大地の芸術祭 その2


さて、「里山アートどうぶつ園」を出て歩いていると、気になる建物が現れました。
「ベリーハウス」、冷たい物が食べられそうな予感です。暑い中お仕事ご苦労様です↓...人形でした。

早速いただきました。ブルーベリーアイスクリーム!すっごく美味しい!
誰かひとりストロベリーにすべきでした。両方食べられたのに、残念!
お店の方に「今日はアイスクリーム日和ですね」と言ったら「毎日、アイスクリーム日和よ」と言われました。
確かに...とても新潟にいるとは思えない連日の暑さです。

涼しいお店の中でついつい長居してしまいそうでしたが、次のお客様の為に席を開けて再び作品巡りです。
こちらも作品。トルコの方の作品「カードリフターズ」です。どうやって車を支えているんでしょうね?


車は山の方に向かいます。
ここまで来たら棚田を見なくちゃということで2か所見ました。

蒲生の棚田と星峠の棚田です。


どちらも美しいですね。黄金色になった時や水が張られている頃も見てみたいです。

作品に戻ります。小澤さよ子さんの作品で「私たちはそれを、ありありと憶い浮かべることが
できる」ちょっと分かりずらいのですが、内側に描かれた絵と外の景色が一体になった作品です。

こちらは外側から撮った写真と、部屋の中の1本の木と魔女の図。

興味深々、触らずにはいられません。


山の中に咲く夏の花と夕顔の実。地元の方は「ゆうごう」と言っているようです。かんぴょうになります。

続いて訪れたのは「奴奈川キャンパス」(旧奴奈川小学校)。
鞍掛純一さんと日本大学芸術学部彫刻コース有志の皆さんの作品「大地のおくりもの」です。

壁に張られた板を掘って森を作っています。写真の映りが悪くてごめんなさい。


山や森の風景に動物たちが隠れていてとても素敵な作品でした。魔女メグさんのお気に入りです。

階段や廊下に吊るされたモビールも素敵でした。

こちらはとても楽しい作品「南極ビエンナーレ ー フラム号2」。アレクサンドル・ポノマリョフ氏の企画で
未来の生活を想像させる空間です。
「フラム号」は探検家ナンセンが北極遠征に使用し、その後アムンセンによる南極探検にも使われた船名で
す。「前進」の意味を持つそうです。


船の中で生活する人たち。

陸地の模型もとっても凝っていて楽しい作品でした。

ターニャ・バダニナさんの作品「空への階段(おぼろげな記憶)」。
すりガラスの向こうに見える理科の実験道具のような物の影。ターニャさんによれば「白」は、追悼、死の
浄化、魂の解放を表現しているそうです。何となく分かるような気がしました。

空に挙げる無数の凧。

使い古されたライト。こんなものも作品になってしまいます。

この日最後の作品は日帰り温泉近くにあったフランシスコ・インファンテ氏の「視点」。
夕日で逆光となりましたが、作品の真正面に三脚がセットされていて、せっかくですから記念撮影して
きました。正方形が無数に吊られたスクリーンを透かして風景を見ることで、自然と人工物がつくり出す
情景を体感できると案内に書いてありました。

夕方になりました。宿に行く前に日帰りのまつだい芝峠温泉「雲海」に行って来ました。
写真を撮ることが出来ずとても残念なのですが、露天風呂からは山々を一望でき、この日は雲は出ていま
せんでしたが、雲海を見下ろすことが出来るんだそうです。日帰り温泉は600円。行く価値ありです!

温泉を出て向かったのは廃校となった小学校を利用した宿「三省(さンしょう)ハウス」です。

いかにも校舎って感じでしょう?

下駄箱に靴を入れるんです。楽しい!

ここが受付。受付の若いお兄さん英語ペラペラでした。外国人の方も多く泊まっていらっしゃいます。

泊まった部屋は「01やまぼうし」の間。教室です。2段ベッドがぎっしり。女性専用のお部屋です。

この建物も大地の芸術祭の会場になっていて、階段や廊下に作品が飾られていました。

談話室には絨毯が敷かれ、低いテーブル(昔懐かしいちゃぶ台のような)が置かれていました。

女性用のシャワールームにトイレ。

こちらも陶芸の作品。学校ですから体育館もあります。

どこかの国の子どもたちが合宿していました。


そして、食堂です。

1泊2食付き6,000円。デザートのスイカ付き。別料金でお酒やジュースも飲めますが、ここの水が美味し
くて、水ばかり飲んでいました。こんなに水を飲んだのは初めてかもしれません。


翌朝、朝食前に食堂の外のテラスでスケッチです。左が魔女メグさん、右が筆者です。
どちらを見ても木に囲まれていました。森の中、朝の新鮮な空気の中でのスケッチは最高です。

そして、朝食はテラスでいただきました。三省ハウス、満足の宿でした。

「大地の芸術祭 その3」はこちら
「大地の芸術祭 その1」はこちら