いつもの天神って?


datianさんのブログでお馴染みの「スケッチはいつもの天神からです」というフレーズ。
いつもの天神って何?って思われたことはありませんか?
福岡にお住まいの方以外の方には福岡、博多、天神の関係ってよく分からないのでは?
そんなあなたも今回の特集を読んでいただければすっきりすること間違いなし!

今回の特集は博多の人物スケッチ会メンバーで俳句もやっていらっしゃる「さつきさん」が取材して
下さいました。datianさんがスケッチしている天神ってどんな所なのでしょう。
datianさん作成の地図を見ながらお楽しみ下さい。

 

 皆さん、こんにちは。博多人物スケッチ会のさつきです。
今回は「スケッチブック展 楽描の会」のメンバーであるdatianさんがいつもスケッチしている
福岡市天神をご紹介します。
福岡市中央区にある天神は、東京や大阪ほどの大都会ではありませんが、百貨店や商業施設が集積した
九州最大の繁華街です。「天神様」といえば菅原道真公ですね。天神の地名も江戸時代に当地に移転され
た菅原道真公を祀る水鏡天満宮に由来しているそうです。天神の真ん中あたりにある「ソラリアステージ」
5階から撮った天神のビル街です。 

 

 福岡空港が天神を含む市街地に近いため「航空法」によって高層ビルが少なく、 空が広く開放感がある
のが特徴ではないでしょうか。この天神を南北に貫く大きな道路は「渡辺通り」と呼ばれ、「博多電気
軌道」の 設置に尽力した呉服商・渡辺興八郎にちなんでいます。
福岡市にはこの他に「国体道路」「昭和通り」「大博通り」などいろいろな道路 愛称がありますが、
個人の名前にちなんだのはこの「渡辺通り」だけだそうです。
 さてdatianさんのいつものスケッチポイントとして、3月21日にリニューアルオープンした
「西鉄天神高速バスターミナル」を覗いてみました。このバスターミナルからは福岡県内や九州各県、
関西や東京への高速バスが発着 しています。 この日は日曜日の午前中で乗客も少なかったですが、
土曜日や連休初日などはご った返しています。

リニューアルの一つとしてスタバが新規開店され、通路に面した座席もできました。
通路真ん中に設置されたベンチに座る人々をdatianさんがさっそくスケッチしました。

 さて次は、博多大丸のアーケードであるパサージュ広場をご案内しましょう。
地元の人には「エルガーラ通りはどこですか」と尋ねられた方がわかりやすいでしょう。
ここはミニコンサートやライブ、ダンス等々、週末は何かしらイベントが開催され、見物や休憩、
カフェのお客で賑わっています。
 この日は午後からのライブの練習中でした。通路にある椅子はどこでも座って良いようですよ。
このアーケードには毎年7月1日~15日の「博多祇園山笠」のお祭り中は、豪華絢爛な「飾り山」が
設置されます。

 

 アーケードを抜けて信号を渡ると福岡市役所が見えてきます。
この市役所の前にある「市民のひろば」も平日・休日問わず、何かしらイベント が開催されています。


 ちょっと休憩したいときは、市役所一階のロビーがお勧めです。1階の観光案内所では毎日午後2時
より、ボランティアガイドによる「天神まち歩 き無料定時ツアー」を実施しています。
1時間ほどですが、いつも行き慣れているはずの天神も歴史を知ると、見る目が 違ってくるような気が
します。福岡市に引っ越しして10年あまりになる私にも初めて知ることばかりでした。
ここでも人物スケッチに励むdatianさんです。座るのはどこでも自由ですしカフェもありますが、持ち込みの飲食場所は限定さ れていますので、近くの職員の方に尋ねてくださいね。

 

 福岡市役所の横の通りを抜けると、「天神中央公園」があります。桜は八分咲きでしたが、チューリップ
が見頃を迎えていました。ここは旧福岡県庁舎があったところですが、建物の老朽化で移転され、跡地を
中央公園として整備されたものです。広々とした芝生公園では子供たちが遊びまわり、目の前にある
「アクロス福岡」ではコンサートや絵画、伝統文化の展示会などが連日のように開催されています。
福岡県内や九州一円の美術展やコンサートのDM、観光案内のパンフレットも2階に置いてあります。

 


 天神中央公園から信号を渡ると、貴賓館が見えてきます。数少ない明治時代のフレンチルネッサンスの
木造公共建物として貴重であるため、国の需要文化財に指定されています。この建物はスケッチャーなら
一度は描いてみたいところです。datianさんも苦労して挑戦したようです。

人物スケッチも忘れていません。

 貴賓館横の那珂川沿いを北上すると、「福岡市赤煉瓦文化館」があります。この建物は、日本生命保険
会社九州支店として明治24年、東京駅などを設計した 辰野金吾氏によって設計され、国の重要文化財に
指定されています。その後、復元・整備され、現在は図書館やミニコンサート、読書会などの市民の文化
活動の場 となっています。

datianさん、この「赤煉瓦文化館」のスケッチににも悪戦苦闘したようです。

 この赤煉瓦文化館の前に流れる那珂川を挟んで、「福岡部」と「博多部」に分かれます。
福岡市の玄関であるJRの駅名は「博多」です。どうして名前が2つあるのか不思議でしょう?
「博多」という地名は奈良時代の8世紀には登場する古い歴史がある一方、「福岡」は関ヶ原の戦いの
功績で筑前国主となった黒田長政が新しく城と城下町をつくり「福岡」と改めたことによります。
「町人の町博多」と「武士の町福岡」の二極 都市が生まれたのです。明治22年、「市制及び町村制」の
公布により、市名を「福岡市」とするか「博多市」とするかで紛糾し、議会の採決では同票となったため、
議長の職権採決により市名が「福岡市」となったそうです。そのため、折衷案として同年開通することに
なった九州鉄道の駅名は「博多」になったとか。また博多の地名は「博多区」として残っています。
博多人物スケッチ会は、会場である「さざんぴあ博多」が「博多区」にあるからなんです。
「赤煉瓦文化館」のお隣にオフィス街の谷間に挟まれた「水鏡天満宮」があり、 天神様こと学問の神様・
菅原道真公を祀っています。

 

 お参りしたあと、境内にある「力石」もご覧になってください。江戸時代から明 治時代の初めまで
娯楽が少なく力仕事が多かったため、力石を用いた力石試しが全国の村や町で行われていた名残なのです。
汗にまみれて働き歴史をつくってきた無名の若者たちに想いを馳せてみるのも良いですね。

 

 最後に福岡城跡の天守台から眺めた2015年の桜をご覧いただきましょう。
桜の木の下で三線を弾きながら歌っているグループがいてしばらく私も聞き入っていました。
 「三線の調べに集ふ花の下」(さつき)お粗末でした。

 

「いつもの天神って?」楽しんでいただけたでしょうか?
とっても勉強になったでしょう?さつきさんありがとうございました。