大地の芸術祭 その3


大地の芸術祭、2日目となりました。朝食を食べ、三省ハウスをチェックアウトして出発です。

可愛い車止めの先にあるのは、美人林。その名の通りとても美しい林です。


美人林と魔女の図です。さらっと流して下さいね。あっ野菜の直売所を発見!

野菜の他にも手作りの草鞋やお手玉などが販売されていました。

安い安いと魔女メグさんと猫林さんは大量に買い込んでいました。筆者も買いたかったのですが、荷物が
重くなるので、軽い物を選んでこれだけ買いました。
こんな綺麗なオクラは買った事がないと感動し、オクラ3袋とドクダミとキハダで500円でした。


さて、次に進みます。車で走っていて気になったものがこれ。何だか分かりますか?
雪崩対策用の予防柵なんですって。

さすが雪国。道路の脇にはスリップ防止用の砂箱が置いてありました。
東京で暮らしている筆者にはとても珍しい光景でした。


さて、作品に戻ります。
ここは2011年3月12日、長野県中部地震で起きた土石流跡に作られた*セル型の砂防ダムです。

*セル型の説明が出来ないので、興味のある方はこちらをご覧下さい。

ここに2015年磯辺行久さんによって作られた「土石流のモニュメント」があります。
土石流の痕跡を高さ3メートルの黄色いポール230本で視覚的に表現した作品です。
下記の画像は大地の芸術祭参加の倉庫美術館に展示されていた画像です。
このポールは先端にLEDが付けられ50人程のボランティアの方達によって立てられたそうです。


1本1本には立てた人の屋号が書いてあるそうです。近くに行くとホントだ、書いてありました。

この話は駐車場に打ち水をしていたボランティアの方が教えてくださいました。
麦わら帽子の後ろにバンダナを下げた姿に惹かれ、思わず話しかける猫林さんです。

ついでに津南の天然水も宣伝されて早速購入です。


今年の作品はこちら。同じく磯辺行久氏の「サイフォン導入のモニュメント」です。

地下を流れる水路に沿って設置されたモニュメントです。ライトアップもされているそうです。

展望台から作品を眺めます。先程のボランティアガイドさんが説明してくださいました。
このガイドさんはジオパークでもガイドをしていらっしゃるそうです。№8で登録しているそうなので、
ジオパークに行かれる事があったら是非8番をご指名下さいね。

続いて訪れたのは廃校となった「東川小学校」を利用し、2006年に恒久保存となったクリスチャン・
ボルタンスキー氏とジャン・カルマン氏の共同作品「最後の教室」です。
駐車場に車を止めると心臓の鼓動のようなドックンドックンという音が聞こえてきました。

中に入ると真っ暗。かなり広い部屋(体育館かな?)の中には草の香りが漂っています。

目が慣れてくると天井から吊るされた裸電球と何十もの扇風機が置かれているのが見えます。
お化け屋敷のような廊下を歩いて行きます。

ここは音楽室です。音楽室と聞いたら歌わずにはいられない魔女メグさん。「私、下歌える。ふたりは上
歌って」と歌った歌は何故か「は~るの~うら~ら~の~す~み~だ~が~わ~」の二部合唱。何で?

誰もいないと思っていたら隣の部屋にいっぱい人がいました。「作品かと思った」なんて優しいことを言って
下さる方もいらっしゃいましたが、恥ずかしかった...

隣の部屋は人がいなくなった病院のベッドが並んだ様な雰囲気。
蛍光灯の光でかつてこの地・この学校にいた「人々の存在」を象徴しているのだそうです。


また、心臓のような音が鳴り響く部屋(録音した本当の心臓の音でした)にはかなり重い空気が漂って
いました。クリスチャン・ボルタンスキーは一貫して名もなき人びとの「生」と「死」をテーマとしてきた
そうです。

こちらは今年の新作。影絵の幽霊です。

猫林さんの幽霊です。こっちの方が怖かったかも...


現在、「最後の教室」を管理されているのは、この小学校の卒業生です。学校の歴史について語って下さい
ました。

1948年がピークだったようです。1997年にはわずか11名になってしまったんですね。

ちょっとだけ重い空気を背負いましたが、次に進みます。

再び車に乗って走って行くと気になる建物が目に留まります。越後杉で作られた家です。

東京では古民家でも見かけない作りです。新潟の伝統的な建築なんですね。

次回「大地の芸術祭 その4」はこの越後杉で建築された美術館からご紹介致します。お楽しみに...。

「大地の芸術祭 その1」はこちら
「大地の芸術祭 その2」はこちら