松本泰典 大壁画プロジェクト 舳希芽~へきが~


2017年7月13日、松本泰典さんの大壁画プロジェクトの2作目の作品「玄武」が完成しました。
この大壁画プロジェクトには松本さんの色々な思いがこもっています。松本さんが壁画に挑戦することに
なったきっかけから「玄武」完成に至った過程を追ってみたいと思います。

『朱雀』誕生

松本さんの壁画の1作目は「朱雀」です。何故壁画を描こうと思ったか、それはSNSで募集していた
「殺風景なので、このビルの壁にだれか絵を描いてくれませんか?」という長岡市の小林不動産の記事
でした。松本さんはすぐに飛びついたそうです。
そしてとんとん拍子に話が進み松本さんの大壁画プロジェクトが始まったのです。

何故最初の作品が「朱雀」になったのか?
長岡は2004年10月に起きた中越大震災で大きな被害を受けました。
そして地震からの復興と寄せられた支援に対する感謝のシンボルとしてフェニックスを掲げ、
有名な長岡の花火では、「新潟県中越大震災復興祈願花火フェニックス」を打ち上げてきたそうです。
そのフェニックスを題材とすることに決め、色々調べているうちに中国の天の四方の方角を司る四神
(霊獣)の中に「南の朱雀」があることに思い当たりました。そうです朱雀=フェニックスだったんです。

本当に殺風景な(失礼)ビルでしたね。大きなビルなので足場が組まれます。

そして描き始めました。画材はペンキです。慣れないペンキに色々苦労もあったようです。

真っ赤なフェニックスがビルを横切って飛んでいます。黒い影も出来て足場を解体します。

「朱雀」の完成です。
長岡の街中、国道352号線沿いのとても目立つ所に立つビルです。
ちなみに住所は長岡市旭町2丁目3-16、残念ながらGoogle マップに壁画は写っていませんでした。
下の画像をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。


新潟日報でも取り上げられました。↓画像をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。


こうして始まった大壁画プロジェクトは次の段階に移ります。

『玄武』誕生まで

さて、今回完成したのが2作目の「玄武」です。玄武は北の神です。
玄武は長岡市中之島にある中之島美術館のシャッターに描かれています。
この中之島美術館は個人の美術館で、オーナーの岩本さんがとても面白いユニークな美術館です。
閉まっていることが多いので松本さんにとっては願ったりかなったりです。
松本さんのFBによると
2004年7月13日に発生した豪雨で刈谷田川が決壊して、中之島、今町に大きな被害を及ぼしました。
中之島美術館に玄武を描くことが決まってから、この水害が二度と起こらないよう、祈りを込めて描いて
きました。
ということでこちらの作品も災害に対する松本さんの思いが込められています。

中之島美術館の外観はこんな感じ。今回は脚立でいけますね。

玄武の制作が始まったと聞いて昨年10月のとある夜、こっそりと作品を観に行きました。
車のヘッドライトで照らしてみましたがまだまだ下絵の段階でした。

昨年の11月に訪ねた時にはもうだいぶ進んでいました(右下)。そして長岡は雪の季節に入りました。

玄武も新聞に取り上げられました。松本さんは長岡ではちょっとした有名人となりつつあります。
こちらの画像もクリックすると大きな画像をご覧いただけます。


今年に入ってから松本さんはグループ展への作品制作などで忙しく、なかなか壁画に手を付けられません
でしたが、もうすぐ完成。仕上げに入りました。新聞の画像と比べると亀に迫力が出ていますね。


そして、中之島に水害があった7月13日に「玄武」は完成しました。


下の画像をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。


「朱雀」「玄武」どちらも素晴らしい作品です。今後残された「白虎」と「青龍」が楽しみです。
こんな大きな志を持った人が「スケッチブック展 楽描きの会」の会員さんなんて、なんだかとっても
嬉しいです。今後の松本さんの活躍に益々期待が大きくなります。スケッチブック展ホームページでは
これからも松本さんを追いかけて取材していきます。

最後に、今回の記事は松本さんのFBや新聞の記事を参考にさせていただきました。