魔女 御堂筋を歩く


6月30日まで開催されていた水嶋さん参加の「2015 御堂筋そぞろ歩きアート展」
遂に魔女メグさんが御堂筋に現れました。
魔女メグさん、この日はガイドを兼ね、瞬間移動を利用せず2万歩歩いて全作品を鑑賞しました。
魔女メグさんからのワンポイントアドバイスがありますので、まだ訪れていない方、是非参考になさって
下さい。

魔女のワンポイントアドバイスその①
北から攻めろ!

御堂筋そぞろ歩きアート展は70名の作家さんが参加しています。全部見るにはほぼ1日がかりです。
ここで注意しなければならないのは銀行関係は3時に閉まってしまうということ。
ということで銀行が集中しているJR大阪駅周辺、御堂筋の北から見て行くのが賢い見方なんだそうです。
...が、最初の目的地1.「三井住友銀行梅田支店」が見つからない。駅の周りをぐるぐる回ってから
しばし考えます。「ここは駅前、ひょっとしてビルの中にあるんじゃない?」...当たりでした。
楽しいショーウィンドーを見ながらビルの中に入って行きます。

ありました。2名の作品です。 右の作品の中に書き込まれた「TABIBITONO-HI」という言葉を発見!

もう1件銀行を見てから「雨の御堂筋」を歌いながらノリノリで歩く魔女メグさん。
朝降っていた雨も上がって風が心地よく、この時点では魔女メグさんとっても元気でした。

続いて行ったのは3.「露天神社(お初天神)」。
ここは2月に「おに展」を開催し今回も実行委員をやられているギャラリーRYOさんの近くの神社です。
ここで偶然今回の展覧会の関係者の方にお会いしました。
外部に展示してある作品はいたずらされることもあるので、自転車で巡回パトロールしているそうです。
記念にパチリ。いい笑顔でしょう。この方が作品を守ってくれてます。

魔女のワンポイントアドバイスその②
会場案内MAPを出来るだけ早く手に入れるべし!

25の会場を迷わず見て歩くにはこのMAPが必須です。どこの会場にも置いてある訳ではありませんので、
なるべく早く手に入れましょう。実行委員会が発行しているこのMAPですが、かなりの優れものです。
これさえあれば怖いものなし。何処に誰の作品があって何時までやっているか等一目で分かります。


MAPを手に入れたら、続いて行きましょう。5.「大和証券大阪支店」。
ここには外のショーウィンドーから見る作品4点と内部に2点の計6名の作家さんの作品がありました。
内部の作品2点をご紹介。
     右の作品、木に金を塗装しているようでしたが、色合いがとても上品で素敵な作品でした。

また、御堂筋は「彫刻ストリート」とも呼ばれています。世界的にも有名な作家さんの彫刻が何気なく
設置されていてびっくりでした。
左からエミリオ・グレコ、ジョルジオ・デ・キリコ、日高正法作。

11件見終って、そろそろお昼が近づいてきました。大阪ガスビルに向かいましょう。
まず大阪ガスビルの内部に入っている12-2.「りそな銀行御堂筋支店」を覗いてみましょう。
ここは外からしか見れなかったのですが、ガラスが曇っていて写真が上手く撮れません。
魔女メグさんの魔法でショーウィンドーの中に潜入。
な~んてりそな銀行御堂筋支店さんにお願いして内部に入れていただきました。
左が「ART AT THE TEMPLE」の実行委員のお1人貴志勉さんの作品です。

正面から撮ることが出来なかったので作者の意図は伝わらないかもしれませんが、雰囲気だけご紹介。
あとはご自分の目で見て確かめて下さいね。りそな銀行御堂筋支店さんご協力ありがとうございました。

そしてお待たせしました。14.「大阪ガスビル」水嶋さんの作品です。入り口入ってすぐ右側です。


角度を変えてパチリ。一番右の写真、自動ドアの内側から撮ったのですが、ひっきりなしに人が出入り
するのでこの姿を撮るのにすご~く苦労しました。魔法で時間を止めてほしかった。

ちょうどお昼になりました。
お昼を安くあげたい方には大阪ガスビル1Fの「フーフー(feu feu)」は如何でしょう?おむすびやパンも
売っているカフェです。金銭的に余裕のある方は8階の「ガスビル食堂」へ。
創業昭和8年の大阪の欧風レストランの草分けのひとつとか。ビーフカレーがお勧めだそうです。
お豆が大好きな魔女メグさんはお豆づくしのカフェ「Nuts DOM(ナッツダム)」へ。1Fにはありとあらゆる
お豆が販売されていて2Fがカフェになっています。黒豆コーヒーも美味しかったですよ。

お腹が落ち着いたら15.「御霊神社」へ。ラッキーなことに「茅の輪くぐり」が出来ました。
この輪をくぐり抜ける事によって罪やけがれを取り除き、心身が清らかになるそうです。
ん?魔女メグさん頭が良くなるって言っていたような...智の輪ではないようでした。

神社の次はお寺をご紹介。18.「本願寺津村別院(北御堂)」です。

魔女のワンポイントアドバイスその③
使える所はエレベーターを使おう。

歩き疲れた魔女メグさんはエレベーターを探します。
でもエレベーターが必要な場所はほとんどありません。「本願寺津村別院(北御堂)」で間違って3階まで
階段を登ってしまったので、それ以降エレベーターを探していたんです。目を引いた作品はこれ。
確か「ふつう」という題だったと思うのですが(間違っていたらごめんなさい)、彷徨う旅人を表して
いて、ご自身の大変だった就職活動期の思いがこもっているそうです。

次は、21.「本町ガーデンシティ」です。魔女メグさんがほしいと言った作品がこちら。
写真で撮ると楽しさがうまく伝わってきませんが、角度を変えて見てみると音楽が聞こえてきそうな
楽しい作品でした。値段がついていて、ちなみに右の3体合わせて180万位でした。

ここでまた御堂筋の彫刻をご紹介。
左からフェルナンド・ボテロ、オーギュスト・ロダン、高村光太郎作です。
ちなみにボテロは魔女メグさんのお気に入りです。

最後にこのイベントでご尽力された木下順さんの作品を...22.「真宗大谷派難波別院(南御堂)」から。
左の作品が木下さんの作品。右の作品は私が心惹かれた作品。松の木の下のまったりした姿に惹かれました
(なんか美味しそうだし)。

まだまだ作品はいっぱいあります。つづきはこちらで。
会場にいらっしゃる時は、魔女のワンポイントアドバイスを忘れずにね。