和の夏


今年の東京展のテーマは「和の夏」、実は昨年「ハワイアン」にしたらイメージが湧かないとおっしゃる方が
多くて...今年は和の夏、日本人の夏をテーマとしてみました。それぞれの和の夏をお楽しみ下さい。

まず壁面に風雨子さん(神奈川県川崎市)の夏踊りをバーっと貼り付けて、その上に公募した和の夏を
並べました。


1枚物以外で応募された方は棚の上にセットしました。


皆さんの作品紹介です。風雨子さんの作品の1部をアップで...

わたなべ・えいいちさん(大阪府高槻市)は有馬温泉の夏踊りです。


yukioさん(神奈川県川崎市)は阿波踊りです。「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿保なら踊らにゃ損損」

いつも山の絵を描いていらっしゃるさとーよーこさん(神奈川県川崎市)はご自身が描いた夏の絵を集めて
下さいました。どの絵も和の夏ですねぇ。

やっちゃん(兵庫県たつの市)の夏は昭和の夏をぎゅっと凝縮した夏です。金魚鉢に風鈴に朝顔、花火まで。
懐かしいですね。

猫林陽さん(新潟県長岡市)の和の夏はとっても楽しいんです。まずは長岡の花火。
そして「和たしの夏」です。是非、画像をクリックして大きな画像でお楽しみ下さい。

fukoさん(兵庫県芦屋市)の和の夏はかき氷です。美味しそう~!

 

続いてはあべちえみさん(埼玉県越谷市)。パステルを粉にして指で描いたそうです。素敵ですね。


ばーばらさん(東京都杉並区)は夏の坊やたちと六甲からの風(新作)だそうです。ばーばらさんの風景は
珍しいですよ。

 

柴田恭代さん(愛知県安城市)は裏表に夏を描かれています。日替わりにしてみました。

最後は、魔女メグさんの団扇です。東京展の為にお願いして作っていただきました。


和の夏、如何でしたか?皆さんも是非ご自身の「和の夏」を描いてみて下さい。楽しいですよ。

参加して下さった皆さん、ありがとうございました。