皆さんのスケッチブック


【スケッチブック展 楽描きの会 会員及びサポートスタッフ】

皆さんのスケッチブックをご紹介するのも今回が最終回になります。
ごろぉさん(神奈川県川崎市)の作品からご紹介しましょう。ごろぉさんの最近の作品は電車の中から街の
中の作品に変わって来ました。後ろ姿に生活感っていうのか言葉ではうまく説明出来ませんが『生』を
感じます。

建物の描き方も魅力的ですね。

べべぽぽさん(愛知県安城市)の作品は夏っぽい絵を集めてみました。谷の間を走る電車、いいですよね。

松本さん(新潟県長岡市)の作品は演出家の作品のようです。羽を広げた鳥の位置が絶妙です。

鏡に映った少女や電車の中で女性だけを浮かび上がらせる演出、にくいですね。

魔女メグさん(大阪府)の新作は大きくなった星ちゃんシリーズです。
絵日記のようで大人になった星ちゃんが見たら嬉しいでしょうね。

何気なく色を置いていっているだけのようなのに島と海に見えるのは何故でしょう。魔法ですね。

「スケッチブック展 楽描きの会」金庫番のわっかさん(新潟県長岡市)もお孫さんの絵です。100日ですって
元気に育っていますね。

夏の作品もありました。リアルなきゅうりです。

広報担当の筆者you-me★(東京都板橋区)のスケッチブックは以前から何度か出展しているハワイと
ビクトリアの蛇腹スケッチブックです。
今までにお出ししたことのないページ、早朝のワイキキとバンクーバー空港での乗り継ぎです。

左下はビクトリアでスケッチブック展をした場所。右下はソルトスプリング島でスケッチブック展をした場所です。

以上で、今回のスケッチブック展での作品紹介は終了します。
そしていよいよ今週末からは「スケッチブック展 in YOKOHAMA」が開催されます。
川崎の「スケッチ楽描き会」のメンバーが中心となって開催されるスケッチブック展は大いに盛り上がる
事と思います。お楽しみに...

 

【大阪府、兵庫県、福岡県にお住いの方達】

神戸を中心とした関西の方達は「KOBEみらくる部活」を含め、意欲的に描いていらっしゃる方が多いの
ですが、それぞれ個性的で楽しい作品がいっぱいです。

まずは、「KOBEみらくる部活」や「神戸ぶらりスケッチ会」のレポートでおなじみのわたなべ・えいいちさん
(大阪府高槻市)の作品です。
えいいちさんの細かい線と鮮やかな彩色は人気でした。

fukoさん(兵庫県芦屋市)もスケッチブック展ではすっかりおなじみになっています。
毎回色々楽しい作品を出展していただいています。
スイカの浴衣のデザインもfokoさんです。今回はお孫さん(ちかちゃん)の蛇腹スケッチブックと色の付いた
用紙にクレパス(かな?)で描いた神戸です。あら?魔女メグさんですね。

やっちゃん(兵庫県たつの市)は神戸に引き続き2回目の参加です。
神戸みらくる部活にも参加されて描く意欲満々です。

和の夏↓を見つけました。             楽しい絵も描いていらっしゃいましたよ。

優季ちゃん(兵庫県三田市)は昨年カナダのビクトリアで魔女メグさん、筆者とスケッチ会をした時から
描き始めました。何気に食べ物の絵が多いです。そういえば浴衣のデザインにもお寿司を描いていたっけ。

トーストの絵は画像で送られてきた時、写真かと思いました。

田尾大知助(datian)さんは昨年夏に「スケッチブック展 楽描きの会」を退会されましたが、今回嬉しいこと
に参加して下さいました。やっぱりスケッチブック展にはdatianさんの作品が無いとね。
モデルになった人の内面まで感じさせられる人物スケッチは健在です。

慌ててあせってスケッチも色を付けると深みが増しますね。

以上で、公募の皆さんの作品紹介は終了です。
次回、最終回は「スケッチブック展 楽描きの会」会員さんとサポートスタッフの作品をご紹介いたします。公募展に参加して下さった皆さん本当にありがとうございました。

 

【愛知県にお住いの方達】

今回は、4月の安城展から神戸そして東京と旅してきたスケッチブックのご紹介です。
安城展では昨年に引き続きべべぽぽさんを助けて下さっているマルコさんこと小原勝さん(愛知県安城市)
の作品から。小原さんは世界各地を旅してスケッチされています。

