モエレ沼公園


札幌に「モエレ沼公園」というとっても素敵な公園があります。
基本設計はかの有名な彫刻家イサム・ノグチです。今回は筆者が大好きな公園をご紹介致します。

モエレ沼公園は不燃ごみの埋め立て地として利用された場所に作られました。
ゴミの舞い散る大地に立ち、ノグチは「人間が傷つけた土地をアートで再生する。それは僕の仕事です。」
と言い、モエレ沼公園の計画に参加することを希望したそうです。(詳しくはモエレ沼公園のHPをご覧
下さい。)

郊外に位置しているので車で行くのがベストですが、地下鉄やバスでも行くことが出来ます。
この橋を渡るとモエレ沼公園です。

中はとても広いのでレンタサイクルも利用可能です。
公園に入ってすぐに目に付くのがガラスのピラミッドです。内部はこんな感じ。この日はたまたま
ウェディングドレスの撮影をしていました。

上から見ると公園の施設っぽい建物や遊具は見当たりません。全て森の中に隠れているんです。

またピラミッド内部にはイサム・ノグチギャラリーがあり、ノグチ関連の書籍の閲覧や映像を鑑賞する
ことが出来ます。


左下の画像で遠くに見えるのはミュージックシェルとテトラマウンドという三角錐の造形作品です。
ミュージックシェルはコンサートや踊りなどの舞台となるそうです。

こちらはモエレ山、標高62mで3方向5ルートで山頂に登る事が出来ます。冬にはそり遊びも出来るそう
ですよ。

モエレビーチと呼ばれるイサム・ノグチの平面造形による浅い池もありました。海辺をイメージし、
サンゴで舗装されています。池の中、3か所から水が出ていて夏場は子供達に人気の場所とか。更にカラマ
ツの林の中心に海の噴水と呼ばれる場所があります。1日4回、25mまで噴きあがる噴水なんですが、
残念ながら見逃しました。

そして、何と言っても観ていただきたいのが「サクラの森」の中にある7か所の遊具エリアです。全てイサム・ノグチのデザインです。7か所の遊具エリアはそれぞれ見えないようになっています。公園のパンフ
レットによると、子供たちはひとしきり遊ぶと飽きる。しかし、森の中に違う遊具が見えて、またそれに
向かって走り出す。そんな光景をイサム・ノグチは思い描いていたようです。

とてもお洒落な遊具が並んでいました。周りにそんなに高い木はないのに上から見えなかったのが不思議
です。

遊具のひとつひとつがアートしていて見て回るのがとても楽しかったです。子供でなくても充分に楽しめる
公園です。施設内にはレストランもあります(要予約)。開園時間は朝7時から夜の10時まで。噴水の夜間
ライトアップもあります。年中無休。入園料、駐車場共に無料です。

札幌に行く機会があったら是非お出掛け下さい。本当にお勧めの公園です。