蔵と現代美術展(プレ展)~響きあう空間~ 作品紹介


来年の「第6回 蔵と現代美術展」に向けて開催されたプレ展は、実行委員の方達が中心となるこじんまりと
した展覧会でした。
訪問した時に展示されていなかった会場、お休みだった会場もあり、2回に分けて訪問しました。
全作品をご紹介させていただきますが、筆者のカメラの腕が上がらない為、せっかくの作品の魅力が半減し
てしまった所もあるかもしれません。出来る限り皆さんのSNSのサイトにリンクさせていただきますので、
気になった作品がある方は直接コンタクトを取っていただけたらと思います。

会場MAPをご覧下さい。遠い方からご紹介しますね。
川越駅からバスに乗りバス停「札の辻」で降り、会場Hに向かいました。


H 中正屋美術館 松原由加子さん「物語のパラレルワールド」

G 小川長倉庫 A 宮川千明さん「ドレスシリーズ COCOO(この後の文字が反射して解読不能でした)」
  申し訳ありません。

 

G 小川長倉庫 B 茂木ヤスヒロさん「Absence of metaphysics」

F 札の辻交差点広場 池田洸太さん「缶詰工場」

E 木元設計事務所2階 吉田実さん ご本人が会場にいらっしゃいました。吉田さんの作品にタイトルが
あったのか? 2回訪問し、お話もしたのに覚えていません(ごめんなさい)。でも筆者のお気に入りの作品
です。ここは、1階が設計事務所になっていて、普段は普通にお仕事をされている会場です。
新聞紙にパステルで描いた絵が印象に残りました。新聞を読み、気になった言葉からイメージして絵を
描いていらっしゃるそうです。色鮮やかで楽しい作品です。

1枚、1枚の作品を手に取って観ることが出来ました。
右下の新聞紙の束にも絵が描いてあり、「出して、可燃ごみよ!?」という題がついていました。

吉田さんは工芸家でもあります。下記の器もご自身で作られたそうです。形のあるものを作るのはあまり
得意ではないとおっしゃって右下の作品は初めは塔のように高かった作品を故意に潰して作成されたそう
です。いくつものイヤホンで中の音を聞く?以前に開催された個展では実際に音を出したんだそうです。
台に使っている木の枠は蔵の窓枠だったとか、古い物と新しい物が上手く共存していたように思います。

ここから次の会場までは小江戸川越の街並みを歩きます。土・日は車道にはみ出た観光客でいっぱいです。

D 風凛 寿司会席奥庭 町田佳奈子さん。「言霊」

 

C 亀屋本店袖蔵 中村譲さん この会場では蔵と現代美術展の案内も、作者の名前も見当たりません
でした。昨年の第五回の蔵と現代美術展で旧山崎家別邸に展示されていた中村さんの作品を観ていたので
恐らくこれが作品だろうと思いカメラに収めました。作者の名前も出せないなんて気の毒(筆者が見落とし
ていたのならごめんなさい)という思いが強かった会場です。

B 仲町観光案内所 田村優幸さん「PRODUCE SPACE 2018」コウゾ和紙

A 旧山崎家別邸 山本麻世さん「かば焼き前のふて寝」

同じく「カメのメ」

福島里美さん「秋の声 ~The sign of Autumn~」

岩渕祐一さん「beyond the bamboo forest 2018」連作


「landscape of memory-seed1」            「another world21 seed-5」

大森里美さん「Reclamation/Contemplation」
「すいラボ」という電子部品を使ったものづくりユニットで活動中だそうです。

SHIGAKI Yasuhitoさん「HELLO BICYCLE」

そして最後は成田浩彰さん「ひとつがいの希望」です。


成田さんには最終日、終了間際にお会いすることが出来ました。お忙しい時間帯にも拘わらず、お時間を
とっていただきました。人と人との繋がりや希望をテーマとしている作品が多いように思いますが、という
質問に、成田さんは目に見えないもの(人と人との繋がり、関係性)を表現したいとおっしゃっていました。
つがいというテーマの作品なので左右から光をあてて影を交差させたかったとおっしゃっていましたが、
文化財ならではの厳しい決まりがあって中の物には一切手を触れてはいけなかったんだそうです。
この部屋は普通の部屋なのかと思っていましたが、よく見ると分厚い扉があって、蔵だったんですね。
入り口には赤いテープが張られ立ち入り禁止になっていました。特別に中に入って写真を撮らせていただく
ことが出来ました。

入口からは見えない角度です。情けないことにピントがぼけてしまいました。


こちらは成田さんが撮影された画像です。やっぱり違いますね。

以上で、作品のご紹介は終了です。

川越は土・日になると観光客がいっぱい押し寄せてきます。でも「蔵と現代美術展」を目的で来ている人は
残念ながら少なかったように思います。どこの会場に行っても苦労なく写真が撮れたので...
会場が分かりにくいという話をすると観光地であるがゆえに会場までの道案内の矢印を置くことが出来な
かったというお話もお聞きしました。参加型はダメ、文化財には触れることも出来ず、作家さんにとっても
苦労が多かったのではないかと思います。それでも過去5回の本展を開催していますし、作家さん自らが
実行委員として参加されているのでそれなりの手応えは感じていらっしゃるんだと思います。
もっともっと宣伝して多くの人たちに観てもらえればいいのにという思いを込めてご紹介させていただきました。
来年の本展でまた楽しませていただきたいなと切に思います。