大地の芸術祭 その4


大地の芸術祭、最終回は越後杉で建てられた美術館からです。
築100年の古民家ではアートホテルと称して集落のお母さん達のつくる晩ごはんをいただきながら、
作品とともに静かな夜を過ごすことが出来るんですって。とっても魅力的です。

入口を入った土間ではなく板の間にも作品が展示されていました。

畳の間では古布を使って作る草鞋のワークショップが行われていました。

二階に登る階段の下ではお餅のような物を捏ねています。これは「あんぼ」と言って主に新潟県中越地方
や長野県北部地方で作られる伝統食なんだそうです。皮の材料は米粉です。中には小豆あん、大根菜、
よもぎ、ピーナツ味噌などを入れて作るそうです。美味しそうですね。


二階に展示されていた作品です。

ちょっと不思議な空間でした。

美術館を出て、のどかな風景の中を次の目的に向けて走ります。

よく見るとカラフルな案山子が立っています。これも作品「かかしプロジェクト」です。

人気スポットへ向かうと遂にトンネルの中で渋滞。トンネルの出口を飾る蔦(?)が見事です。
渋滞しているのをいいことに車から降りて撮影してしまいました。

トンネルを出てノロノロ走ると駐車場の入り口です。満車の為、出ていく車を待ちます。

車を止めて向かったのは全長750mの清津峡渓谷トンネルです。所要時間は約1時間。
2018年4月にリニューアルオープンしたそうです。

第一見晴所からの景色です。右下の丸い建物はトイレです。後から知りましたが、中なら外の景色が見えるんですって、入っておけば良かった。

この岩肌は「柱状節理」と言うそうです。パンフレットには「岩体冷却の際体積収縮によって冷却面に垂直に
六角柱状の節理が生じたものです」と難しい事が書いてありました。要はマグマが冷却固結する際に収縮し
て生まれる岩の割れ目の事らしいです。

トンネルの天井も作品です。

青いライトに照らされヒンヤリとした風が入ってきました。そろそろ終点です。

そして、現れたのはとても美しい景色です。トンネルの最後に薄く水が張られていて外の雄大な景色が
映り込んでいます。人の姿がシルエットになって息を呑むほどの美しさでした。


トンネルを出てからお土産物屋さんで食べたお焼きとソフトクリームがとっても美味しかったのですが、
お腹が空いていて写真を撮るのをすっかり忘れました。

次、行きましょう。

こちらも廃校を利用した倉庫美術館です。

かつての体育館へ向かう階段です。

信濃川 水の路プロジェクトは、透明なビニールホースの中に水を流して水の路を作っていました。

こちらはパラシュートかな?

体育館だけに大きな作品が似合います。


こちらはカフェです。壁には楽しい絵が飾られていました。

猫林さんは人参ジュースとケーキを、

筆者はチュロスとコーヒーを、黄色いスイカはサービスです。魔女メグさんは食べずにひたすら描きます
(さすが)。魔女メグさんの右頬に何かついています。

アンケートに答えてもらった大地の芸術祭ステッカーです。魔女メグさん、ステッカーを貼ったことを
すっかり忘れて、トイレに行った時に気付いて取っていましたが、いい広告塔になっていましたよ。

ここで偶然に出会った猫林さんのご友人のお子さんを追いかけて描きます。仕事中のスタッフのお姉さんも
描きます。

出来あがったページはこちら。いい絵でしょ?


倉庫美術館を出て、今回の旅は終了です。新幹線の出発時間までちょっとあったので、Gallery沙蔵の
松本さんに会いに長岡に向かって車を走らせました。


大地の芸術祭は350点も作品があるそうです。2日間だけではほんの一部しかご紹介することが出来ません
でしたが、雰囲気だけでも感じていただけたら幸いです。9月17日まで開催中です。

「大地の芸術祭 その1」はこちら
「大地の芸術祭 その2」はこちら
「大地の芸術祭 その3」はこちら