大地の芸術祭 その1


2018年8月4日(土) 朝7時49分長岡着の新幹線で新潟に向かいました。
お天気は快晴、新潟とは思えない猛暑日になろうかと思われる朝です。猫林さんの運転で十日町に向かい
ます。右下の写真ちょっと分かりずらいのですが、道路が濡れているのが分かりますか?
冬場は雪を溶かすために中央分離帯から噴水のように出ている水が打ち水になっています。

車窓からは本当に美しい日本の田園風景が広がります。今年の猛暑でお米の出来がちょっと心配ですが、
都会では見られない何処までも続く緑の絨毯に目を奪われます。

作品を観て回る前に「パスポート」を購入します。同系色で印刷されているので見ずらいと思いますが、
「ECHIGO-TSUMARI ART TRIENNALE 2018 PASSPORT」と記載されています。
1冊3,500円で、有料の施設を含む全ての作品が鑑賞出来ます。イベント割引などの特典も付いてます。


中を開けるとスタンプラリーの台紙になっています。地区ごとに色んな野菜のスタンプが...

それでは、最初の目的地「光の館」から観ていきましょう。

光の館はアメリカ人の建築家ジェームズ・タレル氏の作品です。
文豪 谷崎潤一郎の『陰翳礼讃(いんえいらいさん)』の中の「われわれが既に失いつつある陰翳の世界
という言葉がモチーフとなり、外の光と室内の光を関係づけ、光の中で生活できる空間として実現させた
そうです。(光の館ホームページより) この施設は実際に宿泊することが可能です。

広い和室の天井の真ん中にぽっかり穴が開いています。車のサンルーフのように電動で開け閉め出来ます。
皆が天井を見上げて横たわると係の方が天井を閉めて下さいます。
ゆっくりゆっくり閉じていく空。夜は満天の星空を眺める事が出来ます。但し雨の日は開閉禁止です。

緑に囲まれてとても素敵な建物です。

今年、全てのライトがLED化されたそうです。キッチンもオール電化でした。

お風呂では湯船に映し出された外の景色がとても美しかったです。

光の館を出て歩いて行くと見えてきたこの白いバス停のような建物も作品なんだそうです。

中に座って見た景色が素晴らしいんだとか(景色撮り忘れました)。駐車場に戻るとここにも作品が...

インドネシアの方の作品「昆虫」です。看板にペットボトルがぶら下がっているのが見えますか?
この中にスタンプがぶら下がっていて、先程の台紙にスタンプを押すようになっています。

右下の鳥男、さらに下のウサギ、神殿、ロバは4つの物語の登場人物を表していてユーモアと共に、痛烈な
社会批判をはらんでいるそうです。
題名は「レイチェル・カーソンに捧ぐ~4つの小さな物語」日本人作家 藤原 吉志子さんの作品です。

レイチェル・カーソンの事を知りたい方は左下の画像をクリックして下さい。

ウサギの足元にも環境汚染を訴えるメッセージが...

こちらの作品はモンゴルの作家さんの作品。なんだか大草原の小さな家に出て来そうと、ローラになりきる
魔女メグさん。


さて、ここからはとにかく楽しい「里山アートどうぶつ園」、右下の作品、筆者以外は気付かなかった作品
です。癒されるでしょう?

右下の動物、人の大きさと比べると大きさが分かります。

マンモスみたいな動物に頭を地面に突っ込んでいる「きつねのダイブ」。

下の作品はなんとも楽しい豚さん達。


豚の「サーカス」岡山富男さんの作品です。

1匹1匹の姿が人間のようで楽しかったです。

下の不思議な建物?は、「越後妻有レインボーハット2018」 、自然素材で作ったハット(シェルター)の中で
水と鏡のプリズムで虹をつくり、「踊る空間」を作っているんだそうです。

中に入ると天井の隙間から漏れる光が木漏れ日のようで素敵です。

作り出されたプリズムの虹色の光がカメラには上手く収められませんでした。美しかったのに残念。


下の作品は茂みの中にあるからこそ映える作品ではないでしょうか?
現代美術は展示する場所に大きく影響されるように思います。ギャラリーや美術館など室内に置いたら
つまらない作品になってしまいそうな作品も多く見られます。
残念ながら写真にしてしまうと魅力が半減してしまうのも事実です。
このホームページでは作品のご紹介を軽くさせていただきますが、是非現地に行ってご自分の目で作品を
見ていただきたいと思います。
実際に観ていただくと言葉や画像では説明出来ない大きな発見があることと思います。


歩いて行くと、ちょっと素敵な出会いがありました。鳥取から来ていた翔太郎さんと友香さんです。
大地の芸術祭を盛り上げる為にどうぶつ園の周りに旗を立てていらっしゃいました。
実は設置が完了し、鳥取に戻った翌日台風で壊れたと連絡が入ったそうです。再び新潟に戻り旗を修復中。
作品ではないけれど公式ガイドブックの中にちょっとだけ出ているんだと翔太郎さんが教えて下さいまし
た。

修復中のお2人の邪魔をして、描く魔女メグさん。「旗を立てるの手伝って下さいね~」と言われ「は~い」
と明るく応える魔女メグさん。

手伝っているのは何故か猫林さんでした...。

台風で倒れないように自転車のゴムチューブでしっかり結びます。

バーリー建築さんの旗は作品の邪魔をしないように、周りの景色に溶け込むように色を考えて作成して
いらっしゃるんだそうです。里山に吹く心地よい風の力で旗は力強くたなびいていました。
こういった陰で活動されている方達の力で「大地の芸術祭」は成り立っているんですね。
翔太郎さん友香さん、お疲れ様でした。この記事を見て下さっていたら嬉しいです。

「大地の芸術祭 その1」はここまで。その2に続きます。