第12回 戦争と平和展


終戦記念日を前後して行われた「第12回 戦争と平和展」終了しました。
新聞でも多く取り上げられました。


松本泰典さんと那須高明先生の記事です。画像をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。


期間中に松本さんは戦争と平和展についてのお話をされました。
下の画像は出品作家で元東京造形大学学長、長岡造形大学理事長でもあった豊口協さんです。
多くの方々が集まっていらっしゃいました。


お2人の作品です。那須髙明先生の「展望」です。この子供達の為にも戦争は避けなければなりません。


松本さんの作品は信濃川(左)と真珠湾(右)の地図のプリントです。


以下は松本さんの作品についてのコメントです。

信濃川の東側は長岡市の市街地で8割が焼失し、1486人が亡くなりました。
柿川、太田川、栖吉川等市街地を流れ信濃川に合流する川も信濃川としてひとまとめにしました。
真珠湾攻撃でアメリカ軍関係者2345人その内、戦艦アリゾナで1102人、民間人57人が亡くなられたそう
です。当初青い川と湾の地図に死者の点を赤く打つ計画で作ったのですが、数や分布が目的ではなかった
のと、出来上がった青い形が美しく、自分の普段の制作の植物の根や幹枝にも見えた為、手を加えず展示
しました。

筆者がこの画像を見た時、真珠湾とくれば一般的に広島となるところなのに、あえて信濃川にしたのは
松本さんの郷土愛と広島、長崎以外にも戦争で犠牲になった土地があるということを表現したかったのか
と思いました。その質問に対する松本さんの答えは、

長岡市は、真珠湾攻撃をした海軍の連合艦隊司令長官の山本五十六の出身地で加害者としての戦争と空襲の
被害者としての戦争をならべました。
実は長岡市とホノルル市は戦争を乗り越え平成24年に姉妹都市の提携を結んだんです。
そんな意味合いも込めて出品しました。

ということでした。学校で習っていたかもしれませんが、筆者の頭の中からは抜けていた情報でした。
終戦記念日を「そういえば今日、終戦記念日だね」の一言で済ませてしまった自分が恥ずかしいです。
このところ世界的にちょっと危ない雰囲気になってきていますが、このHPが、そして松本さんの作品が
ひとりでも多くの方々に戦争について考えていただく機会になれば幸いです。

 

以下は、前回の記事です。

長岡市美術センターで開催される「戦争と平和展」は今年12回目を迎えます。
今年もギャラリー沙蔵が企画しています。ということは松本泰典さんが中心になっているんです。

この展示は出品作家がそれぞれの考え方で表現した視点主張の違う作品が並んでいます。
意見の違い考え方の違いをのり越え解決策を導き出す能力こそ先頭を回避し戦争に巻き込まれない事に
繋がるかもしれません。意見の相違を人事ではなく自分のこととして考える機会として、当展示を
ご高覧いただけますようお願い致します。(戦争と平和展チラシより抜粋)

松本さんと那須高明先生(魔女メグさん、わっかさん、松本さんの高校の先生)が参加されます。
終戦記念日に前後して開催される展覧会は深い意味を持つ展覧会です。
長岡市美術センターは長岡市立図書館の2階にあります。お近くの方是非お出掛け下さいませ。