各地でスケッチ会


【12月8日】

長岡のGallery沙蔵の2階「カフェ茶蔵」で急遽行われたスケッチ会。
テーブルで絵を描いていた松本さんの息子さん「こうき君」の所に魔女メグさんと筆者が参入しました。


鉛筆なのでちょっと見えにくいのですが、「手の形をなぞってごらん」と魔女メグさん。「爪を描いたら本物
っぽくなるでしょう」本当だ!と感心。

魔女メグさんが描いたこうき君。筆者も小さく描いてみました。

この後こうき君は松本さんを描き始めます。実はこの時こうき君は松本さんに怒られていたのですが、
似顔絵があまりにもよく似ているので、松本さん怒れなくなってしまってこの表情。こうき君1本です。
描いた絵はスケッチブック展に展示されました。右端には魔女メグさんの似顔絵も描いたのですが見えない
かな?

お客様が少なめだったので、結構描きました。魔女メグさんにご指導いただくことも出来ましたが、いつも
同じことを言われて進歩がないなぁと反省のスケッチ会でした。

 

【12月2日】

東京でスケッチ会を開催しました。カフェのんさんはクリスマスの装い。今日も小さな参加者さんがいらっ
しゃいました。るいちゃんがお友達を誘ってくれたんです。今日はドアのガラスをクリスマスバージョンに
しようと集まってくれました。ガラスに描く前に練習です。

練習とは思えない、なかなか完成度の高い絵です。凄いな...と感心。


みんなでガラスのドアにクリスマスツリーを描いていきます。残念ながらお友達たちひとりを残して時間が
無くなってしまったので、続きはまたね。この先どうなっていくか楽しみです。

残ったるいちゃんとヒサキちゃんはyoshiko先生にキットパスで手形を取ってもらいます。色は子供たちが
選んだんですよ。

みんなでギューっと紙に押し付けます。ヒサキちゃんの手形ぷくっとしてて可愛い!と評判でした。

ふたりとも手形の取り方を覚えて自分たちでやってます。


最終的にこうなりました。楽しい絵が描けましたね。

その間、大人たちはどうしていたかと言うと、落ち葉をスケッチしていました。yoshikoさんは落ち葉の
ページを描き上げて蛇腹スケッチブック1冊完成。川崎展に出展します!筆者はまだ描きかけです。

子供達にはかなわないなぁという思いを強くした今年最後のスケッチ会でした。
そして最後のデザートは特製プリン。のんさんのプリン美味しいですよ~!

 

【10月21日】

神戸でみらくる部活をやっているちょうどその頃、東京でもスケッチ会を開催しました。いつものメンバー
yoshikoさん、るいちゃん、筆者に加えて今回はあみちゃん(3歳)が参加してくれました。
6歳のるいちゃんは最近反抗期を迎えたようで最初は「描かな~い」と言っていましたが、yoshikoさんの
魔法にかかって最後は皆で楽しくお絵描きしました。

yoshikoさんがどんな魔法をかけたのかと言うと...「キットパス」の魔法なんです。
キットパスは環境にやさしい固形マーカーで、見かけはクレパスのようですが、手に塗っても水でふき取る
ことが出来ます。画用紙は勿論、ホワイトボード、ガラス、プラスチックなどツルツルした平面に描いて
消すことが可能です。

yoshikoさんがお手本を見せます。手に塗ったキットパスを画用紙に押し付けて手型をとります。
あれ?ちょっと薄かったですね。


やり方は分かったので、最初は不安そうだったるいちゃんとあみちゃんも手型を取りました。
そして、周りに絵を描いていきます。

ピンクが大好きなあみちゃんは迷うことなく青い手型の周りをピンクで埋めていきます。
るいちゃんは考えている事があるようで、着実に形を作っていきます。

出来上がった絵はこちら。あみちゃんの大胆な絵は現代美術を観るようでした。るいちゃんも明るくて
楽しい絵が描けました...がこれで完成ではありません。

yoshikoさんに魔法の粉(ベビーパウダー)をかけてもらって、外で払えば手につかなくなるんです。

はい、完成です。カメラを向けると顔を隠すお茶目なあみちゃんでした。


さて、大人たちはどうしたかと言うとシフォンケーキを見ながら何故か木を描くyoshikoさんと、
ハロウィン用のカボチャを描く筆者です。

木の根元の自転車がいいですよね。筆者のカボチャはなんかまずそう。

yoshikoさんは蛇腹スケッチブックに描くのが楽しくて仕方ないって随分描いていらっしゃいました。
目標は12月の川崎展なんですって。このペースでいくともう1冊位かけそうです。


