スケッチブック展 in YOKOHAMA


「スケッチブック展 in YOKOHAMA」は8月13日に終了しました。
会場まで足を運んで下さった沢山の方々、ありがとうございました。
川崎の楽描き会のメンバーの皆さん、参加して下さった皆さんもありがとうございました。
ごろぉさんからブラフ18番館ギャラリーの館長さんからのお言葉が送られてきましたので、皆さんにも
ご紹介致しますね。

「この展覧会は素敵な試み。日本も普通の人が芸術(Art)をたのしむ時代にやっとなりましたね。
このギャラリーで開催して頂いたこと、感謝しています。」

何よりのお言葉ですね。本当に「普通の人がARTを楽しむ時代」になりましたね。参加出来た事、筆者も
嬉しく思います。

横浜展での皆さんの作品はこちらをご覧下さい。

【自己紹介】

今回のスケッチブック展、ごろぉさんの依頼で皆さんA4サイズの自己紹介文を作成しています。
搬入日に持ち込んだ方もいて、皆さんの自己紹介文を見ていないのですが、お1人だけ自己紹介文を
ごろぉさんに渡すよう託されたので画像が残っていました。さぁ誰だかすぐお分かりですね。


他の皆さんの自己紹介文は是非、現地でご覧下さ~い。

 

【8月8日】

今日は、午前中yukioさんがお当番でした。
平日で台風も来ていたため、お客様はちょっと少なめだったようです。
こういう日こそスケッチブックを観るには最高の日なんですけどねぇ。


そして、残念なお知らせが1つ。窓側に展示していたyukioさんのガラスエッチングの作品が落下して
破損してしまったそうです。とても素敵な作品だっただけに残念です。急遽別の作品を展示しているそう
ですが、せっかくなので今は観る事が出来ない作品をこの場でご紹介しますね。
写真に撮るとちょっと分かりずらいのですが、外の緑ととてもよく合っていて作品だと思わなかった方も
いらっしゃったんですよ。是非、肉眼で観ていただきたかったガラスエッチングです。

 

【搬入・初日】

「スケッチブック展 in YOKOHAMA」初日の横浜は曇りの天気予報が大きく外れて一日中晴れ、しかも
カンカン照りでした。会場のブラフ18番館は京浜東北線の石川町駅から徒歩8分。筆者はちょっと遠く
なりますが、東急東横線の元町・中華街駅から歩きました。約20分かかりますが、途中山手の異人館街を
通るので異国情緒あふれる街並みを楽しみながら歩けます。正直ちょっと暑かったですが...
ということで皆さんにも異国情緒あるれる街並みをご紹介致します。

ねっちょっと海外に行ったみたいでしょ。

そして、ブラフ18番館に到着です。百日紅が咲いていてとっても素敵でした。


朝、9時半搬入です。茨城から路線バスで2時間半かけていらした方もいらっしゃいました。
自己紹介後、ごろぉさんとひげふじさんを中心にミーティングです。

ひげふじさんの指示の元会場作りです。

作品を手直しする風雨子さん。取り敢えず作品を全てテーブルの上に...

壁にピクチャーレールを使用してぶら下げる作品をまとめて床に...

写真を展示するポンタロウさんとJUNさん。全く見えない...と頭を抱えるyukioさんと吉田さん。

それでもなんとか形になりました。

今回も金太郎さんの木彫りがありますよ。伊藤さんの作品も可愛いです。

yukioさんのガラスエッチングも素敵です。      そして、今日のお客様です。

右下の画像で宇宙旅行と書いたのは風雨子さんのお孫さん(小学5年生)。


筆者はホームページの更新などあるので2時半位までしかいられませんでしたが、観て下さった方達は
どなたも楽しんで下さったように感じました。最後に外側からの景色も...

会場は明るく周りを緑に囲まれたとても素敵な場所です。是非、お出掛け下さいませ。