ホームページ開設4周年


1月18日ホームページ開設4周年を迎えました。
いつもご訪問いただきありがとうございます。あっという間の4年間でした。
昨年も各地でスケッチブック展が開催されました。1年間の活動を振り返ります。

【1月】

長岡のGallery沙蔵で「人物デッサン会展」が開催されました。個性あふれる作品が並びましたよ。

【3月】

2018年最初のスケッチブック展は前年同様川崎で開催され、最終日には恒例のスケッチ会も開催されま
した。

【4月】

川崎に続いて開催されたのは安城展です。安城の会場はとても広いので蛇腹スケッチブックもこんな感じに
ずら~っと展示することが可能です。お絵描きコーナーも例年大好評です。

4月後半には「新潟の美術家たち展 Ⅶ」が開催され松本泰典さんが2作品出展しました。

「填環 (Tenkan)」


こちらは紙に描いた題名は「耀塵(Youzin)」です。大きい作品ばかり描いている松本さん、段々と保存場所が無くなってきて、紙での制作を模索中だそうです。ちょっと迫力に欠けるかな?


【5月】

5月~6月にかけては第4回の「御堂筋アート展」が開催され、例年参加している水嶋康宣さんに加えて昨年は
松本泰典さんと成田浩彰さんが参加されました。
松本さんの作品「樹炎 Jyuen」です。


水嶋さんの作品「アリコ ~ズジスワフ・ベクシンスキーに捧ぐ~」と成田さんの作品「儚きは人の夢」です。

【6月】

横浜での2回目のスケッチブック展は6月に開催されました。

横浜展の会場は緑に囲まれたとても素敵な所です。ヒゲフジさんの作品もいっぱい展示されました。

6月には第二回の「中原素描会展」も開催され、かじがやごろぉさんが参加されました。

【8月】

新潟で毎年開催されている「戦争と平和展」、松本泰典さんが参加されました。

松本さんの作品「あの日の平潟神社」は戦争の悲惨さが伝わってくる力強い作品でした。


【9月】

第3回を迎えた東京でのスケッチブック展は場所を変えてCafe&Gallery Patinaで開催されました。
スケッチブック展とお店のコラボランチはスケッチブックに見立てたパンの上に具をいっぱい乗せたとても
美味しいランチでした。

戸外での展示やエプロンのデザイン、お子さんの参加も多く3日間ではもったいないというお言葉も
いただきました。

9月後半には東京銀座で「新潟の美術家たち展 Ⅷ」が開催されました。松本泰典さんが参加しました。

松本さんの作品「渦梧 KAGO」です。以前グループ展に出展した作品に手を加えた作品です。


【11月】

神戸のスタジオY3で2回目のスケッチブック展は、同時開催の「神戸文化祭」へのフラッガーとしての参加
です。


観に来て下さった方の飛び入り参加も多いスケッチブック展でした。

11月23日に川崎の東高根森林公園で毎年開催されている「収穫感謝祭」では、「似ていない似顔絵屋さん」が
出店し、かじがやごろぉさん、yukioさんに加えて風雨子さんも参加しました。

11月30日から12月にかけては長岡のGallery沙蔵で4回目のスケッチブック展です。

松本さんお1人で展示したそうです。蛇腹スケッチブックが多いスケッチブック展でした。


松本さんコーナーでは、スケッチブックを壁に上手く展示していました。

【12月】

2018年最後のスケッチブック展は、川崎で開催されました。川崎のスケッチ楽描き会メンバーの作品が
中心で、特にひろし君の作品に注目が集まりました。

皆さん全て覚えていらっしゃいましたか?あっという間の1年でしたが、ひとつひとつの出来事を思い出す
と2018年も色々な事がありました。全て楽しい思い出となりました。楽しみを共有して下さった皆さんに
感謝です。2019年は早くも年間計画が発表されました。
引き続き、スケッチブック展への応援、宜しくお願い致します。