特別ゲストの作品


【特別ゲスト】

東京展での特別ゲストは2名です。1名は先日、ご紹介した吉野 緑さん
お気に入りの絵を皆さんにお持ち帰り可能として下さった吉野さんの作品を少しご紹介しますね。
お持ち帰りしていった方々、皆さんそれぞれ好みが違っていて見ていて「へ~」「こう来たか」と見ていて
楽しかったです。

人物あり、風景あり、花に果物etc.本当に素敵な作品の数々でした。

2人目の特別ゲストは京都の水嶋康宣さん。「和の夏」風鈴にての参加です。

この作品は昨年の8月に香川県で開催された「風の姿展」に出展された作品です。
エアコンの下にぶら下げたのですが、風がちょうどいい具合にあたって時々涼やかな音色を聞かせてくれ
ました。

「風鈴というよりも教会の鐘の音のようだ」とおっしゃった方がいらっしゃいました。そう言われると
本当にそんな風に聞こえてきて心に響いてくるいい音色でした。

 

 

以下は前回までの記事です。

【吉野 緑さん】

UAE(アラブ首長国連保)からの特別ゲスト吉野 緑さんをご紹介します。
吉野さんは今回ご自分が描いた絵をカードにして砂漠の魔女HALさんに託して下さいました。
ご本人からのコメントです。

白い紙が、水彩絵の具にすーーーっと、染まっていく様子は、言葉にしがたい感動がある。
計画したとおりにできないときもあるし、想像以上の意外な結果を見せてくれるときもある。
毎日、毎日描いているけれど毎日違う発見があって、飽きることはない。

アラブ首長国連邦にきて、17年。水彩をはじめた10年前には、人に教えるようなことになるとは
想像もつきませんでした。

日本人が感じる、アラブ首長国連邦を描き続けていけたらと思いますし、この国の人たちに、
水彩の楽しさをもっともっと、広めていけたらとも思っています。

midoriy.blogspot.aeにて、イギリスにおります娘へ、私が、元気でいることを見せる手段として、
毎日、1枚絵をポストしています。これが、私の、ホームページとなっております。

今回、わたしの作品展示の機会をいただけましたことに、心から、感謝いたしております。


画像はほんの一部ですが、どれをとっても本当に素敵なカードなんです。
しかも今回気に入った絵があったらプレゼントしますとおっしゃって下さっています。
ということで、観に来て下さった方、お気に入りの絵があったらお持ち帰り可能です。
15日、16日分をご用意致しますが、数に限りがありますので、気になった方はお早めにご来場下さいね。

 

【ナカムラミオさん】

今回は、第一回の安城展から参加して下さっている春日井市の画家「ナカムラ ミオ」さんの作品をご紹介
致します。ミオさんの作品は詩と絵で成り立っていて全体をご紹介しないとその良さを十分に味わっていた
だく事が出来ないと思うのですが、残念ながら今までは断片的なご紹介しか出来ませんでした。
東京展に参加してくださることになったので、この機会にお送りいただいた中から1作品を通しでご紹介さ
せていただきます。ナカムラミオさんの「Silent Voice」です。(透明のシートに挟まれているので、光が
反射したり色が綺麗に出なかったりしていますが、シートを剝がすのが恐かったのでお許し下さい。)

 


生命の循環が静かに、静かに語られています。ミオさんの作品を観ていると不思議と気持ちが穏やかになり
ます。手に取って観ていただきたい1冊です。ミオさんの作品は他にもあります。是非原画を観にいらして
下さい。