魔女 御堂筋を歩く 3


今回が最終回となる「魔女 御堂筋を歩く 3」では、御堂筋の歴史に焦点をあててみました。
「御堂筋」とは北御堂(本願寺津村別院)と南御堂(真宗大谷派難波別院)が沿道にあることに由来する
そうです。この両御堂もそぞろ歩きアート展に参加されています。まさに御堂筋そのものを象徴した
展覧会だったんですね。
かの松尾芭蕉の終焉の地とされているのが南御堂だということはご存知でしたでしょうか?
実際に亡くなられた場所は現在の御堂筋の車線上だったとのことです。
南御堂には「旅に病で夢は枯野をかけまはる」という句碑が建てられていました。

南御堂の作品は既にご紹介しましたので、今回は18.北御堂の作品を...

 

次にご紹介するのは日本最古の木造園舎で現役の幼稚園(現在は耐震工事中)「愛珠幼稚園」です。

国の重要文化財にも指定されている校舎です。
魔女メグさん「ここで授業を受けたい」と何度もおっしゃっていましたよ。
今頃は魔法学校となっているかも...

続いては、15.御霊(ごりょう)神社の作品を...
私も魔女メグさんも「みたまじんじゃ」かと思っていました。ちょっと恥ずかしい...
右側の鳥居の様に見えるのが作品です。さびの色がとてもきれいに出ていました。

御堂筋のビルに戻って16.損保ジャパン日本興亜大阪ビルの作品です。

17.銀泉備後町ビルの作品です。

 

19.御堂筋安土町ビルの作品です。何気に御堂筋という標識を入れてみました。

20.御堂ビル、21.本町ガーデンシティです。左の作品、画材に鉛筆と書いてありました。思わず目が点になり
ました。ここまで塗りつぶすのに一体どのぐらいの時間を費やしたのでしょう?
そして右の作品に偶然に写りこんだ方、色合いと立ち位置がぴったりはまってます。

ここで御堂筋の歴史をまたひとつご紹介。天然痘治療に貢献し、日本の近代医学の祖と言われる医師であり
蘭学者である緒方洪庵の「適塾」です。この適塾は福澤諭吉を輩出したことでも有名です。
参観料は260円、中を見る事が可能です。細くて急な階段を登っていくと塾生が寝泊まりした20畳ほどの
部屋がありました。その部屋の柱には日本刀で付けた傷が無数にありました。血気盛んな若者達が付けた
傷跡だそうです。ちょっと親しみが持てました。こんな建物がビルの狭間に残っているんですね。

そして、御堂筋の彫刻もご紹介。朝倉響子、ヘンリー・ムーア、リン・チャドウィックです。

御堂筋そぞろ歩きアート展の作品もそろそろ終盤です。23.難波神社を覗いてみましょう。

続いて24.銀泉心斎橋ビルです。右の作品、よ~く見ると何人かの人が隠れています。分かりますか?

最後は25.りそな銀行船場支店、外からの鑑賞です。正面のCartier(カルチェ)のビルが写ってしまいました。

以上で、そぞろ歩きアート展の作品紹介も終了です。御堂筋のビルを見て歩くだけでも楽しいと魔女メグ
さんはおっしゃっていました。作品を楽しませて下さった作家さん達、企画運営して下さった実行委員の
皆さん、ボランティアの方々、本当にありがとうございました。また是非来年も開催していただきたいと
切に願います。

御堂筋を離れる前に楽しいショーウィンドーを見つけたので、皆さんにもご紹介します。

 

魔女は御堂筋にも居ました。さて..と魔女メグさんは次はあなたの街に現れるかも...ですよ

「魔女 御堂筋を歩く」「魔女 御堂筋を歩く 2」もご覧下さいね。