次回、東京のスケッチ会は12月2日(日)です。あみちゃんのお母様も参加したいっておっしゃっていました
のでメンバーが増えるかもしれません。楽しみです。

最後には入口のガラス扉にキットパスでハロウィン向けの絵を描きました。

 

【9月29日】

東京でのスケッチ会、yoshikoさん、るいちゃん、筆者の3名です。ひまりちゃんは運動会ですって。
ひとり離れたテーブルで描くるいちゃん。完成するまで見せてもらえませんでした。大人たちはオーナーがゆでてくれた美味しい枝豆をつまみながらのスケッチです。

るいちゃん、今回もカフェのんさんを描きます。この日はお店の前に池まで描きました。
発想が自由で羨ましいわ~。


yoshikoさんは人参ケーキとこの日のランチを。筆者はグラスに挑戦...難しいですね。

お喋りしながら、食べながら、東京のスケッチ会はお気楽です。
次回は10月21日(日)。13時からカフェのんさんで開催します。宜しければご参加を..

 

【8月25日】

東京で3回目のスケッチ会参加者は、yoshikoさん、るいちゃん、ひまりちゃんと筆者の4名です。
おばあちゃんと孫のスケッチ会みたいでした。

約束の13時にカフェのんさんに行くと、既にスケッチしている3人です。
るいちゃんとひまりちゃんは東京展課題のエプロンのデザインを、yoshikoさんはクッキーをスケッチ
していました。


この後、るいちゃんが描いてくれたのは東京展用の蛇腹スケッチブックです。
カフェのんさんの春夏秋冬を描いてくれたんです。とっても素敵なスケッチブックになりましたよ。
全部見たい方は是非東京展にお越し下さいね。

ひまりちゃんは、スマホの画像を見ながら美味しそうなジュースを描いてくれました。
この作品も東京展で展示させていただきます。

大人たちはやはり東京展向けに野菜と果物をスケッチしました。左がyoshikoさん。右が筆者です。

2時間ほどスケッチして解散しました。絵を描く事って年齢を問わず出来るから楽しいですね。

 

【8月15日】

魔女メグさんのもとにハワイから元留学生の愛子ちゃんが戻って来ました。
京都や奈良は暑いし混んでいるしということで六甲山に行くことにしたのですが、神戸はあいにくの雨。
かなり寒かったようです。

それでも六甲高山植物園には野の花が咲いています。草花には恵みの雨。ひっそりと咲く花たちは喜んで
いるのかも...なんだか愛おしいですね。

そして、こちらが愛子ちゃん。とってもキュートです。花を右側に付けたということは...彼氏募集中?

とても寒くて、カフェ「エーデルワイス」でブランケットを借りてくるまれながらスケッチしたそうです。


いい絵ですね。魔女メグさんにはやっぱり神戸が似合います。

 

【8月5日】

新潟で開催されている「大地の芸術祭」の帰り道、ちょっと時間があったので松本泰典さんのGallery沙蔵
寄ってみました。偶然にも人物デッサン会の真っ最中!


皆さん真剣に描いていらっしゃったのでお邪魔しては悪いと思い、松本さんが描いている姿だけ写真に
納めて来ました。本格的なデッサン会なのでちょっと入りずらい...と思われるかもしれませんが、
松本さんが親切に色々教えて下さるので、初心者の方でも安心。人物デッサン会は月1回開催されていま
す。是非、ご参加下さいませ。

 

【7月15日】

東京で2回目のスケッチ会は前回同様「カフェのん」さんで開催しました。今回も筆者とyoshikoさん2人の
予定でしたが、最終的には5名になりました。

書道でお馴染みのRYU君、かつては絵を描いていたそうですが、ある事がきっかけで絵筆を持つことが無く
なってしまったとのこと。お母様が15年位前に描いたスケッチブックを持って来て下さいました。
凄くいい絵でしょう。パンダの表情が最高!

絵を描かないなんて勿体ない。
是非描いてもらわなくちゃ...と「描いてみる?」と聞いてみると「描く」という嬉しい返事が返って
きました。ということで、RYU君とカフェのんさんの「るいちゃん」、そして筆者の3人で合作することに
しました。持って行った蛇腹スケッチブックが役に立ちました。「楽描き」です。


出来上がった作品はこちら。皆で描くのって楽しいですね。


この後は別々に描きました。
セラピストではないので、二人が何を思いながら描いたのかは分かりませんが、なんだかカッコイイです。
左がRYU君、右がるいちゃんです。10年以上も絵筆を持たなかったRYU君、今回は色で表現してくれまし
た。ちょっとずつ形が出てくるといいな。

