あんカフェ・オープンアトリエ 7月


【7月15日】

10回目のあんカフェ・オープンアトリエ、今回もえいいちさんのレポートです。

この日は、朝から典型的な夏空です。青い空に浮かぶ夏雲、その下に六甲山の樹木の緑がさらに濃く映えて
見事です。が、照り注ぐ陽光に、北野坂を上がる足取りは止まりがちです。
しかし休むわけにはいきません。(本日から魔女メグさんは、長岡に滞在するためしばらくお休みです)

さてこの日は訳あって、K.M.さんの第2回ペンスケッチ教室は、午後1時に開始しました。

お昼過ぎに、オーナーのしのぶさんと奈良に住むお母さまが来られました。
私のポストカードやら、スケッチブックを見ていただいた後、K.M.さんの教室風景を参観していただき
ました。
テーマは、前回線描を行った野菜の色塗りです。
あっというまの2時間でした。

左は彩色するK.M.さんと参観するしのぶさん、お母様です。ペンスケッチの色塗りって興味深いですね。
右はK.M.さんの作品です。
人参らしさが良く出ています。もっともっと色んなものを描いてみたくなるでしょうね。

魔女メグさんは不在でしたが、えいいちさんがしっかりアトリエを守って下さっていますね。
えいいちさんありがとうございました。

【7月8日】

9回目のあんカフェ・オープンアトリエ、えいいちさんのレポートです。

午前中、K.M.さんの線スケッチ教室。(きゅうり、にんじん、ぱぷりかの線描です。)
先週は、お試しですが、今回から正式の受講です。
K.M.さんは初日としては難度の高いターゲットを頑張って仕上げられました。

一方、しのぶさんも土曜日に行われる予約の会の食事の下ごしらえのために来られました。
午前中は、別部屋で魔女メグさんとおしゃべりしながらのじゃばらスケッチです。

写真は、午後K,Mさんの授業中に描いたにんじんの線描を彩色中の私、あとの2枚は本日の作品です。

 

魔女メグさんは、はじめは北野の野外スケッチをされましたが、あまりの蒸し暑さに耐えきれず、
あんカフェアトリエに戻って、室内スケッチに切り替えました。雑誌のお相撲さんの記事に触発されて、
じゃばらスケッチにはじめてお相撲さん の人物スケッチされました。
出来上がった絵は背景に北野の風景、人物が相撲取りでなんとも不思議なシュールな感じの絵に仕上がり
ました。新しい試みの成果です。

しのぶさんは、野菜などの料理素材の線描です。

あんカフェ・オープンアトリエでは毎週色々な工夫をされているようですね。マンツーマンのペンスケッチ教室もかなり魅力的です。えいいちさん今週もありがとうございました。

【7月1日】

早くも7月、あんカフェ・オープンアトリエも8回を迎えました。今日は、先週えいいいちさんのレポート
にもあった通りK.M.さんを迎えての「ペンスケッチ教室」が行われました。指導中のえいいちさんです。
教室らしくなってきましたね。

 

そして、傍らでは魔女メグさんが描きます。
写真に写った実際の花より魔女メグさんが描いた花の方が瑞々しく見えますね。これも魔法かしら?

 

今朝の神戸は土砂降りの雨だったそうです。お昼までには雨も上がったそうですが、雨の音を聞きながら
絵を描くのもいいですよね。
7月最初の「あんカフェ・オープンアトリエ」も充実した1日になったようです。
6月までの様子はこちらでご覧いただけます。

さて今夜もえいいちさんからのレポートが届きましたよ。

午前中は、K.M。さんのペンスケッチ教室お試しを行いました。
(来週以降も継続希望となりました。)

午後は、神戸の歴史を学びながらハイキングする会(正式の名前を以前聞いたのですが忘れました)の世話人(?)のKさんが来訪。「INAKA 倶楽部」の事ですね。

7月と8月の予定のハイキングを紹介していただけました。

 

特に、8月のテーマは、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」の中に描かれた戦前の神戸の図と昔の写真との
対比させたプレゼンテーション資料をもとに説明していただきました。

知る人ぞ知るといった神戸の歴史エピソードを話していただきました。
中でも、初代神戸市長の伊藤博文が、外国人が神戸を通る道を優先し、大名の参勤交代のう回路を
六甲山側に作ったというエピソードをおしえていただきました。
普通なら、大名の参勤交代路が神戸を通り、う回路は外国人用にするはずなのに、伊藤博文の考え方は
逆の発想だったことがすごいというお話です。

また神戸市内のビルの屋上の家庭菜園で作られたミント、キュウリ、トマトの差し入れをしていただきました。魔女メグさんがさっそく、ミントティーときゅうりの塩もみを作っておいしくいただきました。

わっいいですねぇ。旬の食材、羨ましいです。そして、下の絵は今日の作品です。


えいいちさんありがとうございました。