星と森の詩美術館


「星と森の詩美術館」という美しい名前の美術館をご存知ですか?
この美術館は新潟県十日町市にあります。4月1日~11月30日まで営業。冬季は雪の為休館です。
ということで、今は休館中です。以前から一度行ってみたいと思っていた美術館を訪れたのは昨年の夏、
大地の芸術祭に行った時でした。偶然通りかかった時に車を運転していた猫林さんが、「ここが星と森の
詩美術館」と何気なく言った言葉に「あっ行ってみたいと思ってたの~」という筆者の言葉に反応した猫林さ
ん。急ハンドルを切って美術館に向かってくれました。

星と森の詩美術館は一企業が“街にゆとりとうるおいを”の理念のもとに、郷土にゆかりの深い作家星襄一の
木版画、人間国宝 天田昭次の日本刀、二科会評議員 藤巻秀正の彫刻等の作品を主体とし、館名は、星襄一
の木版画「星の森」、天田昭次の刀剣「七星剣」、藤巻秀正の彫刻「森の詩」にちなんで名づけられたそうです。

ここは駐車場です。駐車場から夢の世界が始まっています。

駐車場から美術館に続く道の両脇に彫刻が点々と置かれています。

そして、彫刻の向こうはブナの森が続いています。自然に囲まれたとても美しい美術館です。

振り返って駐車場の方を見ると木漏れ日がいい感じです。

美術館到着です。


チケットも可愛い!

ひと通り作品を観て冷房の効いた室内でコーヒーを飲んでいると猫林さんが「イタッ」と言います。
アブです。ドアが開くと外から入ってきてしまうようです。筆者もジーンズの上から刺されました。
すると受付にいた綺麗なお姉さんが蠅たたきを持って現れ素早い動きでアブを退治。殺したアブを外に掃き
だします。素早い動きだと感嘆しているとお姉さんは「慣れてますから」と涼しい顔で受付に戻りました。

駐車場から美術館までをブナの小径、池の周りの道を彫刻の径と呼び藤巻秀正氏の作品が並んでいます。

作品は動物たちや妖精たち、ユーモラスな作品、夢のある作品、癒し系の作品の数々です。

右下は池の対岸から見た美術館の建物です。

 

一周してブナの小径に戻ります。


美術館の外を回るだけでも楽しい美術館です。4月1日以降入館可能です。ゴールデンウィークに出かけて
みませんか?