植物図鑑のような作品もありましたよ。お手製の蛇腹スケッチブックでした。

西部のんのちゃん(愛知県春日井市)の夏休み1日1枚の似顔絵は東京展でも人気でした。

コメントが読んでいてとっても楽しいです。

柴田恭代さん(愛知県安城市)の絵手紙日記は厚さ7cm位もあります。
多くの作品の中から夏の作品を選んでご紹介しますね。

柴田さんのコメントも元気が出るコメントで、明るいお人柄が想像出来ますね。

愛知県最後は以前にもご紹介したナカムラミオさん(愛知県春日井市)の作品です。

ミオさんの優しさと静けさ溢れる作品は観る人の心の中にとても暖かいものを残してくれました。

次回は、大阪以西の方達の作品をご紹介致します。

 

【新潟県、神奈川県にお住いの方達】

今回は、新潟県と神奈川県の皆さんの作品をご紹介...と思っていたのですが、東京都の方で大切な方の
ご紹介が漏れていました。申し訳ございません。先にご紹介しますね。
鹿野伸子さん(東京都北区)の作品です。鹿野さんはFINDのすぐ近くにお住まいで、昨年のスケッチブック
展を観に来て下さいました。その時にご自身も描いていらして年に1度FINDで個展を開かれているとのお話
をお聞きしました。近くだからとおっしゃって昨年秋に個展に出される作品を持って来て下さったんです。
本当に素敵な作品だったので、是非スケッチブック展に参加して下さいとお願いしたところ、2015年と
2016年に描かれた絵のコピーのファイルをスケッチブック展当日に持って来て下さいました。
いずれも2016年の作品です。どの絵にもウサギと女性が登場するとっても素敵な作品です。
鹿野さんは今年11月22日(水)~26日(日)にFINDで個展を開催されます。

さて、続いては新潟県の方の作品です。鈴木利子さん(新潟県長岡市)の蛇腹スケッチブックは安城→神戸
そして東京展にやってきました。以前にもご紹介しているのでちょっとだけ...テレビを見ながら登場
人物を描いたという楽しい作品です。

もうひとかた新発田市のわっかさんはスケッチブック展 楽描きの会 会員さん達の作品と一緒にご紹介
しますね。

神奈川県の皆さんです。ひげふじさん(神奈川県川崎市)は皆さんご存知の通り切り絵を制作していらっしゃ
います。その基となる絵です。色がとってもカラフルで南米の血が入っているんじゃないかとおっしゃる方
がいらっしゃいましたよ。

yukioさん(神奈川県川崎市)もすっかりお馴染みですね。ご自身の真面目な性格が現れているように思い
ます。特に右下の建物の絵は人気でしたよ。安定感があって安心出来る絵ですね。

あいざわあいさん(神奈川県鎌倉市)は毎回そのスケッチブック展に合わせてスケッチブックを作成して
下さっています。今回はこんなスタイリッシュなスケッチブックです。

色の使い方が大胆な個性あふれる作品です。

本当に楽しい作品の数々でした。

次回は愛知県にお住いの方達の作品をご紹介致します。

 

【東京都、埼玉県にお住いの方達】

「スケッチブック展 in 東京 FINDⅡ」スケッチブックで参加された皆さんの作品をご紹介致します。
東京展ですから東京の方達からご紹介しますね。
まずは今回初参加の方達から...

久保田柚久理さん(東京都北区)は「心の型」と題したスケッチブックで参加です。指で文字を描いていらっ
しゃいます。

お孫さんも参加。1歳は最年少参加です。そして最後にはこんなメッセージが...命の型ですね。

昨年はアロハシャツのデザインに参加して下さったYhさん(東京都板橋区)。
今年はスケッチブックも出展して下さいました。

FINDのモッコウバラにも花言葉を添えて...優しさが溢れたスケッチブックです。

山口真理子さん(東京都墨田区)はあいざわあいさんのお友達。フリーランスのグラフィックデザイナーで
イラストレーターでもあります。最近は人物画を中心に描いていらっしゃるそうです。墨で描いた人物が
とってもお洒落、都会的でカッコイイですね。

色を付けた作品も素敵でしょ。

続いての3名はこのホームページでもすっかりお馴染みになったブロガーさん達です。
ばーばらさん(東京都杉並区)は今回鉛筆でのラフスケッチです。ささっと描いてしまったと思うのですが、
表現力がすごいです。

いつものばーばらさんとはちょっと違う「天使の楽団」と題した可愛い絵を発見しました。
天使の絵は画像をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。

あけけみさん(東京都北区)は今回6年前の作品を出展して下さいました。お子さん達が小さかったですね。

ぶれないデッサン力には言葉がありません。デザイン系の学校の卒業生達が感心していました。

山本薫さんは埼玉県さいたま市にお住まいです。東京ではありませんがFINDのある北区からは比較的近い
んです。今回も癒し系の作品を出展して下さいました。動物の絵は小さいお子さん達に大人気でした。

石とレンガの絵は筆者のお気に入り。ランプの絵もほっこりしますね。

東京展を中心になって盛り上げて下さった皆さんありがとうございました。

次回は新潟県と神奈川県の皆さんの作品をご紹介致します。