2015 御堂筋そぞろ歩きアート展


開催中の「2015 御堂筋そぞろ歩きアート展」で水嶋さんが出展している作品です。

「踊る人のトルソ」

私が彫刻制作で一番大事にすることは派手なことでも華やかなことでも上質なことでもありません。
ただ太古の昔から命を繋いでいくための営みに生起する様々な感情です。
そんな愛とも哀しみとも怒りとも感謝ともつかない感情が何とか形を成さないものかと苦闘している
のです。

具体的な技術の事を述べますとこの作品は私にとってFRP造形の職人技から初めて自由になって
鋳形の仕事に素材の持つ表現力緊張感を呼び込む事に道を開いた作品です。
そのためFRP造形の事をよくわかっている人ほど素人紛いのひどい失敗作と思われるかも
知れませんね(笑)


※ トルソとはイタリア語で「胴体」。頭部や手足を欠いた彫刻のことを言います。
※ FRP(Fiber Reinforced Plastics)とは強化プラスチックの略です。
 軽いけれど脆いプラスチックに、ガラスなどの繊維を混ぜ、弾性を増し、軽さはそのままで強度を
 加えた素材だそうです。

さて、皆さんは作品を見てどう感じられるでしょうか?是非実物を見ていただきたいです。

「2015 御堂筋そぞろ歩きアート展」は6月30日までです。

 

下記は、前回の記事です。

「2015 御堂筋そぞろ歩きアート展」、ほとんどの企業は土・日が休み
外から見る事は可能ですが、じっくり見るには平日がお勧め。神社は土・日でもOKですよ。

水嶋さんの作品は、「大阪ガスビル」平日9:00~18:00 アール・デコ様式の登録有形文化財の建物です。
「ART AT THE TEMPLE」の実行委員のお1人貴志勉さんの作品は、「りそな銀行御堂筋支店 」
(大阪ガスビルの中)平日9:00~17:00、今回の展覧会で尽力された木下順さんの作品は、
真宗大谷派難波別院(南御堂)平日6:00~21:00、土・日6:00~17:00でご覧いただくことが
出来ます。是非ご覧下さい。
その他にも総勢70名の作家さんの作品を楽しむ事が出来ますよ。


「大阪ガスビル」へは、地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅か本町駅、地下鉄四つ橋線、中央線の本町駅、京阪電鉄
の淀屋橋駅が近いようです。

この展覧会は1ヶ月もの長い期間開催されています。
色々なジャンルのアートを楽しみに御堂筋に行って見ませんか?