各地の美術館へGO!


各地で素敵な展覧会が開催中です。
筆者の独断と偏見で選んだ展覧会をご紹介致します。

【北海道】

北海道立近代美術館 「カラヴァッジョ展」~10月14日(月)
17世紀バロック絵画の開拓者カラヴァッジョは激しい気性により周囲との争いや暴力沙が絶えず、殺人
まで犯してしまいますが、罪を逃れて流浪する晩年にも数々の傑作を生み出しました。38歳で生涯を終え
たカラヴァッジョが人生をかけて描き出した作品の数々は観るものを圧倒します。

【新潟】

新潟市美術館「きたれ、バウハウス ーアート/デザインの原点ー」~9月23日(月)
1919年に開校したドイツの造形芸術学校「バウハウス」。クレーやカンディンスキー等が教師となり、
日本を含む世界中から学生が集まりました。その設立100年を記念し、当時の教えと学びの実践に迫る
本展は必見です!

【東京】

国立西洋美術館 「松方コレクション展」~9月23日(月)
神戸の川崎造船所(現・川崎重工業)の初代社長 松方幸次郎が、1910~20年代にヨーロッパ各地で蒐集した
美術品のコレクションを保管展示するための美術館として1959年に国立西洋美術館が設立されました。
2016年にパリ・ルーヴル美術館で発見され、国立西洋美術館に寄贈されたことで大きな話題となったモネ《睡蓮、柳の反映》が現存部分の修復を経て、初めて公開されます。

【愛知】

碧南市藤井達吉現代美術館「彫刻とデッサン展 空間に線を引く」~9月23日(月)NEWS!
べべぽぽさんからの情報です。
同僚に招待券をもらって観に行ってきました。安城の隣市です。
小さい美術館ですが、時々興味深い企画展をやります。
何人かの彫刻家の作品とデッサンの展示。古典的なものから現代ものまで。具象から抽象まで。
有名どころは船越桂や三沢厚彦。
船越桂のお父さんやお兄さんの作品もありました。作家だとは知らなかったけど...�
その他 故人から最近の若手作家もありました。
個人的には受験のためでない、自分のためのデッサンをもっとしたくなるなぁ…と思える展覧会でした。
画家のデッサンとは違う彫刻家デッサン、ドローイングを観られますよ〜

 

 

愛知県美術館他「あいちトリエンナーレ 2019」 ~10月14日(月)
今年4回目を迎える「あいちトリエンナーレ」は2010年から3年ごとに開催されている国内最大規模の現代
美術の芸術祭です。国内外から80組のアーティストを迎えているそうです。

【大阪】

大阪市立東洋陶磁美術館 「マリメッコ・スピリッツ フィンランド・ミーツ・ジャパン」~10月14日(月)
フィンランドで有名なテキスタイル・ブランド「マリメッコ」で現在活躍する3名のデザイナーが「JAPAN」を
テーマとして制作した新作パターンと、制作過程をご覧になることができます。また、東洋陶磁美術館は
魔女メグさんお勧めの美術館で、常設展が特にいいそうです。美術館にいらしたら是非、常設展もご覧くだ
さい。

【福岡】

三菱地所アルティアム「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」~10月6日(日)
タラブックスは、1994年に設立され、ギータ・ウォルフとV.ギータという二人のインド人女性が中心と
なって活動している南インド・チェンナイを拠点とする小さな出版社です。
美しいハンドメイドの絵本だけでなく画家、編集者、デザイナー、印刷職人らによるチームワークが生み
出す本は見応えたっぷりです。2017年より全国を巡回した最終会場となりますので、お見逃しなく。

週末は各地の美術館へGO!