アートスタジオ五日市版画展 2018


展覧会が終了してから大分時間が経ってしまいましたが、「アートスタジオ五日市版画展 2018」の作品
紹介をさせていただきます。とても素敵な作品の数々だったので、遠いけれど行って良かったです。

今回、観に行くことになったきっかけを作って下さった森島花さんの作品からです。


僅か3か月の滞在期間によくこれだけの作品を作ったなぁと感心する位多くの作品が並んでしました。
しかも作品の1点1点が染物のように本当に美しい色だったので、1枚外して頂いてきたかった程です。

和紙の形も綺麗に揃っていないところが自然な感じでいいですよね。

よく見ると絵を彫っていらっしゃったり立体への思いが出てつい作ってしまったという和紙で作った手の
ひらもありました。遊び心があって楽しいですね。

次にご紹介するのは、守屋佑香さんの作品です。
守屋さんの作品は一見森島さんの作品の雰囲気に似ているかなぁと思いましたが、色に自然の草木から
取った色素を使っていらっしゃいます。小さく見える丸いポツポツもご自身で彫られたそうです。

和紙に調和した日本風の作品です。着物の柄にいいかも。

この作品好きです。


最後にご紹介するのはポーランドからの参加者アダム・ソロチンスキーさんの作品です。先のお2人の作品
とはガラッと雰囲気が変わりますが、日本とポーランドを意識し、両方を融合させたような作品でした。

はっぴやお面等日本的な物を取り入れつつポーランドの伝統的な衣装も取り入れていらっしゃるそうです。

 

こちらは木の皮をはいで直接色を塗って紙に押したそうです。木の外側からでは見えない虫の跡などが
面白い柄を作っています。ちょっとだけ金箔もあしらっています。

こちらはまた雰囲気の違うちょっと不思議な作品です。人間が木になってしまったように感じました。


また、アダムさんは滞在中にこんな冊子を作っていらっしゃいまいした。
左右に日本とポーランドを比較するような版画が見られ楽しい作品でした。

皆さんの作品楽しんでいただけましたか?
展示されていた作品の中から3点づつが選ばれて市に収蔵され、折々に市内各所で展示されるそうです。
とてもいい企画ですね。あきる野市やるなぁ。今後も沢山の方に観ていただけるといいですね。

最後に、会場の入り口に張り出されていた作品をご紹介します。ワークショップで作成した地元の小学生と
3名のアーティストさん達の共同作品です。

とっても可愛いモンスターたちでした。

 

以下は、前回までの記事です。

東京都あきる野市で開催中の「アートスタジオ五日市版画展」、行って来ました。
東京都と言ってもかなり田舎です。
バス停から撮った武蔵五日市駅です。立派な駅でした。周りは山に囲まれていました。

以前に「ちょっとブレイク」でご紹介した檜原村の方に向かうバスで7分。戸倉で降りて徒歩7分で到着。
こちらがアートスタジオ五日市↓、展示は右下の泊まれる学校「戸倉しろやまテラス」の3階展示室です。

展示室に入って作品を観ていると、長身の外国人男性が現れて流暢な日本語と笑顔で話しかけてきました。
「あ~この方がアダムさんね」と思って、「森島さんいらっしゃいますか?」とお聞きすると廊下に出て「モリ
シマ~」と呼んでいます。苗字で呼んでる、と変な事に関心していると、森島さんが笑顔で現れました。
お会いしたのは初めてでしたが、写真通りの可愛い方でした。

ご自身の作品、他の方の作品も丁寧に説明して下さいました。展示室に入ってすぐの壁に展示されていた
森島さんの作品です。ご自身で漉いた和紙に木版で何重にも色を重ねていったそうです。写真では本来の
色が出ていなくて残念なのですが、とても柔らかい美しい色でした。ちぎれているように見える和紙も
漉いているうちにこんな形になったそうです。


森島さんの作品はまだまだ他にもありますが、今回は会場の雰囲気だけご紹介。後日、他の方の作品も合わ
せてご紹介しますが、まだ会期中ですので、今度の3連休に是非皆さんにも足を運んでいただきたいです。

お客様も次々と入っていらっしゃいました。本当に素晴らしい作品の数々なので絶対後悔はさせませんよ。

会場に行くとこんな素敵なカードがもらえます。

アダムさんがデザインした3人のイニシャルを使ったシールもいただきました。


そして、近くの素敵なカフェ「POUND」さんも教えて下さいました。

古民家をリノベーションしたカフェは緑がいっぱいの居心地のいいお店でした。

トマトの入ったパウンドケーキをいただいて、バスの時間調整をしました。
カフェを出て薄暗くなったバス停に座ってバスを待っていると「こんにちは」と声を掛けられました。
バス停で柚子を売っていたおばさんです。撤収するためにいらっしゃったのですが、「柚子持ってく?」
と2個下さいました。帰宅してレモネードならぬ柚子ネードを作って美味しくいただきました。
おばさんありがとうございました。あきる野市暖かいです。

帰りのバスはハイキング帰りの人たちでいっぱいでした。とてもいい所です。
展覧会は11月26日まで開催中です。展示会場は宿泊も出来ますので、是非お出掛け下さいませ。

 

以下は、前回の記事です。

11月17日(土)~26日(月)に東京都あきる野市の戸倉しろやまテラス3階第二展示室で若手アーティスト3名
による版画展が開催されます。
昨年、川越で開催された「蔵と現代美術展」で実行委員をされつつ作品も参加されていた森島花さんが参加
しています。(下の画像をクリックすると大きな画像を見ることが出来ます。)


会場となる戸倉しろやまテラス(秋川渓谷戸倉体験研修センター)は廃校となった小学校を利用した地域と
都市間交流を目的とし「体験」「宿泊」「飲食」「展示」の4つの機能を備えた滞在型観光施設泊まれる学校だそう
です。ここであきる野市の事業として「アーティスト・イン・レジデンス」が行われています。

森島さんの過去の作品をちょっとだけご紹介しますね。とても美しいです。

今回はご本人にとって久々の平面作品なんだそうです。ご本人が漉いた和紙に木版で刷っているそうです。
柔らかな色合いを見ると立体作品でも感じたふんわりとした雰囲気に気持ちが安らぎます。


下記は、上から森島さん、アダム・ソロチンスキーさん、守屋佑香さんの作品だそうです。アダムさんは
ポーランドからいらしているそうですが、何となく日本的な雰囲気が感じられる作品ですね。


3名のアーティストの方達が交流の為、地元の小学校を訪ねた時の様子が校長先生のブログで紹介されて
います。子供達にとっても素敵な出会いとなった事と思います。
あきる野市は都心からはちょっと離れていて行きにくいかもしれませんが、晩秋の1日、観光やハイキング
も兼ねて是非お出掛け下さいませ。