神戸ぶらりスケッチ会 2017年5月~


【6月11日 出張スケッチ会】

えいいちさんと魔女メグさんから画像が届きました。えいいちさんのレポートです。

今回は、神戸からの出張スケッチ会を開きました。
場所は知る人ぞ知る(実は私は知りませんでした)「大阪市立大学理学部付属植物園」です。
枚方から京阪交野線「私市(きさいち)」下車、徒歩約6分のところにあり、里山の麓に沿って森林と温室
などの研究施設が広がっています。

 

参加者は当初参加予定のIさんが欠席されたため結局魔女メグさんと私の二人となりました。

事前に口コミを調べたところ意外にも高得点で、実際園内を巡ってみると様々な巨木や珍しい樹木が次々
現れるは、平地では珍しい睡蓮の花が昼間なのに咲き誇っており、期待以上でした。

六甲に負けず劣らず素敵な所ですね。

なお、最初はすぐにスケッチせず、受付の女性が教えてくれた、2年に一度のイトランの花を探したの
ですが、見つかりませんでした。しかしぐるっと園内を回って数多くのスケッチポイントを見つけました。

休憩所で昼食を取った後散会してスケッチにとりかかりました。魔女メグさんは睡蓮の池のそばで、私は
リュウゼツランを描くことにしました。
私が描き始めて20分ほど、中年の女性がイトランの花が咲いているよと教えてくれました。
見つけられなかったイトランの花です。


こちらは魔女メグさんから送られてきた画像です。

 

左の景色が右の絵に...う~ん、マジックですねぇ。本物の景色より素敵です。

スケッチ終了後、集合地点に戻り、作品を撮影したあとイトランの花を鑑賞し帰宅の途につきました。
なお魔女メグさんの絵は、360度のパノラマで、左右の端をつなぎ、中心に頭を入れて回転して見る
スタイルになります。

 


魔女メグさん、えいいちさん、今回も素敵な作品とレポートをありがとうございました。

 

【5月14日】

魔女メグさんは13日夜からあんカフェに泊まり込みで神戸ぶらりスケッチ会に備えます。


そして、14日は神戸開港150周年記念事業としてINAKA倶楽部が主催したスケッチ会との合同スケッチ会
でした。えいいちさんはINAKA倶楽部主催のスケッチ会のアドバイザーとして参加しました。
えいいちさんからのレポートです。

朝10時「海外移住と文化の交流センター」正面で集合することになっていましたが、私と魔女メグさんは
9時半前にスタジオ306で活動開始です。
10時に皆さんが集まりINAKA倶楽部代表の梶本さんからの説明が始まりました。


総勢8人、神戸ぶらりスケッチ会からは魔女メグさんと私でした。スケッチポイントは、センターの周辺、
センター建物、そして室内です。
10時半に皆さん各所に散らばりスケッチ開始です。

魔女メグさん、すごい所で制作中です。


私は、午前中はアドバイザーとして、皆さんのスケッチポイントを回るだけにし、午後からは鯉川筋の路地
をスケッチポイントとして選び、スケッチ会終了の3時以降も制作を続けました。

魔女メグさんとえいいちさんの作品です。

 


魔女メグさんは、梶本さんたちと一緒に、神戸のジャズ喫茶「ジャヴァ」へと出かけました。

えいいちさんと魔女メグさんの作品、どちらもいいですねぇ。
えいいちさん、レポートありがとうございました。