大呂菴


「スケッチブック展 in 長岡」の二日前、筆者と魔女メグさんはスケッチブック展の金庫番わっかさんを
訪ねて新発田市の「清水園」(後日詳しくご紹介予定)へ行きました。そこでわっかさんと「スケッチブック展 in 長岡」の手配をして下さったNさんと合流し、清水園の本館である新潟市の「北方文化博物館」
(こちらも後日詳しくご紹介予定)を訪ね、その敷地内にある純和風の宿「大呂菴」に宿泊しました。


大呂菴は越後の豪農「伊藤家」の七代 伊藤文吉氏の弟 伊藤威夫氏(明治34年~平成3年)が生涯愛した
居宅を旅館にしたそうです。寝具は土蔵に百年ねむっていたフトン地を取り出して新しくつくりなおし、
古い漆器と陶磁器は地主時代のものを使用しているそうです。ここにはテレビもラジオもパソコンもあり
ません。きらびやかな装飾品もありません。あるのはただ静けさだけ。鳥の声で目を覚まし、セミの声を
聴きながら絵が描ける。なんとも贅沢な時間が過ごせる宿です。

1階の客室からは日本庭園が、2階の客室からは伊藤家の圧倒されるような甍の波を目の当たりにすることが出来ます。


食事は土地の旬の食材を生かした素朴なお料理、食堂に何気なく掛けられていたのはAndrew Wyeth
(アンドリュー・ワイエス 20世紀アメリカの画家)の絵です。

台風が去った雨上がりの気持ちのいい朝、誰よりも早く起き出して絵を描き始めたのは魔女メグさん。

早速、通りかかった方を描きます。この方は隣接する「北方文化博物館」の宿直と営業担当の吉森さん。
毎朝伊藤家代々のお仏壇に向かってお経を唱えていらっしゃるそうです。

絵を描きながらお庭を見ながらゆったりとしたひと時を過ごします。この後、吉森さんに早朝の開園前の
「北方文化博物館」をご案内いただきました。吉森さんありがとうございました。

右上の写真でわっかさんが描いているのは大呂菴のシンボル、カタツムリのオブジェです。
「だいろ」というのはこの地方の方言で「カタツムリ」の事なんだそうです。
ここにはかわいいカエルのオブジェもありました。

朝食を終え一息ついたら四方をガラスで囲まれた明るいサンルームでお茶を飲みながら絵を描いたり
お喋りしたり(女性4人、話は尽きません)、とても贅沢な素敵な時間を持つことが出来ました。


大人の隠れ家的な旅館、旅慣れた方には特にお勧めです。1泊2食付きで15,000円~というのもかなり
リーズナブルなお値段。おまけに隣接した「北方文化博物館」の2日間無料入館券付です。
魔女メグさんもお勧めのお宿を訪ねてみませんか?