築山有城展 life-long learning


大阪の枚方市で開催されている築山有城さんの個展も残り1週間となりました。

初日に行って来ましたので、ご紹介しますね。

御殿山生涯学習美術センター」への道は、御殿山というだけあって、駅から登り坂です。
わっ坂道!という思いが頭をよぎりましたが、そんなにキツイ坂道ではありませんのでご安心を...
緑がいっぱいの御殿山です。

御殿山神社の鳥居を横目に見て目的地「御殿山生涯学習美術センター」に到着です。

1階ロビー横に作品が展示されています。パーテーションの向こう側にも展示があります。
まず目に留まるのが手鋸でスライスした角材をライトボックスにセットして展示した作品。

「atomic切断面」

薄く切れば木材も透けて見えるのを発見したとおっしゃる築山さん。年輪や虫がつけた穴?なども見えて
美しくも面白い作品でした。

そして、パーテーションの向こうに見えたのはこんな景色です。

「cosmic切断面」


2014年にギャラリー揺(京都)で発表した作品に、切り株を増やして再展示します。切り株をたくさん設置
するこの手法は「庭」によく映えます。室内にも置くことによって、室内・庭・敷地外の境界線は少し弱く
なり、遠くに生える木々にまで意識がいくようになります。atomic切断面が「近」だとすれば、こちらは
「遠」であり、借景と呼べるかもしれません。

筆者が訪問した時、室内の奥のソファに小学生の女の子がふたり切り株を見ながらおむすびを食べていま
した。その姿が作品に自然に溶け込んでいてとてもいい感じでした。


切り株も大小さまざまな形です。


実は、この他にも「月と太陽」の大きさを対比した作品があったのですが、作品と思わず写真を撮って来な
かったという失敗をしてしまいました。是非、皆さんの目で観に行って下さい。

更に、御殿山駅周辺の店舗や施設には「街中アート」と称して本展に至るまでに築山さんが描いたドローイン
グが展示されています。2店舗ほど覗いて来ましたのでご紹介しますね。

花屋さんのガラスに...

こちらの不動産屋さんでは見やすいようにブラインドを下ろして下さっています。

街の皆さんが協力してくれる「街中アート」っていいですね。20か所に展示されているので、個展を観に
行きがてら是非覗いてみて下さい。展示場所はこのページの一番下をご覧下さい。
尚、展示期間中に開催された2回のワークショップの作品も今は展示されていると思います。
是非、お出掛け下さいませ。

 

以下は、前回の記事です。

兵庫県の築山有城さんが、大阪 枚方市の御殿山障害学習美術センターで個展を開催されます。

今回の個展はただ作品を展示するだけではなく、ワークショップで市民と共に自ら生徒となってリトグラフ
や人物クロッキーに挑戦するそうです。知らなかった素材や技法を体験し、自らのアートの幅を広げようと
する試みです。仕上がったものは会場に追加展示するそうです。行く度に新しい発見のある個展です。
お近くの方是非お出掛け下さい。そしてあなたもワークショップに参加してみませんか?