各地の美術館へGO!


各地で素敵な展覧会が開催中です。
筆者の独断と偏見で選んだ展覧会をご紹介致します。

【北海道】

北海道立近代美術館 「深井克美展」2月5日(火) ~3月21日(木)
1978年、たった10年だけの画家生活の後30歳で飛び降り自殺した画家深井克美の生誕70年、没後40年の
回顧展です。その作品には引きずり込まれてしまいそうな不思議な魅力があります。
美しくもあり、また見方によっては恐ろしくもある作品を是非ご覧下さい。

【新潟】

新潟市美術館 「東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館収蔵 東郷青児展」
       1月12日(土)~3月24日(日)
独特な作風を持つ東郷青児の女性像は1900年代の作品でありながら今もなお新しさが感じられます。
絵画だけでなく書籍の装幀やパンフレット、洋菓子店の包装紙、エッセイや短編小説などの「言葉の仕事」
も併せて楽しめるようです。

【東京】

三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」~2月11日(月)
2018年に創立100周年を迎えたワシントンの私立美術館フィリップス・コレクションの作品75点が展示
されています。
近代美術を扱った美術館としてはニューヨークの近代美術館よりも早く、その作品は質が高いと有名です。
これ!という有名な作品はありませんが、観たことのない貴重な作品に出会えるかも。

【愛知】

大一美術館 「14回 ’18日本のガラス展」(愛知巡回展) ~5月19日(日)
3年に1度開催されている日本のガラス展は、最先端の技術で制作されたガラス作品の展覧会です。
全111点の個性豊かな作品を第1期から第4期の4回にわけて展示するそうです。

【大阪】

国立国際美術館 「クリスチャン・ボルタンスキー Lifetime」2月9日(土)~5月6日(月)
フランスを代表する現代美術のアーティスト、クリスチャン・ボルタンスキーの回顧展です。
クリスチャン・ボルタンスキーは昨年の夏、新潟で開催された大地の芸術祭の「最後の教室」でも有名
です。死や不在をテーマとした彼の作品は心に重く響きます。

【福岡】

北九州市立美術館 「ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ」 ~2月17(日)
敬虔なキリスト教徒ジョルジュ・ルオーは「受難」や「キリスト像」など、宗教を題材とした作品を数多く
制作しました。油彩画だけでなく水彩画、版画、資料を含む約140点を展覧しているそうです。

週末は各地の美術館へGO!