第32回 東京都障害者総合美術展


昨年の秋に「Ken and Ryu 二人展」を開催し、スケッチブック展にも参加して下さったKen君とRyu君が
揃って入選されました。スケッチブック展に関わる方達が入選されるのって何だかとっても嬉しいです。
7月31日(月)まで東京の西武池袋本店 7階の催事場 特設会場で開催されました。

お2人の作品です。Ken君の「木香バラ」、Ryu君の「笑」です。どちらもいいでしょう。

会場はこんな感じ。200点もの作品が展示されていたので、本当に見応えたっぷりでした。

お2人の作品以外に筆者の目に留まった作品をちょっとだけご紹介しますね。

この作品↓釘で出来ているんですよ。手の温かいイメージとは対照的なクギを使い「輝くいのち」を表現
したそうです。右の作品は数字のゼロを表しています。

動物↓だと思いますがなんでしょう。目を引かれる作品でした。像の親子も可愛いですね。

色も形もお洒落な作品↓です。      この「するめいか」↓なんだかとっても好きです。

色合いがとても素敵↓でした。       写真の展示↓もありました。モノクロの世界もいいですね。

虫かな?するめいかの作品と同様好きな作品です。


作品の完成度の高さに「わぁ~!」となったりほのぼのとした世界にほっこりしたり、「頑張れ~!」と
応援したくなったり、生きているって素晴らしい事だなと思える作品の数々でした。

 

以下は前回の記事です。

お2人共、今年4月にFINDで開催された「モッコウバラミュージアム」に出展された作品です。
Ken君の作品は「木香バラ」。とっても品のいい素敵な作品です。

Ryu君の「笑」は本当に楽しい作品で、観る人達を絵顔にしてくれます。

夜9時までやっているので仕事帰りでも余裕で行けちゃいます。お近くの方、是非お出掛け下さいませ。