大阪 御堂筋アート 2017


始まっています今年で3回目の「大阪 御堂筋アート」。ビジネス街御堂筋に建ち並ぶ企業の中やショーウイ
ンドー、神社、仏閣の境内に現代アートが出没する1ヶ月はとても楽しい1ヶ月です。

第1回目からから3年連続で参加している京都の彫刻家水嶋さんの作品「わたしはそよ風の行き先を見た
です。

モデルの女性とは二十数歳のころ知り合いになりました
その頃の彼女はまだ見ぬ人生への期待と希望に胸を膨らませる若者の一人でした
その後十数年ぶりに再会するともう青春時代を回想する大人の女性へと成長していました
この作品で私は走り去るように過ぎていった若き日の甘くほろ苦い思い出、青春の輝きへのオマージュを
形にしたいと思いました

今年は魔女メグさん、水嶋さんと一緒に2万歩歩きました。
その様子は、「魔女 御堂筋を歩く 2017」でご紹介しています。
3人3様の御堂筋アートでした。


御堂筋アートを回る時はまずこの冊子を手に入れて下さいね(ショーウインドー以外の場所には大体置いて
あります)。この案内無しで回るのは、かなりキツイと思いますよ。


「大阪 御堂筋アート 2017」は6月15日(木)まで開催中です。是非、お出掛け下さいませ。

 

以下は、前回の記事です。

今年もこの季節がやって来ました。
5月15日(月)~6月15日(木)に御堂筋で開催されるアートの祭典「大阪 御堂筋アート 2017」です。
京都の彫刻家水嶋さんが今年も参加です。しかも会場は去年と同じ銀泉備後町ビルです。
この会場、広くて天井が高く、展示場所としては1、2を争うのでは...いい場所をGETしましたね。

 


1ヶ月という長い期間の開催なので、お近くの方だけでなく、大阪にお仕事で行かれる方、旅行に行かれる
方も是非お立ち寄り下さい。但し、全て観るには2万歩を覚悟して下さいね。