さんと行ってきました。

真有さんはちょうど制作中。こんなに線の密度が濃くなりました。右下は2/16の画像です。

アップで見るとこんな感じです。


この作品は、来週あたりで一旦けりを付けて、展示替えも予定しているそうです。
「小さな作品もあるんですよ~」と見せて下さったり、過去の作品をスマホで見せて下さったり、すっかり
制作の邪魔をしてしまいましたが、初めての風雨子さんにも丁寧に説明して下さいました。
真有さんありがとう!

真有さんの制作はまだまだ続きます。
そして、人気投票の途中経過です。集計用紙も2枚目に突入しています。


お近くの方、是非お出掛け下さいませ。そして、是非真有さんとお話しして来て下さい。
投票は3月末日までです。真有さんへの一票を宜しくお願いしま~す!

 

【2月16日】

「岡本太郎現代芸術賞展」開催中です。

岡本太郎美術館は川崎市の生田緑地内にあります。
新宿から小田急線で向ヶ丘遊園駅下車、徒歩約20分。ちょっと歩きます。駅からバスorタクシーでも
行けますが、健康の為?徒歩をお勧めします。梅も咲き始め春の訪れが感じられ、徒歩も楽しいです。

こちらが美術館の入口、自然に溶け込むような設計になっています。

隣接するカフェではランチも食べられます。


常設展示の奥で「岡本太郎現代芸術賞展」は開催中です。

真有さんのブースは会場に入った左側の奥です。ここで作品制作をしながら3作品を展示しています。
作品の大きさ、位置、更に真有さんのパフォーマンスがしっくり収まったとてもいい空間です。


真有さん、なかなかの人気です。観に行ったら、是非真有さんに話かけてみて下さいね。

【2月16日】

「特別賞」受賞! おめでとうございます!


國久真有さんが特別賞を受賞されました。今回の芸術賞展、1.岡本太郎賞(1名)、2.岡本敏子賞(1名)、
3.特別賞(3名)が受賞されました。入賞されたのは416名(組)の内たった5名です。真有さん凄いです!
こうやってご紹介出来て筆者もとても嬉しいです。かなりテンション上がってます。入口でいただいた
パンフレット↓にご紹介記事が載っていました。入賞者は大きく紹介されているんですよ。

2月16日にはギャラリートークがありました。

時にパフォーマンスを交えてのギャラリートークは「なるほど~」と思わせる説得力のあるトークでした。

描きながら観に来てくれた人とコミュニケーションを取りたいとおっしゃっていた真有さん。描くことを
楽しむと同時にお客様との会話を楽しんでいらっしゃいました。
作品の解説はまた後日詳しくお伝えしますが、真有さんは4月14日(日)まで作品を制作し続けます。
やはり観に行って実際に観て真有さんと話して、感じていただきたいと思います。他の方達の作品もクオ
リティが高く楽しい作品がいっぱいです。出口付近には人気投票もありました。
赤○が真有さんです。なかなかいいところを走ってます。


岡本太郎美術館は川崎市の生田緑地内にあります。都心からはちょっと離れていますが、緑がいっぱい、
スケッチをするにもいい所です。是非、お出掛け下さいませ。

 

以下は、前回の記事です。

昨年の神戸でのスケッチブック展に参加して下さった神戸市在住の國久真有さんが川崎の岡本太郎美術館
で開催される岡本太郎現代芸術賞展にノミネートされました。416点の応募の中から25名(組)の入選です。

会期中に作家さん達のギャラリートークがあります。真有さんは2月16日(土) 14:00から他3名の方と
ご自身の作品についての解説をします。
また、お気に入りの作品に投票するイベントだったり、作家さんにお手紙を書くコーナーもあります。
新進気鋭の作家さん達の作品、とても楽しみです。

会期は2月15日(金)~4月14日(日)と長いので、期間中に是非お出掛け下さいませ。

下は、ご本人が付けた♡マークです。


こちらは昨年大阪のTEZUKAYAMA GALLERYで開催された個展で魔女メグさんが撮った写真です。