スケッチブック展 in 神戸 Y3 番外編


スケッチブック展開催中の11月23日、「アートスペースかおる」さんの「森のようちえんそとはうち
ヘンテコなあそび展」を訪ねてみました。ごくごく普通の一軒家に手書きで「アートスペースかおる↓
こちらからどうぞ無料です」という簡素な看板?。

庭に並んでいたのは、ゆらゆら揺れるお人形たち。1列にゆらゆら揺れていて笑っちゃいます。

これだけ並ぶとなかなか壮観です。玄関前では皆が描いた絵を糸で繋ぐ作業をされている方が...

2階に上がると奥に段ボールで作った秘密基地があったり、床一面落書きがあったり子供の天国でした。

写真には撮れなかったのですが、子供達が走り回っています。中にはお米の袋に穴をあけて衣装にしている
子供もいました。
天井にかかってる布も素敵。廊下にはお子さんの作品が展示されていました。

右下はモビールを発明したアレクサンダー・カルダーの動画を見る子供達です。後ろ姿が可愛い!こんな
遊び場があったら楽しいだろうなぁというアートスペースかおるさんでした。

次の目的地に行く途中でライトアップされた「兵庫県公館」(迎賓館)に寄ってみました。なかなか綺麗!
意外な事に、お庭には数々の現代アートが展示されていました。

展示されている作品に乗ろうとしている子供を発見!偶然に通りかかった場所ですが、紅葉とライトアップ
が美しかったし、なかなかいい場所でした。

そして、次の目的地はこちら高架下にある「プラネットEartH」さん。

入り口を入ったところに張られていたのはフリースクールの案内。


こちらも面白そうなアート空間です。

「アートとカフェをコアに、さまざまな文化力が惑星となって宇宙を形成する」とホームページに書いてあり
ました。言葉で説明するのは難しそうなので、気になった方はホームページをご覧下さいね。

子供が作った物だけでなく、大人のアートも展示されています。

廃材で作った牛です。

実は、魔女メグさん、廃材アートが大好きなんです。見たとたん目がキラッと光りましたよ。
しっかりと画像に収めています。神戸って面白い所がいっぱいありますね。


以下はおまけですが、翌朝スケッチブック展に行く前に大丸のオープンカフェに行きました。
目の前はGUCCIです。画像だけ見るとパリの街角みたいでしょ。早速スケッチです。

筆者のGUCCIと魔女メグさんは建物の中を向いて描いていらっしゃいました。
筆者の絵で車の形が違うのは最初に止まっていた白い車を描いたからなんです(言い訳)。魔女メグさんの
絵は本当にパリの街角風でいいですねぇ。朝のスケッチも楽しい神戸のスケッチブック展でした。

以上で「スケッチブック展 in 神戸 Y3」関係の記事は終了です。神戸、面白い所です。
機会があったら是非お出掛け下さい。魔女メグさんに会えるかもです。