魔女の散歩道・前篇

第一回の特集は「魔女の散歩道・前篇」です。
魔女メグさんのスケッチポイントやお気に入りの場所を取材しました。
さあ、これからあなたを魔法の世界にお連れしますよ~。

晴れた日の早朝、魔女の散歩道はこの橋から始まります。この辺りはイノシシが出るそうです。
「イノシシはローズマリーを嫌うので、家の前にローズマリーを植えておくといいのよ」
とあまり役に立たないかなぁと思われる魔法のアドバイスをいただきました。


左を見ると六甲山系、右を見ると海です。

橋を渡って海の方に下っていくと鄙びた神社がありました。


神社の脇を抜けると...ここです。
そう、皆さんもご存じの秘密の滝に出ました。


下の絵、見覚えがあるでしょう?

何故かごろぉさんも描いてます。


滝の手前側がどうなっているかというと...

きっと川の中州の石の上に腰掛けて描いたんでしょうねぇ。
滝を描いている魔女メグさん、ごろぉさんの姿が浮かんできます。

ここから急な階段を登って行くと神戸大学に出ます。
           この大学は山の斜面にあるんです。坂道が多くこんな階段がいたるところに...


そして、ここは植物の宝庫です。


黒い実や赤い実を拾ってこれだけ集まると... 


こんな物や...                   こ~んな物が出来上がります。

歩き回ってお腹がすくと...人間界には便利な物が...
「寒い日は助かるのよ~」と魔女メグさんは言いました。


お腹が落ち着いたら「百年記念館」に行ってみましょう。
建築デザインは神戸大学工学部建設学科の狩野忠正教授です。日本建築と西洋建築との融合をはかり、
宇宙に物を浮かべる「宇宙ステーション」のイメージをコンセプトにして設計したそうです。
正面のオープンスペースから見た神戸の海は圧巻です。(写真が上手く撮れてなくてごめんなさい)
「ここから見る初日の出もいいの」とはなんとも贅沢な話です。


神戸大学の敷地を抜けてしばらく歩くと、建築家安藤忠雄さん設計の「ザ・ヒルサイド神戸」
(旧OLD/NEW)を見ることが出来ます。六甲には安藤さんの設計した建物がいっぱいあります。
屋上緑化のマンション、扇状の海生病院etc.コンクリート打ちっぱなしが共通しています。


「ザ・ヒルサイド神戸」の前の信号を渡り、坂道を下って六甲川を渡ると仙人おじさんの現れる護国神社に出ますが、この先は後編でご案内しましょう。          「魔女の散歩道・後編」に続く