るいちゃんは東京展のエプロンにも挑戦です。渋い色を使ってるなぁと思ったら「ママのエプロン」なんだ
そうです。


さて、大人たちはケイトウを描きました。左がyoshikoさん、右が筆者です。

皆で楽描きしていると、偶然にHimariさんのひまりちゃんがやって来ました。早速、ひまりちゃんも
巻き込みました。ひまりちゃんなだけにしっかりひまわりを描いてます。yoshikoさんにスイカを描いて
と言われてちゃんと描いたのに、「いちご?」と言われていました。ひどいですよね。ちゃんとスイカに
見えるのにねぇ。


東京でのスケッチ会は若さではどこにも負けないスケッチ会となりました。
今後、月に1回開催しましょうということになりました。

 

【5月27日 京都】

5月27日(日)は各地でスケッチ会が開催されました。まずは京都のご紹介です。
魔女メグさんから「京都三婆スケッチ物語」という題名で画像が送られてきました。

三婆というのはゴールデンウィークに大原のスケッチ会に参加した魔女メグさんとfokoさん、そして現地でお知り合いになった宋(ソン)さんだそうです。

大原で御一緒したのよ。他はほぼ若い女の子でしたからね、婆3人組がスクラム組んだ訳です。
今日は、アンテチュフランセ で、ル マルシェで月1の 市だったの。

正確にはアンスティチュ・フランセ関西―京都 ガーデンのようです。アンスティチュ・フランセ関西は、
フランス語教育と日仏文化交流に努めるフランス政府公式文化機関なんだそうです。
月に一度市があるんですね。京都大学正門のすぐ近くです。

 

皆さん、何も食べずにひたすら描いていらっしゃったそうです。

ランチは、すぐそばのベジタリアンのお店
おばさんが1人でやってて、「今日は手伝いが居ないので、覚悟して来ました。」と、呟き、「時間が掛かり
ます、いいですか?」
お二階では子ども4人とお母さんでバタバタの賑わい、1番人気で、かつ時間が1番掛かる、野菜ラーメンを
作っていたわ。
で、1時間待って和定食、の我らです。
おばさんがは謝りっぱなしよ、上は喧しいし、丁寧に作るし、待ちくたびれた外人客が帰るし。

待ちくたびれた外人客が帰るって相当ですね。海外だと結構待たされるのに...

この後歩く歩くで、白沙村荘へ行って、スケッチ。

白沙村荘はホームページによると、「日本画家橋本関雪が半生をかけて大地に描き出した文人の理想郷」なん
だそうです。3つの画室、茶室や国の名勝に指定されている池泉回遊式庭園など、とても素敵な場所のよう
です。

fukoさんいわく、いつもは歩いて終わるのに、よく描いた1日だったそうです。メデタシメデタシ。
白沙村荘へ向かう道も面白かった。

誰も住んでない長屋。面白い看板

 

残念ながら白沙村荘の画像はありませんでした。皆さんの作品です。皆さんよく描きました。


【5月27日 東京】

東京で初めてのスケッチ会は、東京展に参加して下さったyoshikoさんとふたりだけのスケッチ会です。
薔薇の季節なので北区の旧古河庭園に行ってスケッチしましょうということになりました...が、
薔薇の季節は見学者が多いのでスケッチ禁止でした。
致し方なく写真を撮って別の場所で描く事にしました。

旧古河庭園は古河家の土地に明治から大正にかけて鹿鳴館やニコライ堂などを手掛けた英国人建築家
ジョサイア・コンドルが洋館と洋風庭園を設計し、日本庭園を京都の庭師、小川治兵衛が造り上げた和洋の庭園が楽しめる国の名勝です。

石造りの洋館は見学も出来ますが予約制です。

例年なら今が一番美しい時期ですが、今年は薔薇も終わりかけていました。

 

 

それでも十分楽しませていただきました。

薔薇のシューアイス(180円)まで販売されていました。(ちなみにヒロタのシューアイスでした)

日本庭園は紅葉の時期が良さそうです。

ドクダミの花も可憐で可愛いですよね。


お天気が良くかなり暑かったので、地元に戻ってカフェのんさんで描かせていただくことにしました。
のんさんは「KEN&RYU 二人展」を開催したカフェです。


さぁ描きましょうとなった時に、スケッチブックが無い...(スケッチ会にスケッチブックを忘れるってどういう事?)、仕方なく持ち歩いていた小さなスケッチブックに描く事にしました(汗)。


yoshikoさんの薔薇と筆者の薔薇(ちっちゃ!)です。もっと描かなきゃだめですね。

というわけで初のスケッチ会終了です。

この日、川崎でもスケッチ会が開催されました。ごろぉさんのブログでご紹介されているので、こちら
ご覧下さいね。各地でのスケッチ会はどんどん広がります。